スポーツ記者になる方法を就職先と年収も併せて徹底解剖!

masman

by いっしー

更新日:2018-09-24

公開日:2018-09-24

記事を書く記者

スポーツ記者になるには記者としての能力はもちろんですが様々な能力が求められます。今回はスポーツ記者になる方法と必要な能力を紹介し、就職や年収についても解説していきたいと思います。


スポーツを愛する人にとってそのスポーツの素晴らしさを伝える事は何事にも変えがたい喜びです。
ですので、スポーツ好きが高じてスポーツ記者を目指す人は多いです。

様々な出版社が様々なジャンルのスポーツについての専門誌を出版する中、スポーツ記者の需要は高まってきています。

では、スポーツ記者になるにはどういう方法を取ればよいのでしょうか?
今回は、スポーツ記者になる方法と主な就職先や年収について解説します。

スポーツ記者の仕事内容

ペンを指す記者

スポーツ記者は、スポーツに関する事をテーマに記事や本を書く職業です。

スポーツに関係する出来事や大会の試合内容からアスリートへの取材やインタビュー等の原稿を書く事もありますし、自身が気になるスポーツの事項について調査・取材を行う事もあります。

基本的に出版社等に所属する事は無く、出来上がった原稿を採用してもらう事で「原稿料」という形で生計を立てています。

出版社から専属契約されて定期的に記事を書いたり、場合によっては出版社に企画を持ち込む事もあります。

ある程度の自由度はありますが、記事や本が採用されない限りは給料が発生しませんので、非常にシビアな仕事と言えます。

スポーツ記者に求められる能力

スポーツ記者になるには、どのような能力が求められるでしょうか?

まず、大前提として記者として文章を書く能力が求められます。

次に記事や本の題材とするスポーツの内容についてある程度の知識が必要です。

スポーツに関する知識については多くあれば多いだけ良いでしょう。

また、他人の記事を参考にしたり引用する場面もありますので、それを自分のフィルターを通して伝えやすくする為の読解力も重要です。

インタビューや取材をする中で選手や監督との関係を良好に保つ為のコミュニケーション能力も必要になります。

スポーツ記者に必要な資格

スポーツ記者になる方法として、資格は必要ありません。

スポーツ記者になる方法として必要なのは、文章を書く能力です。

ですが、スポーツ記者になる方法として有利に働く資格はあります。

例えば、グローバル化が進む現代社会では、海外スポーツについての原稿を書く事もあります。

英検などを取得していれば、そういった場合の取材や資料集めに重宝します。

コンピュータによる出版・印刷の知識を証明するDTP検定も取得する事で得られる知識は記者としてのあなたを助けるでしょう。

その他では漢検であったり、文章の校正を行う校正士の資格などがオススメです。

スポーツ記者になるには

サッカーの試合

スポーツ記者になる方法は沢山のルートがあります。

様々なジャンルの記事を書いてる内にスポーツを題材にするようになりそのままスポーツ記者になる方法もありますし、知人のツテで原稿を依頼されてそのまま専属記者になる方法もあります。

最近ではyoutubeでスポーツに関する動画を作成しているyoutuberが記事作成の依頼を受けてスポーツ記者になる方法もあるようです。

どういった経緯でスポーツ記者になったとしても、スポーツ記者になる方法として共通しているのは「スポーツ雑誌関係者との繋がり」です。

ですので、スポーツ記者になる方法として一番の近道はスポーツ雑誌関係者とのラインを持つ事です。

スポーツ記者になる近道

スポーツ記者はスポーツに関する記事や本を依頼され、それを継続して続ければスポーツ記者になれます。

ですので、スポーツ記者になる方法として重要なのは「スポーツに関する記事を依頼してくる人物」が必要不可欠なのです。

では、そのスポーツに関する記事を依頼してくる人物と接点を持つにはどうしたら良いでしょうか?

方法は2つあります。

1つは様々な記事を継続的に誰かから依頼されている状況であれば、そこからスポーツに関する記事を探す方法です。

依頼者に聞いてみる事も手段として有効ですし、スポーツが好きな事をアピールしていれば話が舞い込んで来る可能性があります。

もう1つは、スポーツ雑誌の関係者が現れそうな場所を生活の拠点とする事です。

スポーツチームのスタッフであったり、競技場のスタッフなどで働いていれば接点が生まれる可能性があります。

勿論、待っているだけでは接点は生まれませんので自分から攻めていく必要はあります。

どちらも難しいという事であれば、思い切ってスポーツ雑誌の編集部に原稿を持ち込むのも手です。

その持込が採用されるかどうかは別として、スポーツ雑誌の編集者とは接点を持つ事が出来ます。

スポーツ記者の就職について

前述しましたが、スポーツ記者はどこかの会社に就職するというケースは少ないです。

一般的にはフリーランスに近い形で活動しています。

大きな出版社や新聞社であれば、就職後にスポーツ関係の部署に配属されればスポーツ雑誌編集者として、スポーツに関する記事を書く事もあります。

上手く希望が通れば可能性が無いわけではありませんが、スポーツに関する記事は基本的にスポーツ記者が作成しますので編集側が記事を書く事は非常に稀なケースです。

スポーツ記者の年収について

スポーツ記者はどこかの会社に就職するわけではなく、出版社や新聞社側に原稿を提出し「原稿料」をもらう事で給料が発生します。

ですので、フリーランスで働くスポーツ記者には固定収入がありません。

したがってスポーツ記者の年収はその人によって様々です。

極端に言えばスポーツ記者としての年収が100万円程度の人もいれば500万、1000万を超える人もいます。

原稿料も雑誌や本の売り上げによって大きく左右されますので、多く書けば良いというわけではありません。


スポーツ記者になるにはまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はスポーツ記者になる方法と就職先や年収について解説しました。

スポーツ記者になるには必要な資格はなく、就職先も特に無くフリーランスで活動しているスポーツ記者が殆どです。

非常にシビアな世界ですし、実力が無ければそれで生活していくのは難しいです。

実際に兼業でスポーツ記者をしている人もいます。

そういった中でスポーツ記者として一人前に生活していくには記者としての能力や繋がりも重要ですが、1番重要な事は別にあります。

それは、そのスポーツに対しての情熱です。

これがなければ、いくらスポーツ記者になる方法を実践しても大成はしません。

「このスポーツが好きだ!」という情熱が相手に伝わるからこそ、相手の心を打つ文章を作る事が出来ます。

ですので、今回紹介したスポーツ記者になる方法も確かに重要ですが、その根底にあなたの情熱が一番必要である事を忘れないで下さい。

コメントを残す

*

*