鍵師になるにはどんな資格や道具が必要?学校に通う必要は?

masman

by Kota

更新日:2019-05-31

公開日:2019-05-31

鍵師

鍵師になるには必ずしも資格は必要ありませんが、鍵師を目指すなら「鍵師技能検定試験」を受けることをおすすめします。技術を習得すれば誰でも目指せる仕事ですので、興味のある方はぜひ資格の取得を考えてみてはいかがでしょうか。

       

鍵を紛失してしまった時や鍵を壊してしまったといった「鍵」に関連するトラブルを解決してくれる「鍵師」ですが、実際になるにはどうしたら良いのでしょうか?

今回は、鍵師になるには資格は必要なのかどうかや、仕事に必要な道具、知識や技術を習得するための学校などをご紹介していきます。

鍵師とは?

鍵師

鍵師」とは、鍵に関する専門知識を持った鍵のプロフェッショナルです。

主に鍵を紛失した、鍵が壊れてしまったといったトラブルを、その知識や技術をもとに解決するのが仕事になります。比較的珍しい仕事ではありますが、予期せぬ鍵のトラブルに対応できるので社会になくてはならない仕事です。

近年ではセキュリティの観点から鍵の仕組みが複雑になっているため、なるには鍵に関する知識をしっかりと身に着ける必要があります。

また、実際に鍵を開けたりすることが主な仕事であるため、仕事をするには知識に加えて技術も身につけなくてはなりません。

鍵師の仕事内容は?

基本的には鍵を紛失してしまった時に、鍵を解錠したり鍵を交換したりすることが主な仕事となります。鍵の解錠の他にも、鍵の複製など鍵に関する全般的なトラブルの対処も鍵師の仕事です。

対応するのはトラブルの多い家や車の鍵だけではありません。金庫やスーツケースなど、あらゆる鍵のトラブルの対処が仕事となります。

鍵によっても形状や仕組みが様々であるため、鍵に関する幅広い知識が必要となります。

鍵師になるには資格は必要?

高度な専門知識や技能が必要な鍵師ですが、なるには何か資格が必要なのでしょうか?

次は、鍵師に関する資格や、鍵師になるには資格が必要かどうかについてご紹介していきます。

鍵師になるために資格はいらない

鍵師に関連する資格は「鍵師技能検定試験」というものがありますが、鍵師になるには必ずしも取得する必要はありません

基本的に鍵師になるための条件は特に設定されていません。そのため、何らかの形で専門知識や技能が学べれば資格が無くても鍵師になることは可能です。

しかし、鍵師技能検定試験を取得することが全くの無駄というわけではありません。

この資格を持っていれば自分が鍵に関する専門知識を持っていることの証明となるため、鍵師として仕事をしていく上では持っておいた方が良いかもしれません。

鍵師になるための方法は?

鍵師

では、実際に鍵師を目指す場合にはどうしたら良いのでしょうか?鍵師になるには大きく分けると2つの方法が存在します。

一つは、鍵の専門店に就職し鍵師の方から技術を教えてもらいながら鍵師になるという方法です。

働きながら色々と学んでいくため大変ではありますが、現役の鍵師の方から直接教えてもらえるため経験を積みながら鍵師としての修行を積むことができるのが利点です。

もう一つの方法は鍵師になるための学校や講習に通うというものです。学校を利用して学ぶためお金と時間はかかりますが、基礎的な知識や技術をマスターした上で就職先を探すことができます。

鍵師の学校に通う必要はある?

鍵師関連の会社に直接就職して鍵師になることもできるため、必ず学校に通う必要はありません。

しかし、直接の就職を目指すよりも学校を卒業してからの方が就職できる可能性も高くなるため、時間とお金に余裕があるなら通っておいた方が良いかもしれません。

特に「鍵師養成7日間講習」は鍵師技能検定試験に準拠している講習ですので、鍵師技能検定試験の取得を目指しながら勉強することができるのでおすすめです。

鍵師になるために道具は必要?

鍵師として仕事をするには、もちろん解錠のための専門的な道具が必要になります。

解錠には一般的な工具類であるドライバーやドリルなどをはじめ、鍵開け専用のピッキングツールなど様々な道具が必要です。

しかし、業務や正当な理由がある場合を除き、ピッキングツールの所持は違法とされています。また、ドライバーなどピッキングツール以外の解錠道具を理由無しに携帯することも違法となってしまいます。

道具を揃えるのは学校で学んだり道具を揃えてからでも遅くは無いので、鍵師を目指しているからと言ってすぐに自分で道具を用意する必要はありません。

鍵師技能検定試験とは?

鍵師技能検定試験は鍵に関する専門知識を持っていることを認める資格です。

筆記試験だけでは無く実技試験もあるため、合格のためには知識と技術の両方の習得が必須となります。

「鍵師」を名乗れるのは鍵師技能検定試験合格者だけ

先ほど鍵師になるには資格はいらないとご説明しましたが、これに関しては少し注意が必要です。

資格が無くても鍵師としての仕事をすることはできますが、鍵師技能検定試験に合格しないと「鍵師」「カギ士」「錠前師」などの名前を名乗ることはできません

これは、鍵師技能検定試験が「鍵師」を登録商標としているためです。

日本鍵師協会の公式サイトには、

「鍵師」は当協会の登録商標です。日本鍵師協会の技能検定試験で認定される以外では、「鍵師」を標掲して錠前関連ビジネスを行うことは一切出来ません。また「錠前師」「カギ士」等の使用についても同様の扱いとなります。

と、記されています。

一般的に認知されている鍵師として、鍵に関する仕事をすること自体には資格はいりませんが、「鍵師」として名乗ってビジネスをするためには鍵師技能検定試験に合格しなくてはならないため注意してください。

出典:日本鍵師協会

鍵師資格の種類や内容

鍵師技能検定試験は一級鍵師資格二級鍵師資格の二つに分かれています。

二級鍵師資格は主に鍵師になるための一般的な技術や知識を有してしることを認める資格です。それに対して、一級鍵師の資格は鍵に対する高度な専門知識や特殊な鍵の取り付け、解錠技術をもっていることを証明する資格となっています。

また、一級資格の所有者の中でも特に高度な技術を持っている方にはマスター鍵師の資格が与えられることもあるそうです。

受験資格は18才以上で前科が無いことが条件です。基本的に誰でも受験することが可能です。

鍵師資格の難易度は?

難易度は特別難しいというわけではありません。

専門的な技術こそ必要なものの、しっかりと勉強しておけば合格は十分狙うことができます。

特に鍵師技術検定試験を行なっている日本鍵師協会は、試験に準拠した「鍵師養成7日間講習」という講習も行なっています。このような講習を利用すれば資格取得のための知識や技術を習得できるため、合格自体はそこまで難しくありません。

まとめ

鍵師」は鍵の専門家として鍵のトラブルに対処する仕事です。専門的な知識が求められますが、必ずしも資格を取得しないとなれない訳ではありません。

しかし、「鍵師」として名乗って仕事をするには鍵師技術検定試験という資格を取得する必要があります。この資格を取得すれば知識や技能を持っている証明にもなるため、鍵師を目指している方は取得をおすすめします。

専門知識は必要ですがしっかりと勉強すれば誰でもなることのできる仕事です。鍵師を目指すための学校や養成講座もありますので、鍵師に興味があるという方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

*