航空機関士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-05-30

航空機関士とは、航空機が安全に飛行を行えるように、航空機内で機体やエンジン、燃料などの点検管理を行う国家資格です。航空機の機器類の電子化が進むにつれ、航空機関士の仕事は激減しました。なので、この資格を取得後航空機関士として就職することは難しいですが、仕事の幅が広がるため、取得しておいて損はないでしょう。


航空機関士は18歳以上の幅広い年齢層の男女が目指せる、安全な航空を確保する専門家資格です。
航空機関士資格取得者は他にもフライトエンジニアと呼ばれております。
航空機関士の資格は「国家資格」です。


資格広場は、航空機関士になるには?航空機関士なるためには?航空機関士になりたいを応援しております。

航空機関士になるために必要な知識・受験資格

機体に関するあらゆる専門知識が必要となります。

航空機関士の資格は「国土交通省」が運営管理を行っております。

国土交通省とは:
国土交通省は日本の行政機関の一つです。その任務は国土交通省設置法第3条で定められており、国土の利用・開発・保全、社会資本の整備、交通政策の推進、気象業務、海上の安全・治安を確保をすることが定められています。

航空機関士

航空機関士ってどんな仕事?(仕事内容など)

航空機内で、飛行機の多数の景気を監視して、エンジンや機体、燃料系統などの状態を随時チェックし、安全な航空を確保します。

航空機関士資格取得の為の勉強法

現在調査中

航空機関士の専門学校や通信講座について

現在調査中

航空機関士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

航空機関士の資格試験料

受験料は、学科試験が5,600円、実地試験が52,300円となっています。

航空機関士試験・検定の年間試験回数

学科試験は毎年5月、7月、9月、11月、1月、3月の年に6回行われています。実地試験は学科合格通知日から2年以内の希望日となっています。

航空機関士試験科目等の内容

試験は、学科試験と実地試験に分かれています。学科試験では、航空力学並びに重心位置計算、機体知識、発動機知識、装備品知識、航法、航空気象、航空通信、航空法規が出題されます。実地試験では、機体・発動機・装備品の取り扱い・検査、発動機制御及び燃料計算、故障の際の措置が行われます。

航空機関士資格の難易度

合格率が非公開となっていますが、難易度は難しいと言われています。

航空機関士資格の合格率

合格率は非公開となっています。

航空機関士試験の合格発表

合格発表は、実地試験合格者に文書で通知されます。

航空機関士

航空機関士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

航空機関士所持者の職業例

航空会社の航空機関士求人に応募して入社することができます。

航空機関士に向いている人

1年以上航空機に関わる整備経験を積むと同時に、50時間以上にわたって航空機関士見習いとして実地経験を積んだ方に向いています。

航空機関士と同じ分野の他の資格

ボイラー整備士、観光バス運転手、海技士、自動車塗装工

航空機関士の年収・給料相場

20代の平均給料が21万円、30代の平均給料が30万円、40代の平均給料が37万円となっています。平均給与から算出すると、平均年収はだいたい256~592万円となると予測されます。

航空機関士の現状

航空機の機器類の電子化が進むにつれ、航空機関士の仕事は激減しました。日本では平成21年に、ボーイング747クラシックの引退をもって、航空機関士の乗務が必要な機体がなくなりました。そのため、日本においては事実上、航空機関士という職業はなくなりました。

航空機関士の将来性

かつて航空機関士だった方が航空会社をリストラされ、パイロットになったという例がありますが、現在では、航空機関士という仕事が事実上なくなったことから、航空機関士からパイロットになる人はいません。この資格を取得するよりも、パイロットになるための資格を取得する方が得でしょう。

航空機関士の独立について

航空機関士として働くことは難しいですが航空会社に勤めることとなるので、独立は難しいです。

航空機関士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*