声優には資格が必要?「声優検定」を所持していると有利なのか検証

masman

by ari_na

更新日:2019-09-04

公開日:2019-09-04

声優

資格がなくてもなれる職業の一つに”声優”がありますが、実は「声優検定」という資格があるのです。この声優検定に合格して資格を所持することで、声優になるきっかけとなったり、オーディションなどで有利になるということはあるのでしょうか?

       

世の中には無数の職業が存在しますが、資格がないとなれないもの、資格がなくてもなれるもの、または資格があることでその職業にプラスに役立つものなど様々です。
では、人気急上昇中の”声優”の仕事はどうでしょうか?

声優そのものは資格がなくてもなれますが『声優検定』という資格が存在します。これを所持することで、オーディションなどで有利になるのか徹底検証しました!

声優検定とは

声優

”声優”という職業がブームとなってから長い時間が経ちますが、声優そのものは資格がなくてもなることができます。
むしろ、演技の世界で生きている以上、生まれ持っての才能を活かしたり滑舌などの訓練の方が多いので、「資格と言っても何を勉強するのか…?」と疑問に感じてしまう人もいるかもしれません。

ですが、実は声優の世界にも”声優検定”というものが存在するのです。

この資格を持っていることでどのようなことに活かせるのか、どのような試験なのかを見ていきましょう。

声優を目指している人を対象にした試験

声優検定を一言でまとめると、「声優を目指している人を対象にした試験」です。
声優検定は「日本声優検定協会」というところが開催している民間資格であり、声優のみならずアナウンサーやラジオのパーソナリティーを目指している人にもピッタリです。

声優の養成に長年にわたって携わってきた専門家が問題を作成しているため、声優を目指してしっかりと勉強している人にとっては、自分がどの程度の知識を持っているのかを知る良いチャンスだと言えるでしょう。

資格を取得すると履歴書にも記入することができます。
続いては、声優検定をレベル別に分け、試験の内容と資格を所持することで有利な点はあるのかをご紹介します!

声優検定3級の内容

声優検定は3級・2級・1級の3つの段階に分けられており、3級が初心者向け、2級と1級はそれなりのトレーニングを重ねて業界の知識がある人に向いています。

3級の試験では、自分の声を使って話すといった試験はなく、筆記試験のみとなっています。
試験を受けるには6,300円かかり、受験資格はないので誰でも受けることが可能です。

声優検定の3級に必要なテキストと問題集は日本声優検定協会から発行されており、全国の書店やインターネット通販サイトのAmazonでも購入できます。
たとえ受験しなくても、声優として必要な知識は学べるので購入して損はないでしょう。

独学でも合格が目指せる

声優検定の3級では、「声優関連業界の常識」として、アニメ・映画・ラジオ&テレビ放送・ゲーム業界の常識などが問われます。
「声優の技能の基礎知識」では発声・発音・滑舌・アクセントなどより専門的なことが出題されるので、養成所や専門学校などで習っている方はそれほど苦労しないと思われます。

さらに「日本語の常識」では、ことわざ・慣用句・熟語・敬語などが出題され、「インターネットの基礎知識」ではインターネットの歴史・ブログの基礎知識などが出題されます。
これは声優に関係なくとも、常識として知っていたり、興味のある分野だという方には難しくない内容だと言えます。

声優としての技能が高いかは証明できない

声優検定の3級に関しては難関とは言い難いので、独学だったとしても、しっかりと勉強して試験に挑めば合格できるレベルです。
そのため、この検定に詳しい業界のプロなどが履歴書などを見たら、声優としての技能が高いかどうかの判断材料にはならないと言えます。

3級は実技試験がないので、あくまでも役者としての知識がそれなりにあるという証明に過ぎないものでもあります。
3級に合格していてもオーディションなどで有利になる可能性は少ないかもしれませんが、ゼロとも言えないので油断せずにいきましょう。

声優検定2級の内容

シナリオ

声優検定の2級は、3級よりもより内容がパワーアップして難しい試験になっています。

費用は7,350円で、1次試験(筆記)と2時試験(オーディション形式)に分かれています。
3級の試験に合格しないと2級を受験することはできないので注意しましょう。

3級よりも内容がグッと難しくなっている

2級の1次試験では、「声優の仕事」として、ラジオ番組制作・アニメ制作の基礎や、「演技の基礎知識」として、肉体トレーニング・ストレッチ・エチュード・マイク前演技などについて問われます。

ちなみにこの筆記試験には最新の機器について出題されるなど、一見すると声優とは関係ないとも思われる内容も出てくる可能性があります。
常に新しいものや流行には興味を持っておくと良いと思われます。

続いての2次試験は、1次試験に合格しないと受けることができません。
2次試験は「オーディション形式」で、自己アピール・原稿読みなどを行い、発音・アクセント・滑舌などが問われます。

日頃から声優の養成所や専門学校などに通っている場合は、講師の指導のもとで徹底的に練習しておくと良いですね。

2級を所持しているとメリットが!

声優検定の2級を所持していると、声優養成所の特待生として推薦が受けられるなど有利な点があります。

また合格者の中でも成績優秀だった方は表彰が行われ、ラジオに出演できます。これをきっかけに、声優としての道が開けるかもしれません。
2級の合格を目指すことはもちろん、可能ならば良い成績を収めてラジオ出演のチャンスをゲットしましょう!

声優検定1級の内容

声優検定の1級に関しては情報がほとんどない状態ですが、合格すればかなりの実力があると言えます。

1級の費用は8,400円です。

1級所持者は仕事を紹介してもらえる

声優検定の1級を所持していると、声優検定講座の講師の資格が付与されます。
自分に知識や技術があるのみならず、教えるだけの力があるというのは凄いことです。

また、声優プロダクションへの推薦も行なってもらえる他、朗読やストレートナレーションなどの声の仕事の紹介があります。
声優として仕事をするにあたり、1級を取得しているということは有利なことがたくさんあるのです。

声優検定を所持しているから声優になれるということではありませんが、自分の実力を試すにはとても良い検定です。

声優の資格についてのまとめ

芸能系の仕事をするうえで、資格が必要なことはあまりありません。
所持しているから必ず声優になれるというわけではありませんが、声優やアナウンサー、ラジオのパーソナリティーを目指しているという方には”声優検定”がオススメです。

3級はしっかりと勉強すれば独学でも合格することが可能ですが、2級からは難易度が大幅に上がるため、可能ならば声優の専門学校や養成所に通ってある程度の期間は勉強した方が良いでしょう。

2級と1級は所持していると有利な面もあるため、自分の実力を試すためにもぜひ受験してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

*