航空特殊無線技士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-22

公開日:2018-06-04

航空特殊無線技士とは、国内限定の自家用機や農薬散布などの航空機の無線設備を操作する国家資格です。特殊無線技士の資格は、ほかの無線通信士等の下位資格となっています。その分、難易度が低く取りやすいのが特典とも言えます。

       

航空特殊無線技士は幅広い年齢層の男女が目指せる、保守管理資格です。
航空特殊無線技士資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
航空特殊無線技士の資格は「国家資格」です。

資格広場は、航空特殊無線技士になるには?航空特殊無線技士なるためには?航空特殊無線技士になりたいを応援しております。

航空特殊無線技士に必要な知識・受験資格

航空特殊無線技士

無線通信に関する知識が必要となります。

航空特殊無線技士の資格は「公益財団法人日本無線協会」が運営管理を行っております。

公益財団法人日本無線協会とは:
日本の電波利用の健全な発展に寄与することを目的としています。

航空特殊無線技士の仕事内容

計量や、農薬散布、報道用航空機などの無線機の操作を行います。

航空特殊無線技士資格の勉強法

現在調査中

航空特殊無線技士の専門学校・通信講座

現在調査中

航空特殊無線技士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

航空特殊無線技士の資格試験料

受験料は5,452円です。

航空特殊無線技士試験・検定の年間試験回数

毎年6月中旬、10月中旬、2月上旬の年に3回行われています。

航空特殊無線技士試験科目等の内容

試験は筆記試験と実技試験に分かれています。筆記試験では、無線工学・法規が出題されます。どちらも12問ずつあり、試験時間は1時間です。実技試験では、電気通信学が行われ、電話送話と電話受話が行われます。

航空特殊無線技士資格の難易度

難易度は、やや易しいと思われます。

航空特殊無線技士資格の合格率

合格率は、76.1%ほどといわれています。

航空特殊無線技士試験の合格発表

HPより確認できます。

航空特殊無線技士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

航空特殊無線技士

航空特殊無線技士所持者の職業例

総合無線通信士、海上特殊無線技士、陸上特殊無線技士

航空特殊無線技士に向いている人

無線で指示をしたい方に向いています。

航空特殊無線技士と同じ分野の他の資格

総合無線通信士、海上特殊無線技士、陸上特殊無線技士

航空特殊無線技士の年収・給料相場

平均年収は400~550万円程度になっているようです。

航空特殊無線技士の現状

電波を利用して通信の操作をするためには電波法に基づく無線従事者の免許が原則必要になりますので、航空特殊無線技士の無線資格も必要とされる資格となっています。

航空特殊無線技士の将来性

最近では電信会社などで携帯電話基地局などを設置する需要が増しており、保守管理の需要なども考えると将来性も確保されていると言えるでしょう。

航空特殊無線技士の独立について

無線技士は独立ではできないので、独立は難しいと言えるでしょう。

航空特殊無線技士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*