ユーチューバーの広告収入最高額は?初心者が目指す最初の収益は?

masman

by トミー

更新日:2019-05-02

公開日:2019-03-01

ユーチューバーの広告収入はどのくらいなのでしょうか?YouTubeの広告の仕組みや、再生数から予想する広告収入の最高額、これから始める初心者が目指すべき収益について解説します。

       

ユーチューバーになったらどれくらい稼げるのか、人気ユーチューバーの広告収入最高額はどれくらいなのか、気になる方も多いのではないでしょうか?

こちらの記事では、ユーチューバーとして収入を得たいと考えている方に向けて、広告収入の仕組み、初心者が目指すべき最初の収益はどれくらいなのかを詳しく解説します。

以前の記事(ユーチューバーになるには?)で、ユーチューバーには誰でもなれるとご紹介しましたが、それだけで生計を立てていくのはまた別の話です。

ユーチューバーの基本的な収入は、YouTubeの広告収入によって成り立っています。

ユーチューバーになるには?なる方法は?収入の仕組みや魅力をご紹介
ユーチューバーになるには?の疑問にお答えします!今、子供たちの将来の夢としても上位に入る職業ですが、大人だってこれからでも目指せます。なぜなら誰でもいつからでもなれるから。Youtuberをやる上での大変な苦労や、その魅力についても紹介します。

ユーチューバーの広告収入の仕組み

ユーチューバーの広告収入は?

まず、ユーチューバーの広告収入の仕組みについてわかりやすく解説します。

誰でも無料で見られるYouTubeで、なぜお金が発生するかわかりますか?

例えば、視聴が有料の動画配信サービスなどに出演するタレントなら、視聴者が支払っている料金から報酬が出ているというのはとても分かりやすいと思います。

しかし、無料で見られるYouTubeなどの場合は、視聴者から直接報酬をもらっているわけではありません。

YouTubeの場合は、広告を出しているスポンサー企業から報酬を得ているという形になります。

つまり、地上波放送のテレビ番組などと同じ仕組みというわけです。

この仕組みを理解した上で、続きを読んでください。

YouTubeから広告収入を得るまで

それでは、YouTubeから広告収入を得るまでの流れを解説します。

広告収入を得るまでの流れ
  1. YouTubeのパートナープログラムに登録

  2. Google Adsenseに登録し、YouTubeパートナープログラムと関連付ける

  3. 動画を投稿し、条件を満たしていれば動画に広告掲載の許可が出る

  4. 動画内で広告(CM)が再生されたり、広告がクリックされたりすることで収益が発生

以上が広告収入を得るまでの基本的な流れになります。

パートナープログラムに登録、Google Adsenseに登録まではだいたいの人ができると思います。

問題は、動画を投稿した後、収益化までのパートナープログラムの参加資格条件を満たしているかどうかです。

パートナープログラムの参加資格条件は、YouTubeパートナープログラムのポリシーに準拠している、パートナープログラムの利用可能な地域に居住しているなどもありますが、初心者にとってのハードルは

・1年以内の公開動画の総再生時間が4,000時間以上

・チャンネル登録者数が1,000人以上

この2点だと思います。このハードルを越えれば、ユーチューバーとして収入を得る目途が立つと言えるでしょう。

YouTubeの広告の種類

YouTubeに掲載される広告は、基本的にGoogleのAIによって選ばれ、視聴者にあった広告が表示されます。

例えば、スポーツ関連の動画を好んで見ている男性に対して、まつ毛エクステの広告を表示しても効果はないですよね。

そういった男性には、スポーツ情報誌や、スポーツのネット配信サービスなどの広告が表示されます。

そして、その広告(CM)が再生される、クリックされることにより収益が発生するわけです。

また、広告には以下の3種類があり、広告によって収益の発生する条件が変わります。

インストーム広告

YouTubeのインストーム広告

インストーム広告は、動画の再生前や、動画の途中でテレビCMのように挿入される広告です。

5秒後にスキップできるものや、スキップできずにCMを最後まで見ないと動画が再生されないものなどがあります。

インストーム広告の場合は、広告を最後まで視聴してもらうか、広告をクリックしてもらって、スポンサーサイトに移動してもらった場合に収益が発生します。

スキップされてしまうと収益は発生しません。

オーバーレイ広告

YouTubeにオーバーレイ広告

オーバーレイ広告を設定した場合、動画再生から10秒以上経過したときに、画面を覆うように広告が表示されます。

この広告が視聴者にクリックされた場合に収益が発生します。

×印をクリックされ、消されてしまうと1円にもなりません。

サイドバー広告

YouTubeのサイドバー広告

サイドバー広告は、動画の外側(右側)に表示される広告です。

この広告の場合も、クリックされた場合のみ収益が発生します。

動画の外側にあるので、上の二つに比べるとクリック率は非常に低くなるようです。

ユーチューバーの広告収入最高額は?

では、実際にユーチューバーの広告収入はどれくらいになるのでしょうか?

広告収入の最高額を、動画再生から勝手に予想してみます。

動画再生数から予想する広告収入最高額は!?

広告収入は、あくまで再生数から予想するしかできませんが、広告収入で最も収益を上げていると思われるヒカキン氏を例に挙げてみます。

ヒカキン氏は4つのYouTubeチャンネルを運営し、その再生数は1か月2億回以上です。

単純に、再生数1回あたりいくらの収益なのかということを予想することしかできませんが、ヒカキン氏はYouTube公式のおススメクリエイターに選ばれているので、広告収入は高めに設定されていると予想されます。

仮に1再生0.1円だったとして月収2000万円以上、年に2億4千万円以上となります。

ヒカキン氏の単価はもっと高いと予想し、年間の広告収入は7億円を超えると予想するサイトもありました。
(中には15億とか書いているサイトも……まぁ、あくまで推定ですから、とにかく莫大な金額を稼いでいるのは間違いないですね)

人気ユーチューバーが年収を暴露!?

人気ユーチューバーのラファエルさんが、自信の動画チャンネルでユーチューバーの年収について暴露していました。

この動画の中で、ラファエルさんは年収約4億、ヒカルさんは年収約5億と名言しています。

また、他の動画でラファエルさんは、広告収入だけで月収50万円ほどだと言っていたこともありました。

さらに、動画の中で言及されているのは、再生数だけでは一概に収入は言い切れないということです。

例えば、子供向けチャンネルは凄い再生数を稼いでいたとしても、視聴者のほとんどがお子様です。

当然、お子様に広告を出したところで、おぼっちゃまくんでもない限り、商品を購入する確率はかなり下がります。

なので、そういう子供向けチャンネルは広告収入が低いのではないか、と予想されています。

初心者が目指す最初の収益について

ユーチューバーは、広告収入だけでもかなりのお金を稼ぐことができるということがわかりましたが、初心者が人気ユーチューバーのように広告収入を得るのはかなり難しいです。

最後に、初心者が目指す最初の収益について解説します。

YouTubeの広告単価について

まずYouTubeの広告の単価についてです。

かつてはよく、動画再生数1回=0.1円と言われていました。

この数字はあくまで目安で、実際の単価は

  • 広告のクリック数
  • 広告の完全視聴数
  • 広告自体の単価

これらで決まります。

現在は、ユーチューバーの増加からか、広告の単価自体が下がっている傾向にあるらしく、これから始めるという初心者の場合、おおざっぱに計算して、1再生=0.03~0.06円くらいだと言われています。

1万回再生される動画1本で、300~600円くらいの計算です。かなり厳しいですね。

収益化まではかなりの時間が必要

ユーチューバーとして安定した広告収入を得られるようになるには、かなりの時間がかかると思ってください。

動画を何本か投稿しただけでは、なかなかチャンネル登録者数1000人のハードルが越えられません。

僕自身も、試しにゲーム実況動画をYouTubeにアップしたことがあります。

そこそこ見れる動画が作れて再生回数が1万回を超えても、チャンネル登録者数が100人にも届かず収益化はできませんでした。

なので、初心者はいきなり動画を収益化できるとは考えずに、コツコツと動画投稿を継続していく必要があると思います。

まずは面白い動画を作り続けて、チャンネル登録者数を増やすこと。収益化はそのあとに考えるべきです。

ユーチューバーの広告収入・収益化にのまとめ

これからユーチューバーを目指す方は、広告収入は1再生0.03~0.06円くらい、と考えていたほうがいいと思います。

そして、動画投稿を始めても、すぐには収益化できないことも覚えておいてください。

まずは、YouTubeに登録して、コツコツと再生数、チャンネル登録者数を増やすことを目指しましょう。

コメントを残す

*

*