CAの給料は安い?人気の職業であるCAの給料事情をご紹介

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-06-21

公開日:2019-06-21

シーエー

今回はCAに関して、一般的に安いと言われているCAの給料事情についてまとめました。CAとして働く上で知っておくべきもらえる手当や手取り額、またやりがいや苦労についても紹介します。


CAは女性にとって憧れの職業の一つであることから、実際に将来CAを目指している方もいるのではないでしょうか。

しかし、そのような華やかな印象とは裏腹に、CAの給料や手取りは非常に安いというイメージが定着しています。

そこで、将来実際に目指している方のために、CAの収入事情や働く上で貰える手当、その他やりがいなどについて詳しく紹介します。


CA(キャビンアテンダント)とは?

シーエー

客室乗務員、キャビンクルー、フライトアテンダントなど様々な呼称があるCA(キャビンアテンダント)は、皆さん既にご存知のとおり、フライトにおいてお客様に快適な空の旅を提供する職業です。

また、CAは女性の間で非常に人気のある職業でもあり、特に国際便のCAは華形の職種といわれています。

そのため、各航空会社でのCA採用試験は毎年非常に高倍率になっており、就職が難しい職種の一つとされています。

CAというと女性のイメージがありますが、特に職業柄性別は関係ないため男性でもなることができ、実際に男性のCAとして活躍している方もいます。

CAの主な仕事内容

CAの主な仕事内容として、「機内サービス」と「保安管理」の2つが主に挙げられます。

機内サービスとは、乗客が快適にフライト時間を過ごせるように、機内食や飲み物の給仕や毛布、新聞などの配布、また乗客の要望に応じてお子様のケアやその他臨機応変に対応します。

「保安管理」とは、フライト中の乗客の安全確保、また緊急時における対処のためにシートベルトや救急胴衣、酸素マスクなどの装着の仕方のデモンストレーションを行ったり、実際に緊急着陸やその他トラブルが生じた場合は乗客の避難の誘導や安全確保を行います。

そのため、フライト中はいかなる場合においても常に緊張感をもって業務を行う必要があるのです。

CAになるには?CAの収入事情は?

長時間のフライトになればそれだけ体力を消耗することになり、また緊急時においても常に冷静沈着で対応することが求められるます。

そのため、世間一般のCAに対する華やかな印象とは裏腹にCAとして働くためには体力や忍耐力、またタフさも必要となるのです。

それでは、CAになるにはどのような方法があるのか、給料や手当など収入事情も合わせて見ていきましょう。

まずは契約社員から始まるCAの業界

CAになるためには各航空会社が実施している採用試験に合格する必要があります。

採用試験の受験資格は航空会社によって異なりますが、大手のJALやANAでは基本的に「専門学校卒以上」となっております。

一般的な4年制大学の学歴でももちろんCAになることができますが、非常に人気のある職業であることから競争率は非常に高く、中には客室乗務員の養成学校の似通っている学生も含まれます。

実際に採用されたらすぐ正社員として働くというわけではなく、まずは契約社員として2〜3年の研修期間を設けている航空会社がほとんどです。

研修期間が終了し、ある程度CAとしてのスキルや知識が認められるようになってきたら正社員に雇用形態が切り替わります。

駆け出しCAの給料や手取りは非常に安い

CAも含め、航空系の職種は以前までは高収入が見込める職業となっていましたが、近年では格安航空会社などの増加により競争率が非常に高まっているため、給料が減少傾向にあります。

また、CAは契約社員でのスタートであるため、貰える給料や手当の額は非常に限られております。

具体的な金額としては、大手の新卒採用者の場合、1年目の給料は時給1100〜1200円前後、月給の手取りにしておよそ15〜16万円程度、年収のにしてわずか200万円程度と非常に厳しい額になっています。

基本給に加えてフライト業務中はおよそ700円の乗務付加手当が支給されますが、あくまでもフライト中の手当であるため地上勤務の場合は支給されません。

正社員CAの給料事情や各種手当

契約社員としての研修期間が終了し、正社員として働き始めることができれば当然給料や手当、その他待遇面も良くなります。

正社員の場合、月々の給料の手取り額はおよそ35万〜40万円、年収にしておよそ650万円前後と言われております。

また基本給に加えて、通勤手当、深夜勤務手当、その他ボーナスが支給されます。

手当の他にも他の職業と同じように育児休暇や各種社会保険制度など福利厚生も受けるができるようになります。

このように、契約社員時代とは比べて収入面、生活面で非常に安定してくるため何も問題の内容に思えますが、CAの給料は年々減少傾向にあります。

その原因は先程も述べた格安航空会社の出現による競争率の増加や人権費削減による収益ダウンです。

CAとして働く上でのやりがいや苦労は?

シーエー

CAの給料事情について理解して頂けたでしょうか。

それでは、実際にこれからCAを目指している方もいると思うので、CAとして働く上での苦労ややりがいについて紹介します。

華形の職業であるため、なる前から大変

CAは非常に人気のある職業であるため、採用試験の倍率も毎年非常に高くなっております

CAを目指す方の中には中学卒業後にCA養成課程のある高校へ進学したり、一般的な高校を卒業後同じくCAの養成課程のある学校やCAになるための専門学校に通いスキルと知識を身につける方もいます。

そのため、CAへの道のりは非常に厳しくその競争は採用面接の何年も前から始まっているのです。

実際にCAになってからは出世レースが始まり、最高の役職である国際線のCAになるために必死になってスキルとキャリアを磨きます。

つまり業務においてはもちろんのこと、それに加えて収入面でも非常に厳しい状態となっているため、特になりたての時期は苦労を感じることがたくさんあるでしょう。

キャリアアップが仕事のやりがいに繋がる

CAは非常に過酷な職業であるということは分かって頂けたと思いますが、それだけやりがいを感じることのできる職業でもあります。

というのも、多くのフライトをことによっていかなる状況に置いても冷静に対処するスキルが身につき、それが乗客の満足度やキャリアップにつながるため、直にやりがいを感じながら働けるのがCAとして働く上での最大の魅力と言えるでしょう。

CAの給料は安い?CAの給料事情まとめ

今回はCAの給料事情や仕事の苦労、やりがいについて詳しく紹介しました。

CAとして働く上で、収入面、また業務においても度々苦労を感じることがありますが、それだけやりがいを感じることのできる職業です。

将来CAを目指している方は以上で紹介した内容を是非参考にしてください。

コメントを残す

*

*