航空工場検査員資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-07-24

公開日:2018-05-30

航空工場検査員とは、航空機の検査、確認、製造証明などの知識及び技能に関わる事務を担当するお仕事です。とても重大な使命を持った職業なので、責任感がある方に向いている資格だと言えます。


航空工場検査員は幅広い年齢層の男女が目指せる、検査の専門家資格です。
航空工場検査員資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。


資格広場は、航空工場検査員になるには?航空工場検査員なるためには?航空工場検査員になりたいを応援しております。

航空工場検査員になるために必要な知識・受験資格

航空機の製造、修理といった機体に関する知識が必要となります。

航空工場検査員の資格は「経済産業省」が運営管理を行っております。

経済産業省とは:
民間の経済活力の向上及び対外経済関係の円滑な発展を中心とする経済及び産業の発展を目的としています。

航空工場検査員

航空工場検査員ってどんな仕事?(仕事内容など)

検査の専門家として製造過程の最終チェックや飛行機を安全な状態に保てるように、修理補修工場での検査を行います。

航空工場検査員資格取得の為の勉強法

独学で受験を目指す場合は、「日本航空宇宙工業会」から過去問を購入して、まずは過去問を徹底的にこなし、理解できないところは、ネットや参考書を利用して勉強しましょう。試験対策用の参考書がほとんどないので、確立された勉強法は存在しないのかもしれません。

航空工場検査員の専門学校や通信講座について

現在調査中

航空工場検査員の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

航空工場検査員の資格試験料

受験料は8,000円となります。

航空工場検査員試験・検定の年間試験回数

毎年10月上旬の2日間のうち指定された日となります。

航空工場検査員試験科目等の内容

試験の種類は航空機、航空機用原動機、航空機用プロペラ、回転翼、降着装置、発電機、空気調和装置用機器、飛行指示制御装置、統合表示装置、航法用電子計算機、レーザージャイロ装置、回転翼航空機用トランスミッション、ガスタービン発動機制御装置の13種類あります。試験の内容は各科目によって異なります。その科目に関する事業及びその附属法令、科目に関する構造及び性能に関する理論が出題されます。

航空工場検査員資格の難易度

難易度は普通となっています。

航空工場検査員資格の合格率

合格率は各科目により、バラつきがあります。航空機30%、航空機用原動機23%、航空機用プロペラ58%、回転翼50%、降着装置15%、発電機46%、空気調和装置用機器46%、飛行指示制御装置48%、統合表示装置48%、航法用電子計算機52%、レーザージャイロ装置20%、回転翼航空機用トランスミッション14%、ガスタービン発動機制御装置15%となっています。

航空工場検査員試験の合格発表

合格発表は、試験日より約2か月後に官報にて公示されます。

航空工場検査員

航空工場検査員資格取得後の就職先・年収・報酬相場

航空工場検査員所持者の職業例

航空機整備系列会社に就職することができます。

航空工場検査員に向いている人

安全性が重視される仕事なので、責任感がある方に向いています。

航空工場検査員と同じ分野の他の資格

運転免許、航空従事者、海技士、船舶料理士、船舶乗組衛生管理者

航空工場検査員の年収・給料相場

平均年収が30代で500万円程度といわれています。ほかの職種に比べて専門知識を有する職業になるので、収入は高くなります。

航空工場検査員の現状

航空工場検査員は、とても重大な使命を持った仕事です。もし、ミスがあれば航空機操縦の問題に直結し、それは乗客・乗務員の命に関わる大事件を引き起こしかねません。その為、航空工場検査員は、航空機の不備、不具合を見逃さない高い専門知識と厳しい目、修理時には正確で繊細な仕事が求められます。

航空工場検査員の将来性

航空機産業は、裾野が広く、他産業への技術波及効果の高く、今後20年間で民間機市場が倍増すると予想されている成長産業となっています。

航空工場検査員の独立について

航空機整備系列会社に就職することになるので、独立は難しいのではないかと思われます。

航空工場検査員資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*