航空工場整備士になるには

Tweet Tweet航空工場整備士は幅広い年齢層の男女が目指せる、専門性が高い資格です。 資格名:航空工場整備士 目次1 航空工場整備士の資格は「国家資格」です。2 資格広場では航空工場整備士を目指している方を応援して […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

航空工場整備士は幅広い年齢層の男女が目指せる、専門性が高い資格です。

資格名:航空工場整備士

航空工場整備士の資格は「国家資格」です。

資格広場では航空工場整備士を目指している方を応援しております。

航空工場整備士になるために必要な知識

航空工場整備士の仕事とは日々飛行機と接することになりますので、その飛行機の構造に関する知識は必要不可欠です。

航空工場整備士の資格は「国土交通省」が運営管理を行っております。

国土交通省とは:

国の土地を計画的に使うことや開拓すること、そのためのインフラの整備、また海での安全などを担当している国の省庁のひとつです。それまでの北海道開発庁と国土庁そして運輸及び建設省の4つの省庁が統廃合を行い、2001年6月に設立されました。さらに良いサービスを国民に提供することを目指しています。

航空工場整備士

Mechanic taking a tool from wall at the repair garage

 仕事内容
 試験詳細
 資格取得者の傾向

航空工場整備士ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

飛行機を構成するパーツの整備を行っているスペシャリストのことです。飛行機の整備が終わった後に、その飛行機がちゃんと飛行に耐えられるかどうかの基準を満たしているかのチェックを行う、安全な空の旅には欠かすことのできない責任が大きい専門家です。非常にハイレベルな知識とハイレベルのテクニックを持っていることはもちろん、些細な間違いをも見つけ出す繊細な観察眼を持っていることが求めれます。ちょっとした間違いが大きなアクシデントとなりうるこの業界では、飛行機自体もどんどん進化しているので、航空工場整備士もその進化に適して動くことが必須とされています。整備の種類ですが、フライト前に必ずいつも行っている整備以外にも、基準となる飛行時間を上回った時に行う整備などいくつか存在しています。どのような場合でも、航空工場整備士安全な空の旅のスペシャリストとして無くてはならない存在です。

航空工場整備士資格取得の為の勉強法

航空工場整備士の試験対策としては、何はともあれひたすら過去に出題された問題集を解く方法がベストです。

航空工場整備士資格の試験料・試験の内容・合格発表について

航空工場整備士資格試験料

航空工場整備士の試験にかかる料金ですが、学科による試験が5600円、実地による試験が50100円となります。

航空工場整備士資格試験・検定の年間試験回数

航空工場整備士の学科による試験は7月・3月の年2回の実施、実地による試験は学科による試験の合格通知日から2年以内の希望日となります。

航空工場整備士資格の試験科目等の内容

航空工場整備士の試験には学科によるものと実地によるものの2種類があります。このうち学科による試験の内容は、航空力学・取扱知識、機体知識、整備・改造・点検知識、法規となっています。実地による試験の内容は、機体の装備品の取扱い、整備・検査、整備技術、搭載重量配分・重心位置の計算となっています。年齢が18歳以上であることや、機体構造関係、機体装備関係、ピストン発動機関係、タービン発動機関係、プロペラ関係、計器関係、電子装備品関係、無線通信機器関係といった受験するいくつかの専門分野において、それぞれの実際その分野で働いた経験が2年以上必要とされます。

航空工場整備士資格の難易度

他の国家資格と比較してみると、航空工場整備士の難易度はやや高いということができるでしょう。しかしながらしっかりと勉強すればそこまで難しいものでは決してありません。

航空工場整備士資格の合格率について

航空工場整備士の合格率は非公開となっているために記載が不可能です。

航空工場整備士試験の合格発表

航空工場整備士のの合格発表は、実地による試験を合格した人に文書で通知されます。

航空工場整備士資格取得後の傾向

航空工場整備士資格取得後の職業例

様々な飛行機会社系列の整備会社で就職をするのがスタンダードではあります。その他としては飛行機そのものを作っている会社やエンジニアリング系の会社、飛行機に使用している計器類を作っている会社などからも航空運航整備士の需要はあります。また、取材用のヘリコプターを持っているテレビ局などからも求人はあります。もちろん官公庁などでも航空運航整備士は活動が可能です。消防などには消防航空隊のための小型機やヘリコプターが設置されているので、そのヘリコプターの整備を行うことのできる航空運航整備士も必要なものとなります。

航空工場整備士に向いている人

フライト前の定例の整備の業務を行っている場合には、飛行機が離陸する前の整備の時間が予定より伸びてしまえば、それは離陸の時間ずれてしまうことであり、お客さんやパイロット、関係するたくさんの人を困らせてしまうことに繋がります。勤務の間は、たとえ限られた時間であったとしても素早くしかも正確に仕事をこなしていかないといけませんので、普段からダラダラと行動するのでは無く、行動を管理して動ける人が良いです。また、時間を守ることのできる人がこの業務向きだと言えるでしょう。また、航空工場整備士としての職に就くことができたとしても、仕事で経験を積み重ねながらもっともっとレベルの高い資格を取ることを目標として、学び続けていくことが必要とされます。よって、学習することに苦手意識がある人にはあまり向いていない仕事だと言えます。航空工場整備士の資格を取得した後も、航空工場整備士の技術は経験をすればするほどより良いものとなっていくので、いつも高いところを目指そうという気概がある人向きと言えます。

航空工場整備士資格と同じ分野の他の資格

航空整備士、航空運航整備士

航空工場整備士の給料相場

航空工場整備士の年収は勤務する会社によって異なってきます。民間整備会社の場合は30代で400万前後、40代で600万円前後が多くなっているようです。

航空工場整備士の現状

航空機の大型化や技術の進歩による機種のハイテク化がスピードアップし、それにともない航空整備士の技術も、レベルアップが望まれています。

航空工場整備士の将来性

格安エアラインが台頭してきている昨今、飛行機の発着数はどんどんと増えており、それに伴い航空工場整備士の需要も確実に増えてきています。またさらに、近頃では飛行機のパーツが細かく複雑なものにすなっていっているのと同時に、新しい技術がどんどん入ってきています。これからはそれらのハイテクを取得し、それを実行できる人材のニーズが高まっていくでしょう。

航空工場整備士の独立について

特にこの資格を保有しているからといって独立できるようなものではありません。

こんな著名人の方も航空工場整備士資格を持ってます。

なし

コメントを残す

*

*