水先人資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-24

水先人は、船舶が安全に入港できるように水路を案内する仕事です。衝突などの事故が起きやすい危険な水域で重要な任務を果たします。水先人は、全国35の水先区で活躍しています。受験には、養成施設で課程を修了したり乗船経験があることが条件となります。


水先人は水先人資格は、そもそも受験資格を得る事自体に膨大な時間と業務経験を必要とし、3級であっても最短で20代前半でしか取得できません。の男女が目指せる、数十年間に渡って続けられる一生の仕事です。資格です。
水先人資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
水先人の資格は「国家資格」です。

資格広場は、水先人になるには?水先人なるためには?水先人になりたいを応援しております。

水先人になるために必要な知識・受験資格

水先人の受験資格を得るには1級水先人の場合は総トン数3000トン以上の船舶に船長として2年以上の乗船経験があり、さらに9ヶ月の1級水先人養成過程を修了する必要があります。あるいは2級水先人として2年以上の実務経験があり、登録先水先人養成施設で3ヶ月の1級水先人養成過程を修了する必要があります。膨大な時間と業務経験が必要です。単なる知識だけではなく、豊富な経験が非常に重視されているのです。

水先人の資格は「国土交通省」が運営管理を行っております。

国土交通省とは:
国土の総合的かつ体系的な利用、開発及び保全、そのための社会資本の整合的な整備、交通政策の推進、気象業務の健全な発達並びに海上の安全及び治安の確保を図ること等を任務とする行政機関です。

水先人

水先人ってどんな仕事?(仕事内容など)

水先人とは、多数の船舶が行き交う港や海峡、内海において、それらの環境に精通することが困難な外航船や内航船の船長を補助し、船舶を安全かつ効率的に導く専門家のことです。日本では職務を行う区域(水先区)毎に水先人免許(国家資格)が必要とされています。水先人の免許は、各水先区ごとに交付され、免許を受けた水先区のみでしか水先業務を行うことができません。免許は、一級から三級までの等級別の免許になっています。一級水先人は全国全ての水先区において業務を行っていますが、二級水先人及び三級水先人の場合は、東京湾、伊勢三河湾、大阪湾、内海及び関門の5つの水先区のみです。

水先人資格取得の為の勉強法

国家試験である水先人試験は、身体検査と学術試験に分かれています。身体検査は、学術試験の前に行われ、視力(矯正視力も可)、弁識力、聴力、疾病及び身体機能が検査されます。学術試験は、筆記試験及び口述試験(口頭試問及び海図描画)により実施されます。身体検査のためには、日頃から健康に留意した生活を送ることが重要です。また、学術試験では、気象や海象についての幅広い知識、操船知識、国際通信信号知識など幅広くかつ正確な知識が要求されます。日常の業務においても意識して、知識を身につけることを意識し、また過去の合格者の人たちに試験の様子などを具体的に教えてもらうなどすると効果的でしょう。

水先人の専門学校や通信講座について

準備中です。


水先人の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

水先人の資格試験料

一次試験(筆記試験)は、9700円、二次試験(口述試験)は、11900円となっています。

水先人試験・検定の年間試験回数

1年に1回実施されます。一次試験は5月中旬 – 6月上旬頃の2日間、東京都で行われます。二次試験は11月から翌年1月までの指定された日に地方運輸局所在地で行われます。

水先人試験科目等の内容

試験の内容は次の通りです。一次試験:身体検査。一次試験:筆記試験・海上事故予防法規・海上交通安全法・操船知識・気象知識・港湾知識。二次試験:口述試験・気象・海象知識・水深、距離、障害物、航路標識等の知識・操船知識・国際通信信号知識 (国際信号旗など)・条例、規則・英会話・一次試験範囲の応用問題です。

水先人資格の難易度

前項にも記したとおり、まず受験資格を得ることが相当難関だと言えるでしょう。

水先人資格の合格率

水先人の資格難易度・倍率・合格率など正式なデータはいっさい公表されていませんが、受験者数は例年約100人で80人前後が合格しています。ただ水先人の受験資格を得るには1級水先人の場合は総トン数3000トン以上の船舶に船長として2年以上の乗船経験があり、さらに9ヶ月の1級水先人養成過程を修了する必要があります。あるいは2級水先人として2年以上の実務経験があり、登録先水先人養成施設で3ヶ月の1級水先人養成過程を修了する必要があります。つまり水先人資格は誰でもなれるものではなく膨大な時間と業務経験が求められるのです。そのため、他の国家資格の倍率や合格率などとは違い、単純に資格難易度を図るのは難しいと言えるでしょう。

水先人試験の合格発表

合格発表は、試験日の約2週間後に行われます。


水先人

水先人資格取得後の就職先・年収・報酬相場

水先人所持者の職業例

水先人は直接には船舶の操縦はしませんが船長に対して航行のアドバイスをするのが仕事で、船長は船会社に雇われていますが水先人はそのほとんどが公務員・個人事業主となります。

水先人に向いている人

海は命の危険と常に隣り合わせです。そのため、どのような時でも冷静沈着に行動できる人が向いているでしょう。もちろん、海や船についての知識・経験を豊富に持っていることも絶対に必要です。

水先人と同じ分野の他の資格

海技士、海上特殊無線技士など。

水先人の年収・給料相場

水先人の免許は1級・2級・3級と3つの資格に分かれていて、1級水先人の場合は50代~60代のベテランが多く年収も1000万円以上で2000万円以上も稼ぐ水先人もおられます。水先人のなかには海運会社に勤務してする方もいますが、ほとんどの水先人が独立している個人事業主で、月に10~15日だけ働いて年収が1000万円を超える水先人もいます。

水先人の現状

水先人は水先法により、原則、水先人会への所属が求められますが、各水先人会には定員があり、資格を取得したとしても会員になれる(開業できる)という保証はありません。しかし、非常に高いスキルを求められる仕事であり、やりがいや面白さを強く感じることの職業です。また、年収についても十分なものが得られると言ってよいでしょう。

水先人の将来性

多数の船舶が行き交う港や海峡、内海において、それらの環境に精通することが困難な外航船や内航船の船長を補助し、船舶を安全かつ効率的に導く専門家あり、その需要がなくなることは基本的にありません。収入についても高いため、将来性も十分にあると言ってよいでしょう。

水先人の独立について

水先人はそのほとんどが公務員として勤務したり、個人事業主として独立しています。

水先人資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*