航空整備士になるには

Tweet Tweet1等航空整備士・2等航空整備士は幅広い年代の男女が目指せる、専門性の高い資格です。 1等航空整備士・2等航空整備士資格取得者は他には整備士・ライン整備士・航空運航整備士・航空工場整備士という名称で呼 […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1等航空整備士・2等航空整備士は幅広い年代の男女が目指せる、専門性の高い資格です。

1等航空整備士・2等航空整備士資格取得者は他には整備士・ライン整備士・航空運航整備士・航空工場整備士という名称で呼ばれております。

資格名:1等航空整備士・2等航空整備士

1等航空整備士・2等航空整備士の資格は「国家資格」です。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場では1等航空整備士・2等航空整備士を目指している方を応援しております。

1等航空整備士・2等航空整備士になるために必要な知識

航空機の機体構造・整備・点検・修理をはじめとした知識が必要となります。これらは、国土交通大臣指定航空従事者養成施設での勉強や、現場での実務経験の中で1から培っていく知識ですが、他にもあります。これらを学ぶベースとして理数系の知識が必要なのはもちろんのこと、機体は主に欧米で作られていて、マニュアルが英語であること、また世界各地のエンジニアやスタッフとのコミュニケーションが必要であることから、英語力も必須といえます。

1等航空整備士・2等航空整備士の資格は「国土交通省」が運営管理を行っております。

国土交通省とは:

国土交通省は日本の行政機関の一つです。その任務は国土交通省設置法第3条で定められており、国土の利用・開発・保全、社会資本の整備、交通政策の推進、気象業務、海上の安全・治安を確保をすることが定められています。

航空整備士

Mechanic taking a tool from wall at the repair garage

 仕事内容
 試験詳細
 資格取得者の傾向

1等航空整備士・2等航空整備士ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

航空整備士は航空機の整備を行います。1等航空整備士と2棟航空整備士では整備に携われる航空機の種類が異なります。航空機は何万もの膨大な数の部品によって複雑にできており、そのうちの1つの部品の不具合でも航空機の大事故につながることがあります。なので、多くの整備士で分担して1つの航空機の整備を行うため、チームワークが重要となります。特に空港では24時間体制で整備が行われているため、シフト制で勤務しており、朝から夕方までの通常の時間帯の勤務だけでなく、夜間の勤務にも従事します。航空機の整備には、発着する航空機の整備を行う『ライン整備』、車検のように定期的に行われる『ドッグ整備』などがあり、保有する資格によって携わることができる整備が異なります。1つの資格を有するだけでは携われる任務や航空機の種類が限られるため、1つ資格を取得しても、より上位の資格取得を目指して日々働きながら勉強の日々です。

1等航空整備士・2等航空整備士資格取得の為の勉強法

1等航空整備士・2等航空整備士共に、試験は学科試験と実地試験からなっています。学科試験は科目合格制度がとられています。この科目合格制度は、最初の試験で必要な科目について全て受験し、一部の科目に合格すれば、1年以内に残りの科目も合格すればよいということです。ですのでこのチャンスを活かして、得意な科目は1度で合格できるように万全に準備し、苦手な科目の勉強に専念できる期間を作ると良いでしょう。航空整備士には受験資格があり、1等航空整備士は4年以上の航空機の整備実務経験、2等航空整備士は3年以上の航空機の整備実務経験が必要です。この受験資格を得るには、国土交通大臣指定航空従事者養成学校に入学して学ぶ方法と、現場での実務経験を積む方法があります。この、養成学校で学んだり、実務経験を積んでいく中で、試験に必要な知識や技術を学んでいくことになります。

1等航空整備士・2等航空整備士資格の試験料・試験の内容・合格発表について

1等航空整備士・2等航空整備士資格試験料

学科試験は、1等航空整備士・2等航空整備士共に5,600円。実技試験は、1等航空整備士は50,100円、2等航空整備士は45,000円となります。

1等航空整備士・2等航空整備士資格試験・検定の年間試験回数

学科試験は年2~3回行われ、実技試験は毎月行われています。

1等航空整備士・2等航空整備士資格の試験科目等の内容

学科試験は主に、機体・発動機知識・電子部品等・航空法規について。実技試験は主に、整備基本技術・整備検査知識・整備技術・点検作業・動力装置操作についてです。

1等航空整備士・2等航空整備士資格の難易度

航空整備士試験の受験資格を得るための実務経験の中で、必要な知識や技術が培われていくので、それらを確実に身に付けていけば、暗記もの等とは違って確実に回答していくことができると思います。しかし、その知識と技術は膨大なため、資格取得は難しいと言われています。

1等航空整備士・2等航空整備士資格の合格率について

正式な合格率は発表されておらず、一説には20~30%とも言われています。ですが、航空整備士の試験資格を得て合格を目指すことを目的としている、国土交通大臣指定航空従事者養成施設に指定されている航空専門学校などでは、概ね合格率は100%となっています。

1等航空整備士・2等航空整備士試験の合格発表

学科試験・実技試験ともに、本人に文書で送付されます。

sponsored link

1等航空整備士・2等航空整備士資格取得後の傾向

1等航空整備士・2等航空整備士資格取得後の職業例

この資格は航空機の航空整備士に直結したものとなっていますが、就職先は必ずしも航空機の整備会社だけではありません。航空機メーカーやエンジニア関連の会社でも航空整備士は必要とされています。また、エアライン会社以外にも航空機を使用する事業会社や、取材用自社ヘリを持つテレビ局や新聞社などのメディア関連会社でも需要があります。また、救助などで小型機やヘリコプターを使用している警察・消防・航空自衛隊・海上保安庁などの官公庁への就職も増えています。

1等航空整備士・2等航空整備士に向いている人

航空機は膨大な数の部品からなっており、多くの航空整備士をはじめとするスタッフの手で整備を行いますので、協調性やコミュニケーション能力が求められます。また、緻密な部品を取り扱いますので、手先が器用で正確性を高く求められる人が向いています。仕事で必要とする知識や技術の性質上、理数科目や英語が好きであったり得意な人にもオススメです。

1等航空整備士・2等航空整備士資格と同じ分野の他の資格

1等航空運航整備士、2等航空運航整備士、定期運送用操縦士、事業用操縦士、自家用操縦士、准定期運送用操縦士。

1等航空整備士・2等航空整備士の給料相場

航空専門学校卒の初任給は、約18万円程度だと言われています。民間の整備会社では、30代で400万円前後、40代で600万円前後程になるようです。ここにさらに、空港勤務の場合は夜勤シフトもあるので、時間外や夜間手当がつきます。また、航空整備士は整備できる航空機の種類や知識・技術のレベルによって必要となる資格が異なるため、より上級の資格を取得することによって、任される仕事の幅が広がり、給料も上がっていきます。

1等航空整備士・2等航空整備士の現状

格安航空会社の参入で新たな航空会社が誕生すると共に、航空整備士の求人も新しく増えています。また、空港の拡張や滑走路の延伸に伴い、航空機の発着数が増え、航空整備士の需要も増えているといえます。

1等航空整備士・2等航空整備士の将来性

とどまることのないグローバル化の中で、航空業界の縮小は考えられない状況であり、航空整備士の活躍はこの先も不可欠なものといえます。

1等航空整備士・2等航空整備士の独立について

航空機の整備に必要な航空整備士をはじめとするスタッフの数も種類も膨大なものであり、整備のための設備や場所からいっても、とても個人で独立を考えられる職業ではありません。

こんな著名人の方も1等航空整備士・2等航空整備士資格を持ってます。

1等航空整備士・2等航空整備士の資格取得がそのまま整備士職に直結しているためか、この資格を所有している著名人にはたずね当たりませんでした。

コメントを残す

*

*