バレリーナ資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-02-01

公開日:2018-09-26

バレリーナになるには、どのバレエ団に所属したいかを見極めることが大切です。日本ではまだまだ教育体制が整っておらず、出費も多いため、バレリーナとして独立して生計を立てるのは現状では厳しいでしょう。


バレリーナは年齢制限はないですが、体が資本の仕事でもある為、若く体力がないと続けて行くのは難しいでしょう。の男女可能ですが、女性の方が圧倒的に多くいます。が目指せる、現状バレリーナという職業においては、需要は極めて低く、その分オーディションにおいては倍率は高くなる傾向にあります。職業です。
バレリーナの職業は他にもバレエダンサー・プリマと呼ばれております。
バレリーナに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、バレリーナになるには?バレリーナになるためには?バレリーナになりたいを応援しております。

バレリーナ

バレリーナってどんな仕事?(仕事内容など)

バレリーナの仕事は、踊ることです。バレエの作品の中には世界観が存在し、振付家がその世界観を振付けしています。振付家は自分の作品の世界観を表現するために、多くの厳しい要求をしてきます。その要求に対し、世界観を余すところなく表現できるように踊ることが、バレリーナに求められる仕事です。その世界観を表現するためには、日々の基礎訓練を欠かさないことも大切ですし、またその美しい身体作りもバレリーナに求められているものと言えます。とはいえ、身体作りや基礎的な動きが出来るだけでは、求められた世界観を表現出来ません。作品の世界観を表現出来るだけの感性を身に着ける事も、バレリーナの仕事の内です。そのため、バレリーナは本を読み、絵画の鑑賞や音楽を聴いて感性を磨き、作品と振付家の求めるものを理解できるように努める事を怠らないようにすることが必要です。その他の仕事として、バレリーナは入団したバレエ団の公演のチケットを販売したり、そのバレエ団の経営するバレエ教室の講師として生徒を教える事も仕事の一部となる事もあります。

バレリーナになる為の勉強法

バレリーナとしてプロを目指すのであれば、一般的には小学生など幼少のころからバレエ学校やバレエ教室に通うことが求められます。とはいえ、日本ではまだまだバレエを体系的に教える教育体制が整っていないところが多く、集中力や筋力、理解力など多くを求められるバレリーナにとって、それらを磨くためにはしっかりと一貫した教育体制のあるところで学ぶ必要があります。目指すバレエ団がある場合、そのバレエ団の付属のバレエ学校や関連の教室に通うことが、プロをバレリーナになる近道であるとも言えます。幼少のころからバレエを習う必要がありますが、しっかりとした学校や教室を選ばないと、まだ体格や骨格がしっかり出来上がっていない上に無理に身体を動かしてしまい、靭帯を痛めてしまったり間違った動きの癖がついてしまったりして、その後のバレエ人生に影響を及ぼしかねません。しっかりと見極めて学校や教室に通うことが大切です。将来、海外でのバレリーナとしての活躍を望まれる場合、イギリスならRADメソッド、ロシアならワガノワメソッドというように、日本でそのメソッドを教えている学校をしっかり選択しましょう。留学することも視野に入れても良いですが、その先にあるバレエ団を見据えて経験を積んでいく事が求められます。

バレリーナになるための専門学校や通信講座について

準備中です。


バレリーナの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

バレリーナの学歴

現在調査中

バレリーナの勤務時間

現在調査中

バレリーナに必要なスキルや機材

現在調査中

バレリーナのやりがい

現在調査中

バレリーナ苦労、大変なこと

現在調査中

国家資格バナー

PR



バレリーナ

バレリーナの年収・将来性・独立について

バレリーナに向いている人

海外では国が資金を負担している為、バレエ教室の月謝もなく、必要な物品も支給され、プロとしてのバレリーナを一様に目指しています。対して日本では、月謝でお金を払い、必要な物品は自費で揃えなければなりません。そのような中で、自身の目指す思いを貫き通せる、強い意思を持った人が向いていると思われます。また、日々訓練が必要となりますので、努力を怠らない人がバレリーナを目指せる人であると言えます。

バレリーナと同じ分野の他の職業

男性バレエダンサーなどがいます。

バレリーナの年収・給料相場

バレリーナの給与は海外のバレエ団ではとても高く、主役クラスのバレリーナは年収も高額になります。しかし、日本国内ではまだまだ給与も定額制になっているところは少なく、多くは公演チケットの売り上げがなければ赤字になってしまう事もあるようです。また、日本国内のバレリーナは海外と違い、専属のトレーナーやマッサージ師などを自費で賄う必要があり、物品の供給もほとんどない為、出費が多くなります。その為、バレエ教室でレッスンを開き収入を得ているバレリーナも多くいます。

バレリーナの現状

日本国内ではバレリーナとして自立した生活が出来るようになるには、かなり難しいと言わざるを得ません。海外のような国立のバレエ学校もなく、トップクラスのバレリーナになるまでは、出費も覚悟でバレエを続ける必要が出てくるでしょう。

バレリーナの将来性

将来性があると言えるほど、日本には国立のバレエ学校がまだなく、教育制度も整っていません。その為、自身が目指したいものをしっかり見つめて、必要なバレエ団に入るよう進路を辿っていく必要があります。

バレリーナの独立について

日本ではバレリーナとして独立して生活するのはまだまだ厳しい環境であると言えます。

バレリーナの主な著名人

草刈民代、高田茜、吉田都などがいます。

コメントを残す

*

*