眼鏡加工検査技師資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-26

公開日:2018-09-26

眼鏡加工検査技師

最適な眼鏡選びのためには、正確な視力測定やレンズ・フレームの選定等、様々な知識が必要とされます。そんな専門的な知識や技術の認定を証明する資格が、眼鏡認定士といえます。


眼鏡加工検査技師は高卒5年、短大卒3年、大卒で1年以上の実務経験者およびS級の認定眼鏡士が対象となります。の男女が目指せる、加工技術や販売といった眼鏡に携わる、目のプロとなるための資格です。
眼鏡加工検査技師資格取得者は他にも認定眼鏡士と呼ばれております。
眼鏡加工検査技師の資格は「資格」です。

資格広場は、眼鏡加工検査技師になるには?眼鏡加工検査技師なるためには?眼鏡加工検査技師になりたいを応援しております。

眼鏡加工検査技師になるために必要な知識・受験資格

SS級対策セミナーが開催されており、それぞれ学科や実技に関する内容になっており参加することが合格への近道といえます。眼鏡やレンズを作る上で必要な医学・光学知識が必要となります。加えて、眼鏡レンズの加工や測定といった技術を取得しましょう。

眼鏡加工検査技師の資格は「公益社団法人日本眼鏡技術者協会」が運営管理を行っております。

公益社団法人日本眼鏡技術者協会とは:
眼鏡に関する技術や知識を通して、社会貢献を目指す眼鏡技術者団体です。眼鏡関連で唯一、内閣総理大臣認定の公益社団法人となります。

眼鏡加工検査技師

眼鏡加工検査技師ってどんな仕事?(仕事内容など)

顧客に対し適切な視力測定や使用目的、ライフスタイルに合ったレンズ・フレームを選定します。フィッティングの調整やレンズレイアウト等の専門的かつ複雑な技術も必要とされます。近視・遠視・乱視・老眼など、眼鏡レンズは多数存在しており、確かな知識と技術力で眼鏡の提供を行います。

眼鏡加工検査技師資格取得の為の勉強法

SS級認定の知識全般の参考書として、日本眼鏡学会監修の「眼鏡学ハンドブック」があります。その他、視機能系「米国式21項目検査入門」「屈折異常とその矯正」、マネジメント系「やさしくわかるお店の数字」「マーケティングの教科書」、医学系「系統看護学講座解剖生理学人体の機能と生理1」「わかりやすい公衆衛生学」の各テキストを使用した勉強を行うと良いでしょう。SSS級認定向けとしては、「SSS級アウトライン例題集」が出版されています。

眼鏡加工検査技師の専門学校や通信講座について

全国に5校ある対象の専門学校(3年制)や2年制以上の通信制を修了必要があります。あるいは、眼鏡の実務経験を持っていれば、独学での勉強で試験の合格を目指す方法があります。

眼鏡加工検査技師の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

眼鏡加工検査技師の資格試験料

SS級認定試験の学科試験料は、5科目で10,000円です。だだし、再受験者の場合1科目あたり、2,000円となります。実技試験料は、15,000円・再受験は1科目3,000円です。

眼鏡加工検査技師試験・検定の年間試験回数

SS級認定試験は東京、名古屋、大阪、岡山の眼鏡学校で、年に1回、8月頃に開催されます。一次試験に関して、希望者が40名を超した場合は、その地域での開催が可能となっています。SSS級認定試験は、2018年度の開催はありません。

眼鏡加工検査技師試験科目等の内容

SS級の学科試験は、医学系・光学系・視機能系・加工調整系・マネジメント系の5科目より、3年制修了レベルから出題されます。実技試験では、加工調整・視力測定・フィッティングの3科目が行われます。

眼鏡加工検査技師資格の難易度

適切な眼鏡選びや、検査および調整といった専門的かつ高度な知識や技術が必要とされています。認定眼鏡士としてのサポートは選定のみならず、かけていて疲れない、目に負担がかからない、長期渡り使用可能といった様々な条件に適した眼鏡選びを求めらます。

眼鏡加工検査技師資格の合格率

現在調査中

眼鏡加工検査技師試験の合格発表

学科・実技ともに、10月中旬頃に科目ごとに合否の通知が行われます。不合格の場合、2年以内の再受験が可能になっています。


眼鏡加工検査技師

眼鏡加工検査技師資格取得後の就職先・年収・報酬相場

眼鏡加工検査技師所持者の職業例

眼鏡店、コンタクトレンズ処方のクリニック、眼科医院

眼鏡加工検査技師に向いている人

まずは、眼鏡が好きである事があげられます。インターネットやスマホの普及により、目を酷使することが増えてきた現代で、おしゃれだけでなく目について考えたい人向きといえます。すでに眼鏡店で働いている方でも、より高度な知識や技術を身につけるための勉強手段の1つとして、取得を目指したい人におすすめの資格です。

眼鏡加工検査技師と同じ分野の他の資格

フロアスタッフ検定、視能訓練士

眼鏡加工検査技師の年収・給料相場

眼鏡店、眼鏡に関する企業によっては店長への昇格にに有資格が条件とされる所もあります。大手眼鏡チェーン店や高級ブランド取扱い店になると650万以上の高収入も可能となっています。平均年収は、460万~570万程度となっており、実務経験によって年収や待遇に幅のある職業といえます。眼鏡店は、視力の悪い人向けにとどまらず、ファッションとしての面もあり年々増加傾向があり、資格を有することにより就職や転職に有利といえるでしょう。

眼鏡加工検査技師の現状

眼鏡を購入する人が安心できるネットワーク作りが求められており、資格取得者の数は年々増加傾向にあります。メーカーによる、新しいレンズが開発されており近年パソコンの普及に伴い、ドライアイ・疲れ目などの症状も増えてきています。そんな様々な症状に対応するため、認定資格の有効期間は3年間と定められていて、資格を維持するために教育受講が必要となっています。

眼鏡加工検査技師の将来性

高度な知識や技術が求められる認定眼鏡士の資格を有することで、眼鏡業界での需要は高く将来性があります。企業によっては、資格取得のための補助金等の制度を設けている所もあり、資格に対する期待度が高いといえます。眼鏡店は、視力の悪い人向けにとどまらず、ファッションとしてのニーズがあり年々増加しています。その為、資格を有することで就職や転職に有利といえるでしょう。

眼鏡加工検査技師の独立について

国家資格でないため、有資格者が必要とされる法律もなく未経験者でも眼鏡店の経営は可能となっています。しかし、認定眼鏡士は高度な知識や確かな技術の証明となっており、有資格者を要する店舗の方が顧客に選ばれやすい傾向があるといえます。そのため、資格の取得により独立も視野に入れた活動が可能と考えられています。

眼鏡加工検査技師資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*