自家用(滑空機・飛行船)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-05-24

自家用操縦士は、滑空機 (グライダー) と飛行船の操縦を事業目的以外で行うための国家資格です。特に滑空機は日本でもスポーツとして広まってきています。そのため、趣味のために取得する需要が高い資格であると言えるでしょう。


自家用(滑空機・飛行船)は滑空機は16歳以上、飛行船は17歳以上です。の男女が目指せる、滑空機(グライダー)と飛行船の操縦を事業目的以外で行なえる国土交通省の行なう航空従事者の資格です。資格です。
自家用(滑空機・飛行船)資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
自家用(滑空機・飛行船)の資格は「国家資格」です。


資格広場は、自家用(滑空機・飛行船)になるには?自家用(滑空機・飛行船)なるためには?自家用(滑空機・飛行船)になりたいを応援しております。

自家用(滑空機・飛行船)になるために必要な知識・受験資格

自家用操縦士(滑空機、飛行船)では滑空機(グライダー)と飛行船の操縦を事業目的以外で行なえる資格です。学科試験が課されますので、航空工学や関連法規などについての知識も必要です。また、実技試験もありますから、しっかりとした実地の練習も必要とされます。

自家用(滑空機・飛行船)の資格は「国土交通省」が運営管理を行っております。

国土交通省とは:
国土の総合的かつ体系的な利用、開発及び保全、そのための社会資本の整合的な整備、交通政策の推進、気象業務の健全な発達並びに海上の安全及び治安の確保を図ること等を任務とする行政機関です。

自家用(滑空機・飛行船)

自家用(滑空機・飛行船)ってどんな仕事?(仕事内容など)

自家用操縦士(滑空機、飛行船)では、滑空機(グライダー)と飛行船の操縦を事業目的以外で行なえる国土交通省の実施する航空従事者の資格です。特に滑空機(グライダー)は日本でもスポーツとして広まっていて、趣味として資格を取得するという需要は他の航空従事者資格と比べて高いと言えます。航空従事者の資格の中では最も資格の獲得しやすい資格です。スカイスポーツなどを行う場合に必要な資格となっています。

自家用(滑空機・飛行船)資格取得の為の勉強法

学科試験と実技試験があります。過去問などをしっかり解いておくことが最も重要です。また、実地試験も課されますので、十分に練習しておく必要があるでしょう。

自家用(滑空機・飛行船)の専門学校や通信講座について

準備中です。

自家用(滑空機・飛行船)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

自家用(滑空機・飛行船)の資格試験料

次の通りとなっています。[動力滑空機]学科:5600円。実地:40100円。[上級滑空機]学科:5600円。実地:22800円。[飛行船]学科:5600円。実地:46400円。(登録免許税はそれぞれ各3000円)となっています。

自家用(滑空機・飛行船)試験・検定の年間試験回数

1年に3回、7月、11月、3月に実施されます。詳細については、官報にて公示されます。

自家用(滑空機・飛行船)試験科目等の内容

試験内容は次の通りとなっています。[動力滑空機][学科](1)航空工学(2)滑空飛行に関する気象(3)空中航法(4)航空通信概要(5)国内航空法規。[実地](1)運航に必要な知識(2)飛行前作業(3飛行場および場周経路における運航(4)各種離着陸ならびに着陸復行、ほか。[上級格滑空機][学科][動力]に同じ。[実地](1)~(3)は[動力]に同じ。(4)えい航による飛行、ほか。[飛行船][学科](1)航空工学(2)航空気象(3)空中航法(4)航空通信(5)航空法規(国内航空法規、国際航空法規概要)。[実地](1)~(4)は[動力]に同じ。(5)基本的な計器による飛行、ほか。

自家用(滑空機・飛行船)資格の難易度

航空従事者の資格の中では最も資格の獲得しやすい資格ですので、それほど難易度は高くはないと言えるでしょう。

自家用(滑空機・飛行船)資格の合格率

合格率は機体によって異なります。

自家用(滑空機・飛行船)試験の合格発表

試験終了後本人に通知されます。

自家用(滑空機・飛行船)

自家用(滑空機・飛行船)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

自家用(滑空機・飛行船)所持者の職業例

職業に就くための資格ではありません。ただし、自家用飛行船はプロの事業用操縦士・飛行船となる最初のステップとして取得する人が多いです。

自家用(滑空機・飛行船)に向いている人

特に滑空機(グライダー)は日本でもスポーツとして広まってきています。趣味としてスカイスポーツを楽しみたい人は取得すると良いでしょう。

自家用(滑空機・飛行船)と同じ分野の他の資格

定期運送用(飛行機・回転翼)、事業用(飛行機・回転翼)、事業用(滑空機・飛行船)、自家用(飛行機・回転翼)、航空機関士、航空整備士、航空工場整備士、航空工場検査員、運航管理者、航空管制官など。

自家用(滑空機・飛行船)の年収・給料相場

何らかの職業に直結する資格ではありません。給料アップにも直結することはあまりないでしょう。

自家用(滑空機・飛行船)の現状

特に滑空機(グライダー)は日本でもスポーツとして広まっており、趣味として資格を取得するという需要は他の航空従事者資格と比べて高いのが現状です。航空従事者の資格の中では最も資格の獲得しやすい資格でもあり、趣味として取得する人が多いと言えるでしょう。

自家用(滑空機・飛行船)の将来性

自家用操縦士(滑空機・飛行船)とは、グライダーや自家用飛行船を趣味として楽しみたい人のための資格です。今後もスカイスポーツはますます盛んになると思われますので、取得を目指す人も増えるでしょう。自家用飛行船は、プロの事業用操縦士・飛行船となる最初のステップとして取得する人が多い資格でもあります。

自家用(滑空機・飛行船)の独立について

職業に直結する資格ではないため、本資格の取得が独立につながることはないでしょう。

自家用(滑空機・飛行船)資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*