デジタルハリウッドの評判はヤバい?社会人も学費さえ払えば通える?

masman

by ishii_

更新日:2019-06-21

公開日:2018-11-19

ノートPC

デジタルハリウッド大学の社会人スクールに関して、実際に入学をした筆者が「学費」「就職」「評判」に関して他校との比較を混ぜながら体験を踏まえて紹介していきます!

       

新入社員の3年以内の転職率が2人に1人とまで言われている今、「今の職種をガラッと変えたい」「取り敢えず社会人になったけどもやりたかった事と違う」「ルーティンワークじゃなく人を感動させる仕事がしたい!」そんなことを忙しい日々の中ぼんやりと考えている人も多いはず。

今回はそういったあなたの希望を叶えるデジタルハリウッド大学の社会人スクールに関して、実際に入学をした筆者が「学費」「就職」「評判」を他校との比較を混ぜながら紹介していきます!

デジタルハリウッド大学って?

作成

デジタルハリウッド大学とはCG、Web、アニメ、グラフィックデザイン、ITプログラミングなどの情報化学を中心としたデジタルコンテンツ専門の株式会社私立大学です。

御茶ノ水の東京本校を始め全国に22の校舎があり、東京在住でなくても優れた教育を受ける事ができます。

社会人が通うデジタルハリウッドスクールってなに?

デジタルハリウッドスクールとは、社会人や大学生・主婦など様々な人が会社・大学に通いながら半年から一年の期間で再就職に必要なスキルや現職での視野の幅を広げ為週1〜2回の頻度で通うプロ養成クリエイティブスクールです。

デジタルハリウッドスクールってどんな人が通うの?

デジタルハリウッドスクールに通う生徒の多くは子育てをしながら、会社に通いながらといった多忙な日々を送っている人がほとんどになります。

クリエイティブな仕事に憧れているけど現在の仕事を辞めるわけにはいかない社会人、子育てをしながら空いた時間でなにか学びたい人など、時間的に余裕があるわけではない、けど学びたいという学びに対する意欲の強い生徒が集まりますので4年生の大学を卒業した経験のある方には授業に出た際の他生徒の積極性の高さに驚くかもしれません。

デジタルハリウッド大学スクールはこうした『時間がない』けど『本気で学びたい』といった人が中心に通っております。

クリエイティブな事は全くの未経験だし、PCも初心者なんだけど?

クリエイティブスクールになるので既にプロとして活躍されている方やそういった職に付いている方も確かにいます。

しかし筆者も含め 初心者の生徒が大半でありExcelやWardでさえ使ったことがない生徒も中にはいます。

筆者も入学前は「授業についていけないのでは?」「他生徒の足を引っ張ってしまわないだろうか?」と不安がありました。
しかし、各授業に二名配属されるアシスタントティーチャーやタイピング遅れの生徒を助ける為のプログラミングコードのコピペシステムなど、デジタルハリウッドスクールでの徹底した教育プログラムにより落ちこぼれを作らないシステムが作られておりますので安心して卒業まで授業を受ける事ができます。

また、仕事が忙しくて授業に出ることができなかったという方の為に各授業を映像で見直すことができるようになっている為、忙しい人の為のアフターフォローもしっかりしており、そういったところが社会人からの評判の良さに繋がっています。

気になる就職先は?

再スタートを目指す方にとって勿論気になるのが就職先。

デジタルハリウッドスクールでは設立当初より人材育成をスクールコンセプトとしてきており『求人』や『カリキュラム開発』、『在校生・卒業生によるインターンシップ・OJT』などを行う企業に対しデジタルハリウッド・パートナーという会員組織として安定した就職支援を行っており就職率92.7%という高い水準となっております。

<就職先企業例>
株式会社スタジオジブリ
チームラボ株式会社
Double Negative Visual Effects
株式会社バスキュール
株式会社レイハウオリ
株式会社電通
エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社
株式会社カプコン
LINE株式会社
ヤフー株式会社
サンライズ

     

過去の実績から見るに業界ではサービス業、制作会社、IT企業への就職率が高く、職種ではクリエイティブ職への就職が多いみたいですね。

上記以外にも名だたる企業への就職や誰もが知っているプロジェクトへの参加など、全世界でデジタルハリウッドの卒業生は広く活躍しております。

92.7%の高い就職率の理由として、就職できなかった人が大学院への進学の道を選ぶ結果という記事を見かけますが、大学院へ進む4年生の学生の多くは優れた技術を持った生徒が殆どであるので決して妥協の上での進学ではないと言えるでしょう。

<進学に関する参考はこちら>

けど学費って高いんでしょう?

学科にもよりますが大体の価格でいうと半年で約40万〜1年で約120万ほどです、CGや映像学科では100~140万ほどになります。また学部によっては自身で学校指定のPC(マック指定)を買う必要がありますので軽い気持ちでは通えない額となっております。

<デジタルハリウッド大学学費に関して、参考はこちら>

それって高いの?安いの?通う価値は?

はっきり言って高いです。参考までにHAL東京と東京モード学園の社会人向け夜間スクールプログラムの学費を比べて見ましょう

1学年あたり デジタルハリウッド HAL東京 東京モード学園
学費 約120万 約41万 約32万
願書代金 5千 1万 1万
授業日数 週2 週3 週1
学習期間 1年 2年 2年

今回はwebデザインに関する一学年での授業の予算として例をあげました。

(HAL東京及び東京モード学園は卒業までに上記の金額の二倍の学費が必要になります)

願書こそデジタルハリウッド大学は安価ですが総合的に見てデジタルハリウッドスクールは高いと筆者自身感じます。

しかし、学科の区分がより細やかにされているHAL東京や東京モード学園に比べデジタルハリウッドスクールではざっくりと包括的な教育プログラムとなっている為、「より広く知識を深めたい」「他の分野からインスピレーションを受けたい」「なんとなくクリエイティブな仕事はしたいけど、そもそもクリエイティブな仕事ってなに?」といった方には評判の授業プログラムになっています。

webデザインのみの授業で良いという方には半年間での授業プログラムが別に用意されており金額も安価となっております。

HAL東京および東京モード学園では2年間でのプログラムとなる為、デジタルハリウッド大学は「即戦力が欲しい」「時間にゆとりが無い」そういった方には最適なプログラムとなっております。

<HAL東京の学費に関して、参考はこちら>

<<東京モード学園に関して、参考はこちら>/p>

本当に学費さえ払えば通えるの?

資料

大学への入学となると高校時代の受験勉強を思い出す人もいるかもしれません。

安心してください、入学審査こそありますが簡単な書類審査のみで入学する事ができます。
見出し通り「お金」さえあれば入学できる大学となっております。

ただ、入学するに当たって注意して頂きたいのが「やる気」の無い生徒に対して救済の手が差し伸べられないという事です。

仕事をしながらの課題の消化は正直な所かなりキツく軽い気持ちでの入学はオススメ致しません。また殆どの生徒が求められている課題に対し高クオリティな作品を仕上げきますので課題さえやれば良いやと考えているといつの間にかクラスの人との差が…なんて事にもなってしまいます。

そういった学習意欲の高さがデジタルハリウッド大学の良い評判へと繋がっているので、本気で学びたいという気持ちさえあれば誰でも通える大学と考えていただけたらと思います。

なぜ評判が良いのか

ここまで記事を読んで、学費も高いし勉強も忙しそうだし本当に評判が良いの?と思った方もいるかもしれません。
確かに「安く」「そこそこの能力を手に入れたい」というニーズに対しては適していない学校かと思います。ではデジタルハリウッド大学は何が評判なのか?筆者の考える評判の理由をいくつか紹介いたします。

株式会社形式だからこそ出来る事

冒頭で述べましたがデジタルハリウッド大学は株式会社形式の学校になります、わかりやすく言いますと世間で学生料金や学生定期を買う事ができません。

その代わりビジネスとして優秀な教員を揃える事ができます。逆に優秀でない、評判の悪い教員は解雇する事ができます。

教員の多くは仕事を掛け持ちしており常に現場の最先端にいる人ばかりです。

よって最初からプロの現場で専応された教員と実際の現場の知識を学ぶ事が出来るのです。

現場に必要な事だけを効率良く学べる事が一つの評判となっております。

常に提供されている可能性

デジタルハリウッド大学では定期的に複数の企業を呼んでの発表会があります。

自分で制作作品に関してプレゼンテーションをする場になりますが、企業側はヘッドハンティングの為に来ています。

そのチャンスを活かせるかは自分次第になりますが、より良い企業に乗り換える為に入学してくる生徒も多く、「自分の力を真っ正面から評価されたい」という方に評判です。

新しい世界の提供

人間の成長には「新しい環境」「新しい人脈」「新しい事への 挑戦」と良く言われております。自己啓発本でも良く見る三項目だと思います。

デジタルハリウッド大学の生徒はミュージシャンや画家、大手プロデューサーや料理評論家など多種多様な経歴の生徒が集まりますので生徒同士の話が非常に面白く、新しい興味を湧かせてくれます。

今までは絶対に挑戦しなかった事に挑戦する機会が自然に出来るのはデジタルハリウッド大学のクラスでは頻繁にあります。

筆者自身入学前の休日は一日中ゲームをしている人生インドアスタイルを貫く心構えでしたが、料理教室に呼ばれたりと新しい世界を体験する事が出来とても刺激になりました。

そういった「自分の世界を広げられる」可能性が入学後の良い評判を生んでおります。

デジタルハリウッド大学まとめ。 

今回は社会人が通うデジタルハリウッドスクールに関して紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか。

正直な所、デジタルハリウッド大学はその業界に携わってない人からしたら無名の大学になります。

しかし、お台場のチームラボの展示会やディズニーランドでの装飾舞台など「人の心を動かす行事」に深く在校生が関わっています。また、そういった企業からの評判は高いように感じます。

通常の専門学校と違い、生徒の内訳が社会人の経験を得た人が殆どになりますので、明確な意思・目標を持って入学してくるので自身のブラッシュアップには最適な環境と言えるでしょう。

また、卒業後も利用できるキャリアセンターや充実した就職支援が新しいキャリアへの頼もしい後押しとなり評判の良さを生んでいます。

「今の職種をガラッと変えたい」「取り敢えず社会人になったけどもやりたかった事と違う」「ルーティンワークじゃなく人を感動させる仕事がしたい」そういった気持ちのある生徒と共にデジタルハリウッド大学で「新しい自分や職業」を求めて真剣に勉強する時間は学費以上の評判があるのではないでしょうか。

コメントを残す

*

*