運航管理者資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-31

運航管理者とは、航空機のフライトプランを作成する国家資格です。ディスパッチャーと呼ばれます。航空運送事業において必要不可欠な存在となっています。必須ではありませんが、気象予報士の資格を持っていたり高い英語力を有していると、就職するうえで有利に働くことがあるかもしれません。


運航管理者は21歳以上の幅広い年齢層の男女が目指せる、地上から安全なフライトを支える資格です。
運航管理者資格取得者は他にもディスパッチャーと呼ばれております。
運航管理者の資格は「国家資格」です。

資格広場は、運航管理者になるには?運航管理者なるためには?運航管理者になりたいを応援しております。

運航管理者になるために必要な知識・受験資格

航空機や無線通信に関する知識、気象に関する知識が必要となります。

運航管理者の資格は「国土交通省」が運営管理を行っております。

国土交通省とは:
国土交通省は日本の行政機関の一つです。その任務は国土交通省設置法第3条で定められており、国土の利用・開発・保全、社会資本の整備、交通政策の推進、気象業務、海上の安全・治安を確保をすることが定められています。

運航管理者

運航管理者ってどんな仕事?(仕事内容など)

航空機がいかなる場合も安全に、スムーズに目的地まで飛べるように飛行プランを立てていきます。

運航管理者資格取得の為の勉強法

現在調査中

運航管理者の専門学校や通信講座について

現在調査中

運航管理者の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

運航管理者の資格試験料

受験料は、学科試験が5,600円、実地試験が49,300円となります。

運航管理者試験・検定の年間試験回数

毎年3月と7月もしくは8月の年に2回行われます。

運航管理者試験科目等の内容

試験は学科試験と実地試験に分かれています。学科試験は航空機、航空機の運航、航空保安施設、無線通信、航空気象、気象予報、天気図の解説、空中航法、法規が出題されます。実地試験は天気図の解説、航空機の航行の援助が行われます。

運航管理者資格の難易度

難易度は、難関だと言われています。

運航管理者資格の合格率

合格率は非公開となっています。

運航管理者試験の合格発表

合格発表は、実地試験合格者に文書で通知されます。

国家資格バナー

PR



運航管理者

運航管理者資格取得後の就職先・年収・報酬相場

運航管理者所持者の職業例

航空会社や運行管理を専門に行う虚空会社の関連会社に就職できます。

運航管理者に向いている人

誰かのために頑張れる方や、人に尽くすことに喜びを感じられる方に向いている方に向いています。そして、責任感が強く、冷静な方に向いています。

運航管理者と同じ分野の他の資格

海技士、航空管制官、航空従事者試験、潜水士

運航管理者の年収・給料相場

正社員の場合は月給をもらうことになりますが、大手航空会社では「総合職」といった括りでディスパッチャー候補生を採用しており、一人前になるまでは、特別に高い給料がもらえるわけではありません。例を挙げると、JALの業務企画職(地上職 事務職)では、初任給が222,000円(2016年度新卒採用の場合)となっています。なお、JAL全体での平均年収は689万円(38.9歳)となっています。一方、契約社員は時給制となっています。1,000円~1,100円程度からスタートすることが多いようですが、経験や勤続年数によって給料がアップすることが一般的です。また、夜勤をする場合は別途手当が支給されるほか、「運航管理者技能検定」などの国家資格を得ることで昇給したり、資格手当が支給されます。大手航空会社では、賞与の支給もあります。

運航管理者の現状

「地上のキャプテン」といわれるディスパッチャーは、安全なフライトを実現するために不可欠な存在です。気象や航空法、航空機の仕組みなど、航空に関するあらゆる情報に精通しているディスパッチャーは、専門知識を駆使してさまざまなデータを集め、フライトごとに安全運航のための計画を作っていきます。そして、フライト中にも最新の気象状況などをパイロットに伝え、フライトを地上からサポートします。つまり、ディスパッチャーは、そこに航空機がある限り必要とされる存在なのです。

運航管理者の将来性

近年は、格安航空会社(LCC)の参入や、国際線のフライトが増加傾向にあるため、全体としてディスパッチャーが活躍できる場面も増えているといえるでしょう。日系の大手航空会社以外に、外資系航空会社やローカルエアラインなどでもディスパッチャーは必要とされています。ただし、一人前のディスパッチャーとして認められるには、現場経験と国家資格が必要となります。未経験者がこの職業を目指す場合には、まず「航空会社に就職」したうえで、適性が認められて「運航管理部門に配属」される必要があるため、狭き門といえるかもしれません。

運航管理者の独立について

航空会社に勤務することとなるので、独立は難しいと言えます。

運航管理者資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*