スタバでアルバイトするには資格は必要?ブラックエプロンとは?

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-07-17

公開日:2019-07-17

スタバ

今回はスタバでのアルバイトについてまとめました。スタバで働く際に必要なスキルや資格も含め、ブラックエプロンを目指すための勉強についても詳しく紹介します。ぜひ参考にしてください。

       

世界中で多くの人から親しまれているスタバ

バリスタを目指している方にとってスタバは憧れの職場の一つですよね。

スタバでは正社員に加えてアルバイトとして活躍している方もたくさんいます。

そこで、スタバでアルバイトしてみたい方のために、必要なスキルや資格、またブラックエプロンを目指すため勉強法について紹介します。

人気のあるスタバでのアルバイト

スタバ

スタバは言わずと知れた世界的な喫茶店チェーンであり、その落ち着いた雰囲気やスタバオリジナルの味わいで多くの人から支持を得ています

そのため、将来バリスタを目指している方にとってスタバは憧れの職場の一つでもありますよね。

全世界に店舗を構えるスタバでは、人種・性別・年齢問わず多くの人が働いており、同じバリスタでもそれぞれ異なった目標を持って働いています。

スタバではもちろん正社員のバリスタも働いていますが、将来バリスタを目指している方などアルバイトとしての雇用枠も豊富にあります。

喫茶店やカフェといった業界に興味のある方の間でもスタバは非常に人気のある職場の一つと言えます。

スタバでの仕事内容

スタバでは、主にバリスタとしての業務をこなします。

バリスタとは、コーヒーやラテ、カプチーノなどに関する専門的知識を持ったプロフェッショナルで、お客さんの好みにあった最高の一杯を提供する職業です。

ただ単にコーヒーなどを淹れれば良いというわけではなく、豆の厳選からお湯の温度、淹れるタイミングまですべて計算し最大限の味を引き出すことがバリスタの使命となります。

バリスタの主な仕事はコーヒーなどを淹れることですが、カフェや喫茶店を訪れたお客さんに最高の時間を提供するために、積極的にコミュニケーションを取ったり、心地良い空間づくりのための努力をすることも重要な役割の一つとなります。

スタバで働く場合、どの国のどの店舗においても通常は黒を貴重としたユニフォームに緑のエプロンをして働くことになります。

スタバでアルバイトをするには資格は必要?

日本国内にあるスタバ各店舗ではアルバイトの募集を随時行っています。

しかし、実際にアルバイトとして働くためには特別な資格やスキルは必要となるのでしょうか。

資格なし、未経験でも働ける

結論から言うと、スタバでアルバイトとして働くために特別必要な資格やスキルはなく、全くの未経験の方でも面接で採用されれば働くことができます

しかし、問題はどのようにして面接に受かるかですよね。

面接では主に「なぜスタバで働きたいのか?」「スタバで働きたいと思った動機は?」というような一般的な質問に加えて、スタバで働くことによって何がしたいのか、その目標やスタバに関する知識について問われます。

「コーヒーが好きだから」「スタバが好きだから」という理由では合格は難しく、しっかりとした動機や目標が面接の際には評価されます。

たとえ未経験の方で採用されたとしても、最初の1〜2ヶ月は各ポジションによって研修期間があるため心配はありません。

バリスタ系の資格取得をおすすめ

スタバのフロアやレジ打ち、ホールといったポジションへの採用面接の際は以上で述べたとおり特に必要な資格やスキルはありません。

しかし、バリスタのポジションを志望する際にはバリスタ関連資格を持っていることで有利になることがあります。

各店舗によって採用条件は異なるため一概には言えませんが、バリスタは専門的なスキルや知識が伴うポジションであることから、それらについて遅かれ早かれ習得する必要があります。

有名な資格としては、日本スペシャルティコーヒー協会の認定資格である「コーヒーマイスター」や日本バリスタ協会の認定資格である「JABバリスタ」が挙げられます。

スタバでアルバイトする際にぜひ目指したブラックエプロンとは?

スタバに興味がある人なら誰でも一度は聞いたことがあると思いますが、スタバのバリスタには「ブラックエプロン」という特別なポジションがあります。

その名の通り、ブラックエプロンの称号を持つバリスタは一般的な緑のエプロンではなく、黒のエプロンをしてバリスタ業務を行います。

そもそもブラックエプロンとは、スターバックスにおいてコーヒーのプロとして働くバリスタの中でも特に秀でたスキルと豊富な知識を持った者にだけ与える称号で、言わばスタバのエリートバリスタです。

ブラックエプロンの称号を得るには?

スタバ

ブラックエプロンの称号を得るまでの道のりは決して容易なものではありません。

ブラックエプロンを目指すためには、まず働いている店舗にて「コーヒーマイスター」の認定を受けた後、コーヒーマイスターのみを対象とした社内試験に挑みます。

社内試験は年に一度しかチャンスが無いため、毎年多くのコーヒーマイスターがブラックエプロンの称号を得るために試験会場に集結します。

試験ではコーヒーの知識はもちろんのこと、各器具の使い方、接客力や雰囲気づくりと言ったスタバで働く上で必要不可欠な知識やスキルについて問われます。

合格率は毎回10%未満となっているため非常にハイレベルな試験となっています。

ブラックエプロンの称号を得るための勉強

社内試験に合格するためには、コーヒーに関する知識や淹れ方、コーヒー器具についての基礎的な知識を得るための勉強に加えて、実務における秀でたスキルが必要となります。

そのためにはとにかくバリスタとしての経験を積み、スキルアップを目指すことです。

ブラックエプロンの取得は、難しい勉強をしっかりこなして試験に合格する必要がありますが、ブラックエプロンを目指しているパートナーは向上心がとても高く、常にお客様への「素敵な時間」の提供に全力です。
お仕事の休憩中などに、ブラックエプロンを目指しているパートナー同士で勉強しているときもあるようですよ。

スタバでアルバイトするには資格は必要?まとめ

今回はスタバでアルバイトする方法やブラックエプロンを目指すための勉強について紹介しました。

スタバでアルバイトするためには特別必要なスキルや資格はなく、未経験者でも採用面接に受かれば働くことができます。

しかし、バリスタのポジションに関しては専門的なスキルと知識が問われるため、関連資格を得ることをおすすめします。

将来正社員としてスタバで働くことを考えている方、もしくはバリスタとしてキャリアアップを考えている方はブラックエプロンをぜひ目指してみましょう。

コメントを残す

*

*