学歴コンプレックスを解消し、克服するには?就職での評価はどうなる

masman

by ari_na

更新日:2019-08-30

公開日:2019-08-30

悩み

自分の学歴を恥ずかしく感じてしまう”学歴コンプレックス”に陥っている人は大勢います。就職における評価も気になってしまいますし、十分な苦しみを経験してきたはずです。その学歴コンプレックスを解消し、克服するにはどうすれば良いのでしょうか?

       

世間では何かと高学歴がもてはやされる風潮がありますが、事情により低学歴だという人も数多くいますし、とくに就職の面接などでは肩身の狭い思いをしたという人もたくさんいるはずです。
自分の学歴を恥ずかしく感じてしまったり、劣等感に苛まれているならば”学歴コンプレックス”に陥っているかもしれません。

その学歴コンプレックスの苦しみを解消し、克服するにはどうすれば良いのか、就職の評価についても見ていきましょう!

学歴コンプレックスに陥っていませんか?

悩み

世間では、何かと高学歴の人がもてはやされる風潮があります。実際に高学歴の人は就ける職種も幅広いですし、難解な資格を取得していることもあるでしょう。
ですが、中には高学歴というだけでモテるなど、一体その人の何を見ているのかと疑問に感じるような場面も多々あります。

すべての人が自分の思いどおりに進学できることが最も望ましいですが、残念ならが経済的な事情で進学できなかったり、一生懸命に受験勉強をしたものの残念な結果となってしまった人などもいます。

皆さんは、自分の学歴を振り返った時にどう感じるでしょうか?とくに何も思わず、満足だという人は良いです。
しかし、自分の学歴を恥ずかしく感じてしまったり、誰かと比較して劣等感に苛まれてしまうという人は、もしかしたら”学歴コンプレックス”に陥っているのかもしれません。

学歴コンプレックスとは?

それでは、”学歴コンプレックス”とはどのようなことを指すのでしょうか?
メディアなどでもよく取り上げられるワードのため、耳にしたことがあるという人もいると思われます。

学歴コンプレックスは、ネット上では「学歴コンプ」などと略されており、自分の学歴に対して不満や劣等感を持っている状態のことを指す言葉です。

コンプレックスそのものは、人間誰しも一つはあることでしょう。
自分の顔のここが気に入らない、この体型が嫌だ、勉強ができないなど、ありとあらゆるコンプレックスがあり、学歴コンプレックスの人はそれが「学歴」に現れているということです。

できることなら、解消したい!

学歴コンプレックスは、抱えていると精神的にも肉体的にも辛いものです。
「自分の人生に学歴は関係ないよ!」とあっけらかんと過ごせるならばそれが良いですが、それができないから苦しんでいるのです。

ですが、解消できるものなら、すぐさま解消したいのではないでしょうか。

一体何が強い苦しみなのか?

もしもこの記事を読んでくださっている方が学歴コンプレックスを抱えている場合、最も根強い苦しみとは何でしょうか?

「希望している大学に入れなかった」「高校に進学したかったが、叶わなかった」「高校生活が続かず、中退したことを後悔している」「高学歴の人と明らかに収入に差がある」…など、挙げたらキリがありません。

ここでは学歴コンプレックスの解消法や、克服する方法などについてご紹介していきます。

自分の学歴コンプレックスを認め、他人の学歴も気にしない

花

まず、いきなりは難しいかもしれませんが、自分が学歴コンプレックスであることを認めることが大切です。

プライドが高いと厳しい面もあると思われますが、一度受け入れてしまえば、あとは時間が解決してくれるでしょう。

どんな学歴にも長所と短所がある

さらに、他の人の学歴についても気にしないことです。学歴コンプレックスの人は、自分が他人にどう評価されているのかが気になっていると思います。
自分が学歴で評価されたくないのであれば、他人のことも言うべきではないですよね。

どんな学歴にも長所と短所があるということを自覚することにより、モヤモヤした気持ちの解消へとつながっていくはずです。

思い切って進学してみる

中学校を卒業後、高校に進学しなかったり、進学しても途中で退学してしまうと最終学歴が”中卒”になります。それを後悔する人が非常に多いのです。
とくに就職の際に、中卒であることから評価されなかったり、一緒に働いている人たちとの差を感じたことにより学歴コンプレックスを抱くことがあります。

そのような思いを解消するには、思い切って進学してみるというのも手です。

高卒資格を取れば、大学へも進学できる

有名なのは『高卒認定』試験を取得することですが、こちらは高校を卒業したことにはならず、高校を卒業した人と同等の学力があるということを証明するための資格なので注意が必要です。

どうしても高校卒業の資格が欲しい場合、『高校卒業資格取得プログラム』を活用することをおすすめします。
こちらはアルバイトをしながら自分のペースで勉強することができ、スポーツや芸能活動に打ち込みたい人、定年退職したシニアの方や社会人まで、様々な人にピッタリです。

高卒資格を取得し、大学や専門学校に進学したという人も大勢います。
夢を追いかけるのに遅すぎるということはないので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
努力を積み重ねて進学することにより、学歴コンプレックスの解消や克服のきっかけにもなるはずです。

就職ではどう評価されるのか?

また、学歴コンプレックスに対して、低学歴であるデメリットよりも、自分が抱えているネガティブなイメージが強い不安となり、誇大妄想のようになっているのではないかと指摘する人もいます。
もしも自分の思い込みの方が強かったのだと分かったら、気持ちも多少楽になるのではないでしょうか。

さらに、就職の面でどのような評価を受けるのかと気にしてしまう方もいると思いますが、現在は就職希望者の学歴を一切気にしないという企業も出てきているようです。

働く中で大事なのは、「学歴」ではなく「実績」

社会人として働いた経験がある方はご存知だと思われますが、実際の労働では、学歴があってもしっかりと仕事ができなければ何の役にも立たないのです。
厳しい言い方だと感じるかもしれませんが、たとえ有名大学の出身者だったとしても、全く人の話を聞かないうえに仕事ができない人であれば、企業側は採用したことを後悔するでしょう。

それより、中卒や高卒での入社だったとしても、丁寧に仕事に取り組み、誰にでもしっかりと挨拶をして感謝の気持ちを忘れない人であれば、採用してよかったと大きく評価されるはずです。

そもそも、入社試験で学歴を物差しにするような風潮が学歴コンプレックスの人を悩ませる原因の一つとも言えるのです。
自分の長所や得意とすることを最大限にアピールし、そこを買ってくれるような企業に就職できると良いですね。

学歴コンプレックスと解消についてのまとめ

”学歴コンプレックス”による苦しみは、実際のところ本人にしか分からないものです。
同じように受験に失敗していたり、中卒だったとしても、本人が全く気にしていなかったり、気持ちを切り替えられるタイプであればそこまで引きずらないためです。

どうしても悩みが深くなりすぎると、そこから心身ともに苛まれてしまうので、早めの解消が必要になってきます。
自分と向き合って学歴コンプレックスがあることを認めても良いですし、どうしても行きたい学校があるならば、再び受験するという方法もあります。

行動に移したことが不安解消となるばかりか、自分への自信にもつながるかもしれません。
ただ、何をやってもモヤモヤした気持ちが解消できない場合は、病院を受診したりカウンセリングを受けるなど、適切な治療をすることも大切です。

一度きりの人生、悔いのないように存分にチャレンジしていきましょう!

コメントを残す

*

*