航空運航整備士になるには?難易度・仕事内容・合格率・給料相場

masman

by nishimura

更新日:2018.11.30

公開日:2017.04.20

航空運航整備士の資格は数種類に分かれており、資格によって整備ができる飛行機の種類が違ってきます。資格をたくさん取れば取るほど、自分のができる仕事が増えていくので非常にやりがいのある仕事と言えます。


航空運航整備士は幅広い年齢層の男女が目指せる、航空整備士になりたい方第一歩の資格です。
航空運航整備士資格取得者は他にもなしと呼ばれております。
航空運航整備士の資格は「国家資格」です。

資格広場は、航空運航整備士になるには?航空運航整備士なるためには?航空運航整備士になりたいを応援しております。

航空運航整備士になるために必要な知識・受験資格

航空運航整備士はもちろん日々接するものとなりますので、その飛行機の構造に関する知識は必要不可欠です。

航空運航整備士の資格は「国土交通省」が運営管理を行っております。

国土交通省とは:
国の土地を計画的に使うことや開拓すること、そのためのインフラの整備、また海での安全などを担当している国の省庁のひとつです。
それまでの北海道開発庁と国土庁そして運輸及び建設省の4つの省庁が統廃合を行い、2001年6月に設立されました。
さらに良いサービスを国民に提供することを目指しています。

航空運航整備士

航空運航整備士ってどんな仕事?(仕事内容など)

国が認めている空に関連する資格の1つとなります。航空運航整備士の上位に航空整備士があります。

飛行機の整備の際に求められる資格となっており、その仕事は飛行機安全点検や軽いリペアなどがあります。
航空運航整備士には一等と二等があります。

航空運航整備士の試験を受けるためには、一等航空運航整備士、二等航空運航整備士の両等級で18歳以上であることや、これまで整備をしたことがある経験が求められます。

一等航空運航整備士は整備する飛行機の種類すべての免許を取ります。
しかしながら、二等航空運航整備士は機種ごとでは無く、一律最大離陸重量5700kg以下の小型機の整備を行うことが可能です。

航空運航整備士資格取得の為の勉強法

航空運航整備士の試験対策としては、とにかく過去に出題された問題や問題集を解くことです。
それが合格へと繋がります。

航空運航整備士の専門学校や通信講座について

準備中です。


航空運航整備士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

航空運航整備士の資格試験料

航空運航整備士の試験料は、学科による試験が5600円、実地による試験が一等航空運航整備士は50100円、二等航空運航整備士は45000円となります。

航空運航整備士試験・検定の年間試験回数

一等航空運航整備士の学科による試験は7月と3月の年2回であり、実地による試験は学科試験の合格通知日から2年以内の希望日となります。

また、二等航空運航整備士の学科による試験は7月と11月と3月の年3回であり、実地による試験は学科試験の合格通知日から2年以内の希望日となります。

航空運航整備士試験科目等の内容

国が認めている空の資格の一つである航空運航整備士の試験は、受験するためには一定の基準を満たしていなければなりません。

二等航空運航整備士は3年以上、一等航空運航整備士は4年以上飛行機を整備した経験がなければ受験することさえできません。

しかしながら、国土交通大臣が認めている航空運航整備士のスクールで勉強を積み重ねれば、整備の経験は求められずに学科による試験と実地による試験の受験ができます。

学科による試験の内容は、機体、発動機知識、電子部品等、航空法規となっています。
そして実地による試験の内容は、整備基本技術、整備・検査知識、整備技術、点検作業、動力装置操作となっています。

航空運航整備士資格の難易度

航空運航整備士の試験はその対策をしっかりと行っておけば、飛び抜けて難易度が高いというものでもありません。

航空運航整備士資格の合格率

合格率は非公開となっているので不明です。

航空運航整備士試験の合格発表

航空運航整備士の合格発表ですが、実地による試験を合格した人に文書で結果が通知されます。

国家資格バナー

PR



航空運航整備士

航空運航整備士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

航空運航整備士所持者の職業例

様々な飛行機会社系列の整備会社で就職をするのがスタンダードではあります。
その他としては飛行機そのものを作っている会社やエンジニアリング系の会社、飛行機に使用している計器類を作っている会社などからも航空運航整備士の需要はあります。
また、取材用のヘリコプターを持っているテレビ局などからも求人はあります。もちろん官公庁などでも航空運航整備士は活動が可能です。
消防などには消防航空隊のための小型機やヘリコプターが設置されているので、そのヘリコプターの整備を行うことのできる航空運航整備士も必要なものとなります。

航空運航整備士に向いている人

誠実であり嘘をつかない人が航空運航整備士に向いていると言えるでしょう。

この仕事は多くの他のものと共同で整備をしていますが、ミスを起こしそれを隠していたがために、後になって大きなトラブルとなることがあり得る世界です。
些細なことであっても報告連絡相談をすることや、絶対に正直であることが必要とされます。

また、簡単に思えるようなことでもルーチンで業務にあたるのではなくしっかりと確認を怠らずやることも必要となります。

また、車やバイクをもともと触るのが好きであったり、指先を使用する細かい作業が楽しいというひとは、それを航空運航整備士の仕事においても活かすことができます。

航空運航整備士と同じ分野の他の資格

航空整備士、航空工場整備士

航空運航整備士の年収・給料相場

この資格を持っている場合には、だいたい給料は良い方となります。

資格が求められる技術職なので、手当がつくことがよくあり、それによって給料は大分変わってきます。

手当としては、24時間オープンの空港では、夜勤による手当が付与されたり、それとは別に時間外勤務手当や資格手当などを受け取ることができます。

航空運航整備士の現状

近年格安航空会社がどんどん増えてきていることや、羽田空港や成田空港の拡充によって空で働く人の需要はますます増える傾向があります。
もちろん航空運航整備士も非常に必要とされる数が多くなってきています。

また、そろそろ団塊の世代である整備士たちの退職ラッシュが始まりますので、次の担い手となる若い航空運航整備士の育成が課題となっています。

航空運航整備士の将来性

飛行機そのものが昔と比較して相当専門的かつ高度に作られるようになってきており、それに伴い整備の仕方や使用する道具も刻々と変化を遂げています。

また、運航整備にかける時間を短縮するとどんどん飛行機を離陸させ回転を高められることができるので、運航整備にかける時間を短くかつ的確に整備することが課題とされています。
航空整備士の責任はより大きなものとなっています。

航空運航整備士の独立について

特に航空運航整備士の資格を保有しているからといって独立できるようなものではありません。

航空運航整備士資格を所有している主な著名人

なし

コメントを残す

*

*