中卒で正社員になるのは無理?学歴に左右されないお仕事とは?

masman

by ari_na

更新日:2019-08-28

公開日:2019-08-27

中卒

就職するにあたり、高学歴の方がお給料や待遇が良い傾向にあります。しかし、様々な事情から”中卒”で働くことになった方は大勢いますし、正社員になれないということも決してありません。「学歴が中卒だから無理」だと諦めないでください!


現代において就職する際、可能な限り高学歴である方が望ましいといった風潮があります。しかし、実際は様々な事情により高校に進学できなかったり中退し、”中卒”が最終学歴だという人も大勢います。
ですが、中卒だからといって正社員として勤務できないのでしょうか?

中卒の学歴だけでは正社員になれないのか?いいえ、決して無理ではないと、この記事でご紹介させていただきます!


最終学歴が”中卒”であるということ

中学生

就職氷河期と言われている現代において、可能な限り高学歴である方が望ましいといった風潮があります。
とくに大学や大学院を卒業している場合はお給料や待遇などが良いことが多く、就ける職業の数も増えます。

ですが、様々な事情により学歴が”中卒”までという人が多いことも、実情として珍しいことではありません。

そのような場合は、どんな仕事が選ばれているのか学歴に関係ない職種はどのようなものがあるのかをご紹介します!

中卒は正社員で採用されづらいのか?

正直なところ、学歴が中卒までの場合、企業側が採用を渋ってしまうことはよくあります。
もちろん、本人の人柄や仕事への意欲などを重視して合否を判断してくれるところもありますが、主に次のような理由があります。

よくある理由として、中卒者は「勉強など、学ぶことに対して気持ちが薄いのではないか」という風に見てしまう企業もあります。

他にも「継続して努力をすることが苦手で、何でもすぐに投げ出すのではないか」、「問題が起これば、逃げてしまうのではないか」など、挙げればキリがありません。

真面目に働きたいと考えている中卒の方にとっては心外極まりないものですが、それほど中卒の学歴にマイナスイメージがあるということです。

事実、これまでは上記のような行動を取っていたという人もいることと思います。
しかし、このままではいけないと心を入れ替えて決意したからこそ、正社員として働こうと思ったはずです。

中卒の場合は正社員としての採用が少ないことも事実ですが、決してなれないわけではありません。

まずは中卒の方が多く就いている職種について見ていきましょう!

中卒者が正社員として働いている仕事は?

ウェイトレス

少々前のデータになりますが、平成25年度に『若年者雇用実態調査の概況』の統計が取られました。そこで中卒の正社員率の低さがとても顕著であることが発表されています。

学歴別に見てみると、中卒が40%以下、高卒が60%以下、大卒が80%以下という結果であり、大卒の人と比較するとその割合も半分以下です。
アルバイトなどの正社員以外の雇用形態で働いている人の方が多いと推測できますね。

それでは、中卒者の就職状況は、男女を分けるとどのような状態なのでしょうか。
男女ともに、次のような結果が出ています。

男性は「力を使う」仕事が多い

中卒の男性の場合、「とび職・大工」として働き始める人が多いです。とくに大工など建設の業界は深刻な人材不足に悩まされており、若い人材を求めています。
それこそ中学校を卒業してすぐさま働けば、技術の吸収も早く伸び代もあるので成長が期待できるでしょう。

逆に一人前になるまでは苦労することも多いですが、年齢を重ねるごとにスキルも給与面も変化があると思われます。

続いては「ドライバー」や、「飲食店のホールスタッフ」など、力を使う類の仕事が比較的多い傾向にあります。
飲食店を一例に挙げると、焼肉屋の裏方としてアルバイトをはじめた人が、2年後に正社員登録されたこともあります。

ドライバーは中学を卒業してすぐに就職できるわけではありませんが、こちらも運転免許があれば、あとは本人のやる気と根性の問題となってきます。

他にも営業職を選ぶ人もいるため、学歴よりも実力が重視される業界への就職が目立ちます。

中卒の人があまり就かないことが多い仕事としては、専門的な知識が必要なものが多いようです。
やはり学んだ時間が少ない分、難しい部分があるのかもしれません。

女性は「サービス業」の仕事が多い

中卒の女性の場合、こちらもあまり学歴が関係ない仕事に就くケースが多いです。

例えばおしゃれなどが好きな人は、素敵な洋服を販売している「アパレル関係」に勤めることもあります。
お客様に似合う洋服を勧めることは自分のセンスなので、学歴を問わず才能が発揮できる分野だと言えます。

他には「販売員」や、男性と同じように「飲食店のサービススタッフ」など、サービス業の仕事を選ぶ人が多い傾向にあります。

人前に出ない仕事の場合は、「工場」や「製造」などが選ばれています。
一口に工場や製造と言ってもいろいろあり、自動車や家電などの部品の組み立て、食品の加工や袋詰めなど多岐に渡ります。体力だけでなく手先の器用さが活かされる仕事もあるので、自分に向いている作業で実力を発揮できるでしょう。

ちなみに中卒で工場に勤務し、多めの年収を得ている人も大勢います。

男女どちらも、はじめはアルバイトなどからのスタートでも、働きぶりなどが評価されて正社員になれるケースは十分にあると言えます。
もちろんここに記した以外にも、学歴を問わず働けるところはたくさんあります。

正社員でやりたい仕事が中卒では無理だったら?

このように学歴など一切関係なく、正社員になれる仕事は多々あります。
ですが、就きたい仕事が”高卒”以上を条件としている場合、中卒の人は圧倒的に不利どころか、応募することすらできなくなってしまいます。

就職するのは無理だと諦める前に、次のような方法があります!

高校卒業資格取得プログラムを取る

これはいわゆる”高卒資格”と呼ばれるもので、「全日制」「定時制」「通信制」のいずれかの高等学校を卒業することによって与えられるものです。

高校進学を希望していたけれどできなかったという方、高校を中退した方、芸能界やスポーツ選手として活動している・または活動したい方、高校卒業資格が欲しい社会人やシニアの方、身体に障害のある方、留学の途中で帰国した方などにオススメの資格となっています。

単位を取得するために「数学」「科学」「英語」「社会」の4教科を学び、個人の能力や経験してきたことを人生でどのように活かしていくかに価値を置いた最新の教育システムとなっています。

コースは『一般生』と『英語特待生』の2つがあり、いずれ海外へ留学したいと考えている方などは『英語特待生』となることがオススメされています。

高校卒業資格を取得することで、就職や進学においても人生の中で選択肢が格段に増えることでしょう。
もちろん、中卒はまったく恥ずかしいことではないですし、無理をして資格を取る必要もありません。しかし、将来の可能性を広げるため、興味のある方は取得してみてはいかがでしょうか。

中卒と正社員についてのまとめ

家庭の事情などから、学歴が中卒だという方は多く存在します。正社員としての採用が少ないことは事実ですが、決して無理ということはありません。
「中卒だからなれない」と諦めず、中卒だからこそできる仕事を徹底的に探していきましょう。

ですが、「高卒以上」などが採用の条件としてあがっていた場合は、応募すること自体が無理になってしまいます。
しかし「高校卒業資格」を取得することで自分の可能性もグッと広がるので、興味がある方はぜひ取得してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

*