事業用(飛行機・回転翼)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-05-24

事業用操縦士は、報道・遊覧・航空写真・農薬散布・救急搬送などの事業を目的として、飛行機およびヘリコプターの操縦をするために必要な資格です。受験には一定の飛行経験や航空知識が必要となるので、航空大学校等の養成機関で学ぶのが一般的です。


事業用(飛行機・回転翼)は18歳以上の男女が目指せる、飛行機やヘリコプターなどを事業目的で操縦する場合にはこの資格が不可欠です。資格です。
事業用(飛行機・回転翼)資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
事業用(飛行機・回転翼)の資格は「国家資格」です。


資格広場は、事業用(飛行機・回転翼)になるには?事業用(飛行機・回転翼)なるためには?事業用(飛行機・回転翼)になりたいを応援しております。

事業用(飛行機・回転翼)になるために必要な知識・受験資格

航空工学・航空気象学・空中航法・航空通信・航空法規などの知識がまず第一に必要となります。実地試験ではさらに、運航知識・飛行前作業・離着陸・異常時及び緊急時の操作・航空交通管制機関等との連絡・総合能力等・外部視認飛行・野外飛行などの知識、そして経験が必要となります。どちらについても、十分な知識と経験が必要です。

事業用(飛行機・回転翼)の資格は「国土交通省」が運営管理を行っております。

国土交通省とは:
国土の総合的かつ体系的な利用、開発及び保全、そのための社会資本の整合的な整備、交通政策の推進、気象業務の健全な発達並びに海上の安全及び治安の確保を図ること等を任務とする行政機関です。

事業用(飛行機・回転翼)

事業用(飛行機・回転翼)ってどんな仕事?(仕事内容など)

事業用操縦士とは遊覧目的や報道目的、農業での農薬散布など事業を目的として飛行機・回転翼(ヘリコプター)の操縦をするために必要な資格です。飛行機やヘリコプターなどを事業目的で操縦する場合にはこの資格が必要不可欠な資格です。飛行機、回転翼(ヘリコプター)共に一定の飛行経験が必要であり、受験前に飛行経験を満たしていなければ資格試験を受験する事は出来ません。この資格を取得すれば自家用航空機の操縦のほか、エアラインの副操縦士になることもできます。さらに、副操縦士としてフライト経験を積んだ後に定期運送用操縦士を目指すこともできます。

事業用(飛行機・回転翼)資格取得の為の勉強法

受験資格に一定の飛行経験が定められています。そのため、しかるべき養成機関で勉強する必要があります。大きく2つのコースがあります、1つは、民間養成機関(操縦士養成課程のある私立大学や航空専門学校・訓練事業会社)あるいは独立行政法人航空大学校で学んで資格を取得する方法です。もう1つのコースは、一般の大学などを卒業して航空会社に就職してから資格取得を目指す方法です。飛行や航空関連の知識および実地経験ともに広く深く要求されますので、両方についてしっかりと身に付けることを心掛けなければなりません。

事業用(飛行機・回転翼)の専門学校や通信講座について

準備中です。

事業用(飛行機・回転翼)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

事業用(飛行機・回転翼)の資格試験料

学科試験が5,600円、実技試験が56,500円、登録免許税が7,500円となっています。

事業用(飛行機・回転翼)試験・検定の年間試験回数

原則として年6回(1月、3月、5月、7月、9月、11月)実施されます。

事業用(飛行機・回転翼)試験科目等の内容

試験内容は、次の通りです。【飛行機】 〔学科〕 ①航空工学 (飛行理論に関する一般知識 ほか)②航空気象 (天気図の読解に必要な知識 ほか)③空中航法 (地文航法および推測航法 ほか)④航空通信 (概要)⑤航空法規。〔実地〕 ①運行に必要な知識②飛行前作業③飛行場および場周経路における運航④基本的な計器による飛行ほか。【回転翼】 〔学科〕 【飛行機】と同じ。〔実地〕①運行に必要な知識②飛行前作業③飛行場および場周経路における運航④地表付近における操作⑤各種離着陸ならびに着陸復行および離陸中止ほか。

事業用(飛行機・回転翼)資格の難易度

学科試験は、出題分野について勉強すれば特に難しくはありません。受験資格に、飛行経験や機長としての飛行経験も定められている通り、人の命を預かって安全な運航に努めなければならないため、実技試験の方が難易度が高くなっています。また、仕事の幅を広げるためには勉強し続けなければいけないといった難しさもあります。

事業用(飛行機・回転翼)資格の合格率

正式な合格率は発表されていませんが、概ね50%程度です。

事業用(飛行機・回転翼)試験の合格発表

実技試験合格者に文書で通知されます。

事業用(飛行機・回転翼)

事業用(飛行機・回転翼)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

事業用(飛行機・回転翼)所持者の職業例

エアラインの副操縦士、遊覧飛行・チャーターフライトなどレジャー関連の航空機パイロット、測量や農薬散布用航空機のパイロット、新聞社やテレビ局などの空撮用航空機パイロット、国土交通省や海上保安庁などの官庁の航空機パイロットなどの可能性があります。

事業用(飛行機・回転翼)に向いている人

機械類を取り扱う仕事なので、理数系科目が得意な人に向いていると言えます。また、自分自身だけでなく、他の人たちの命を預かって安全な飛行を行うため、強い責任感も必要となるでしょう。なお、年に一度、定期身体検査を受けることが義務付けられているため、日常的に健康な身体を維持できる人であることが重要です。

事業用(飛行機・回転翼)と同じ分野の他の資格

事業用操縦士(滑空機)、事業用操縦士(飛行船)、自家用操縦士、定期運送用操縦士、航空通信士、一等・二等航空士、航空機関士、一等・二等航空整備士、航空工場整備士、航空工場検査員など。

事業用(飛行機・回転翼)の年収・給料相場

ANAやJALなどの航空会社の航空機に機長として乗務するパイロットと比較すると、給料は低いと言われています。平均月収は約28万円前後でしょう。事業用操縦士の職種は幅広いため、この限りではありません。

事業用(飛行機・回転翼)の現状

測量や農薬散布などの産業、空撮や放送飛行などのメディア業界、遊覧飛行やチャーターフライトなどのレジャー業界など、現在は、各方面での働き口が幅広く、多方面からの需要があります。

事業用(飛行機・回転翼)の将来性

必要とされる分野が多岐にわたり、幅広い需要がある反面、事業用操縦士になるためのルートに変化が生じています。航空会社などでの自社養成については、費用がかかりすぎるので、自社養成での採用は減少傾向になりつつあります。この傾向は今後も継続するでしょう。そのため、養成施設において事業用操縦士の資格を取得してから就職するパターンが主流になっていくでしょう。

事業用(飛行機・回転翼)の独立について

独立を目指す人はほぼいないといえます。国土交通省や海上保安庁などの官庁や、産業・メディア・レジャー業界・航空会社などの民間の会社で雇用される人がほとんどでしょう。

事業用(飛行機・回転翼)資格を所有している主な著名人

ジョン・トラボルタ

コメントを残す

*

*