ジュエリーデザイナーになるには?求人や年収が少ないって本当?

masman

by いっしー

更新日:2018-11-01

公開日:2018-11-01

置かれた指輪

ジュエリーデザイナーは貴金属を扱う非常に華やかな職業です。宝飾デザイナーとも呼ばれるこの職業の実情はどうなっているのでしょうか?ジュエリーデザイナーになるにはどの様な能力が必要なのか?求人や年収も合わせて解説します。


いつの時代もデザイナーという仕事は人気のある職種です。

貴金属や宝飾をデザインする宝飾デザイナーやジュエリーデザイナーもその一つと言えます。

一見華やかな職業ですが、ジュエリーデザイナーの実情はどのようなものなのでしょうか?

今回はジュエリーデザイナーになるにはどの様な能力が必要なのか?ジュエリーデザイナーの求人や年収も合わせて解説していきます。

ジュエリーデザイナーとは?

指輪を見せる女性

ジュエリーデザイナーはその名の通り、貴金属や宝飾品をデザインする仕事です。

「ジュエリー」とは、宝石を利用した貴金属の装飾品を指します。

別の呼び方として、宝飾デザイナーや宝石デザイナーとも呼ばれる事もあります。

ジュエリーデザイナーは指輪やネックレス、ブレスレット等のデザインを行う事が主な仕事になります。

アクセサリーをデザインする場合もありますが、ジュエリーと同様に貴金属を利用する「ファインジュエリー」のデザインはもちろん、貴金属を利用しない「コスチュームジュエリー」のデザインも含みます。

コスチュームデザインを行うデザイナーはジュエリーデザイナーというより幅広い意味でアクセサリーデザイナーと呼ばれるのが一般的です。

ジュエリーデザイナーの仕事内容

ジュエリーデザイナーの働き方は2種類あります。

1つは大手のブティックや宝飾店で販売される貴金属や宝飾品をデザインする仕事と、もしくはどこかの会社に所属するという訳ではなく完全にフリーランスでジュエリーをデザインして自分で販売を行う仕事です。

その他ではアクセサリーの修理・修繕等も仕事内容に含まれます。

フリーランスで働けるようになるには個人的な技量が必要になりますから、いきなりフリーランスになるには相当な努力とジュエリーデザイナーとしての基礎作りが必要になります。

ですので、まずは働きながら技術が習得できる大手に就職して技術を磨き、その後独立するデザイナーが比較的多いです。

ジュエリーデザイナーに必要な能力

ジュエリーデザイナーになるにはデザイナーですので高い美術的センスが必要になります。

もちろんジュエリーに対する広い知識とセンスを実現する製図の能力も重要です。

特にフリーランスで働く場合には、相手の注文に合わせて受注制作が主になります。

そういった場合には相手の求めるイメージをスケッチに起こす理解力と洞察力、プレゼンテーションする提案力も要求されます。

自分で販売も行う場合はコミュニケーション能力も重要になるでしょう。

ジュエリーデザイナーへの道のり

ネックレスと花

ジュエリーデザイナーになるには、前述した通りいきなりフリーランスで働くのは困難です。

独立してアトリエを構えて営業出来る様になるには、先ず学校や企業で知識を習得する必要があります。

ジュエリーデザイナーになるには、まず芸術・美術系の大学やジュエリーデザインの専門学校、もしくはスクールなどで、芸術センス、宝石や貴金属の知識、デザイン技術、ジュエリー製作技術、マーケティングなどを学ぶ必要があります。

そういった大学や専門学校で基本的な知識を習得して卒業した後、ジュエリーメーカーやデザイン会社などに就職して、ジュエリーデザインの業務をこなしながら、ジュエリー業界の動向について勉強します。

ジュエリーに関する仕事にはジュエリーデザインから実際に制作するクラフト、作ったジュエリーの商品管理の3つがあり、大手の会社であればこの3つを分業で行うのが主流です。

ジュエリーデザインに関する仕事に就けなくともジュエリー業界の情勢や流行については勉強する事が出来ます。

特にクライアントや顧客の要望を聞ける販売職であればその後独立した時には有効なスキルになります。

ジュエリーデザイナーに必要な資格

ジュエリーデザイナーになるには必要な資格はありません。

貴金属や宝飾品を取り扱い、デザインする仕事に携わっていればジュエリーデザイナーや宝飾デザイナーと名乗っても問題ありません。

しかし、ジュエリーデザイナーとして活躍する為に取得しておいた方が良い資格はいくつかあります。

例えば技能資格になりますが「貴金属装身具製作技能士」は貴金属の加工や装身具の製作の技術を証明する資格ですので、非常に有用な資格です。

その他に宝石についての知識を深める意味や、フリーランスで働くようになれば仕入れから自分で行う事もありますので「宝石鑑定士」の資格を取得するのもオススメです。

フリーランスで生活出来るようになるには経営や営業に関するスキルも必要になりますので、少し畑違いにはなりますが、そういった資格を取る事も将来を考えれば重要です。

国家資格バナー

PR


ジュエリーデザイナーの求人と年収について

ジュエリーデザイナーは豪華な宝石を洗練されたデザインで飾る非常に華やかなイメージのある職種です。

デザイナーという仕事は人気がある仕事ですので求人倍率がどのくらいになるのかは気になります。

年収においてもTV等のメディアに登場するようなデザイナーは高収入であるように見えます。

実情はどうなのでしょうか?

ジュエリーデザイナーの求人

ジュエリーデザイナーの求人はジュエリーという高価な商品を取り扱う性質上、経済状況や景気の動向に左右されます。

実際、バブル期以降の市場規模は徐々に縮小傾向にあるとされ、日本経済や少子化の問題が劇的に改善されない限り、国内需要の現状維持も難しいと考えられます。

しかし「ジュエリーを所持したい」と考える顧客の存在がなくなるとも言えませんので、今後も一定数の求人があると考えられます。

ジュエリーデザイナーの年収

ジュエリーデザイナーとして生活出来る様になるには年収は重要です。

ジュエリーデザイナーの年収は企業に就職した場合とフリーランスで活躍する場合で大きく差が生まれます。

ジュエリーデザイナー全体での平均年収は400万円前後と言われています。

企業に就職したジュエリーデザイナーの年収が平均350万円程度と言われていますが、デザイナーと言えば実力主義の業界ですので実力に応じて年収もアップする事も期待できます。

フリーランスであればその実力主義に更に拍車が掛かる事になります。

フリーランスで人気が出れば年収1000万円も夢ではありません。

しかし、成功するのはそう簡単ではありません。
現実問題としては大多数のフリーランスは年収300万円程度であるとされています。


ジュエリーデザイナーまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はジュエリーデザイナーの仕事内容と求人や年収について解説しました。

ジュエリーデザイナーになるには国家資格等は必要ありませんが、専門の知識を得られる学校等で必要な知識を習得する必要があります。

フリーランスで成功して生活出来るようになるには、それこそ膨大な努力が必要になります。

この努力を続ける為にはジュエリーに対する「情熱」が何よりも重要になります。

是非情熱を忘れる事無く、一流のジュエリーデザイナーを目指して下さい。

コメントを残す

*

*