海技士(航海)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-05-31

海技士(航海)とは、船の手入れや出入港時の諸作業などを行う国家資格です。主に甲板部で活躍します。


海技士(航海士)は幅広い年齢層の男女が目指せる、船舶の職員になるために必ず必要資格です。
海技士(航海士)資格取得者は他にも航海士と呼ばれております。
海技士(航海士)の資格は「国家資格」です。


資格広場は、海技士(航海士)になりたい方を応援しております。

海技士(航海士)になるために必要な知識・受験資格

全級、船舶に関する知識が必要となります。

海技士(航海士)の資格は「国土交通省」が運営管理を行っております。

国土交通省とは:
国土交通省は日本の行政機関の一つです。その任務は国土交通省設置法第3条で定められており、国土の利用・開発・保全、社会資本の整備、交通政策の推進、気象業務、海上の安全・治安を確保をすることが定められています。

海技士(航海士)

海技士(航海士)ってどんな仕事?(仕事内容など)

船舶の操縦、船員への指示管理、荷物の運搬、その他船舶運航に関わる総指揮などです。

海技士(航海士)資格取得の為の勉強法

過去問題を解くことが大切です。過去問さえ勉強していれば、筆記試験の8割は解くことができるそうです。過去問題集は「成山堂書店」と「海文堂書店」の2つが過去問を出版しています。どちらを購入するか迷いますが、どちらも購入するのが良いそうです。1つの問題集のみを利用した場合、見たことのない問題が出題されたそうなので、どちらも購入することがお勧めです。

海技士(航海士)の専門学校や通信講座について

現在調査中

海技士(航海士)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

海技士(航海士)の資格試験料

筆記試験の受験料は1・2級7,200円、3級5,400円、4・5級3,500円、6級2,400円となります。口述試験の受験料は、1・2級7,500円、3級5,500円、4・5級3,700円、6級3,000円となります。身体検査は全級870円です。

海技士(航海士)試験・検定の年間試験回数

毎年4月、7月、10月、2月の年に4回行われます。

海技士(航海士)試験科目等の内容

試験級は1級~6級となっています。試験は学科試験、口述試験、身体検査に分かれています。学科試験では、計測機器、動力、設備、構造等の船舶知識、気象知識、緊急時の知識が出題されます。口述試験は計測機器、動力、設備、構造等の船舶知識、気象知識、緊急時の知識と学科試験と同様です。身体検査は、視力、聴力、疾患の有無が行われます。

海技士(航海士)資格の難易度

難易度は、1・2級が普通、3.4級がやや易しい、5・6級が易しいとなっています。

海技士(航海士)資格の合格率

合格率は公表されていません。

海技士(航海士)試験の合格発表

合格発表は、試験先の運輸局にて掲示又は文書にて通知されます。

海技士(航海)

海技士(航海士)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

海技士(航海士)所持者の職業例

船舶関係の企業や水上保安庁などに就職することができます。

海技士(航海士)に向いている人

責任感がある方や、体力に自信がある方に向いています。

海技士(航海士)と同じ分野の他の資格

航空管制官、航空従事者試験、潜水士、航空整備士

海技士(航海士)の年収・給料相場

海技士・航海士の仕事は危険を伴う仕事なので、待遇が手厚く、高収入であるという強みがあります。日本人の平均年収を超える年収500万円以上の方も多く、船長レベルになれば年収1,000万円以上も狙えます。

海技士(航海士)の現状

日本の最近の経済傾向を見ると、海外からの輸入製品に対する需要は高まるばかりに思えます。それに従って、船で製品を運ぶことのできる海技士の需要もますます高まっていくでしょう。海技士の仕事は常に危険と隣り合わせなだけでなく、社会的な責任が重いとされています。海技士・航海士は国家資格でえすので、手にしていれば転職先も困ることは少なく、キャリアアップを目指す方もたくさんいます。身分が保証された安定した待遇のもとのびのびと働くことができます。

海技士(航海)の将来性

日本人のもつ忍耐強さや勤勉こそ、海技士・航海士が仕事に活かすことのできる利点なのです。たくさん雇用されている東南アジア系の海技士・航海士をひとつにまとめ、船内で統率取れた指揮を行えるのは、日本人海技士・航海士なのではないでしょうか。

海技士(航海士)の独立について

個人で起業することで、独立が可能となります。

海技士(航海士)資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*