資格の勉強で失敗したくない!学校選びなど後悔しないコツは?

masman

by ari_na

更新日:2019-10-02

公開日:2019-10-02

学校

資格の勉強をするにあたり、学校やスクールなどに通う人もいます。中には高額な費用がかかることもあるため、学校選びで後悔したり失敗したりしたくないですよね!そこで、後悔しないための学校選びのコツがあるのかなどを見ていきましょう!

       

”資格”を取得することはブームとなっており、難関の資格からユニークな資格まで様々なものがあります。
資格取得に向けて合格を目指すための学校やスクールもありますが、お金をかけて勉強する以上、決して後悔はしたくないですよね!

そこで資格を勉強するにあたり、失敗したと感じたり後悔しない学校選びについてご紹介します!

資格の勉強をはじめようと思ったら

学校

現在、資格を取得するために勉強している人がたくさんいらっしゃいます。
仕事に活かすためのものから、趣味の領域まで様々な数の資格があり、取得が難関な資格からユニークな資格まで幅広いです。

資格の勉強には、自分で学習する「独学」にはじまり、「学校」や「スクール」に通うものまであります。

どれが向いているかは自分の適正によりますが、もしも学校やスクールで勉強する場合は、できるだけ良いところに通いたいですよね。

下調べは入念に!

かかる金額は様々ですが、資格を取るために勉強し、さらに学校に通うとなるとそれなりの額が必要になってきます。

そうなると何が必要かというと、お金もさることながら、”学校の下調べ”がとても重要になってくるのです。

今回は、勉強する学校を選ぶ際に後悔しないコツなどについて見ていきましょう!

オープンキャンパスに積極的に参加する

まず大切なことは、気になる学校の「オープンキャンパスには積極的に参加する」ということです。

これは正直、その学校が気になっていてもそうでなくても良いです。
とにかく、一度その学校に自ら足を運び、学校がどのような建物なのか、在学中の生徒や先生がどのようなことを話し、どのような雰囲気なのかを知るためにはとても重要です。

社会人になってから自分のお金で学校に通う人はともかく、学生のうちは保護者と共にオープンキャンパスに行くことをオススメします。
それは、実際に次のような事例があるからです。

パンフレットと明らかに違う可能性があるため

ある資格を取得するために、10代の女の子が学校のパンフレットを見ていました。
そこには数十回建ての立派なビルが写し出され、「こんな素敵な校舎で勉強ができる」という文言付きだったそうです。

しかし、女の子が保護者とオープンキャンパスに参加した際、実際はそのビルの一室だけが学校であり、とても狭かったと言います。(このビルの何階にある、といった説明はパンフレットになし)
明らかに募集している人数では教室に入りきらないように思え、保護者が「全員、入りきるんですか?」と質問したところ、職員からは「3ヶ月もすれば次々と辞めていくので、それで皆が教室に収まるようになります」という衝撃的な答えが返ってきました。

もしもオープンキャンパスに参加せず、上手く写した写真だけを信用して入学を決めてしまっていたら、女の子はきっと後悔したことが目に見えて分かるようなエピソードだと言えます。

もしかしたらこの学校にも良い点はあるのかもしれませんが、たった3カ月足らずで次々と学生が辞めていくような学校の質が良いとは言えませんし、学生が資格を取ることを積極的に応援している空気だとは言い難いですよね。

学校選びに失敗しないためにも、オープンキャンパスへの参加はとても重要なのです。

卒業生や在校生に話を聞く

学習

次に大切なことは、その学校を「卒業した先輩や、在学中の先輩に話を聞く」ことです。

学生であれば、進路相談などで先輩が後輩のために受験の苦労話や学費などについて教えてくれる機会があると思われます。
実際に通っている人の話は貴重なので、気になることはまとめて質問しましょう。

デジタルハリウッドの評判はヤバい?社会人も学費さえ払えば通える?
デジタルハリウッド大学の社会人スクールに関して、実際に入学をした筆者が「学費」「就職」「評判」に関して他校との比較を混ぜながら体験を踏まえて紹介していきます!
【保存版】東京にある動画制作・動画編集スクールおすすめ5選
最近はスマホでも綺麗な映像が撮影でき、編集スキルとアイディアさえあれば誰もが動画制作者になれます。そんな中、動画制作スクールが多く開校されています。東京で通える人気校をまとめてみました。

プラスの面もマイナスの面も知ることができる

これはある意味、オープンキャンパスよりもためになる話がたくさん聞けると言えます。

オープンキャンパスの場合、先生や生徒は新たな学生を確保するために、学校の良い点しか言いません。
極端な例ですが、「うちの学校は◯◯や●●などの資格が取得でき、こんな勉強ができます。ただ、人間関係が最悪です」など、言うわけがないですよね(笑)。

ですが卒業生や在校生と一対一で話す場合は、「こことここは良い点だけど、こういう部分(マイナスな面)がある。自分も入学してから知った」という裏事情が聞けるチャンスです。

もしもそのマイナスな面を知ったうえで通いたいと思えば、そこは自分が決めた道なので良いでしょう。
ただ、そのマイナスな面に関しても自分一人で抱え込まず、保護者や周囲の人に一度相談して、意見を聞くなどしてみると良いですね。

口コミを見てみる

どうしても周囲に卒業生や在校生もおらず、オープンキャンパスも事情があって行けない場合、「口コミを見てみる」という方法もおすすめです。

今は「学校の名前 口コミ」と検索すれば、その学校に関する情報が続々と出てくる時代です。
もちろん、すべて鵜呑みにはできませんが、一つの意見として見てみると良いでしょう。

的を射ている場合がある

いくらその学校に関する口コミと言っても、顔の見えない誰かが匿名で書いている意見です。
中にはその学校に悪意を持って嘘の情報を書き込んでいる人がいる可能性もあるので、すべてを信じないことがコツです。

ただ、膨大な口コミの中で、何度も何度も同じ意見が出てくる場合は信憑性が高いこともあります。

例えば「◯◯の勉強を教えてくれる先生の授業は分かりやすい」という書き込みがいくつも出てきたり、「親身になって相談に乗ってくれた」「資格取得のために、こんな方法で勉強を教えてくれた」などプラスのことが多く書かれている場合は、安心できる点でしょう。

しかし、「通っても授業で何を言っているのか分からない」「学費の割に、授業に中身がない」など心配な書き込みが多い場合は、自分が入学しても同じ思いをする可能性があります。

あくまでも口コミは一つの意見として胸に留め、後悔・失敗しない学校選びの参考にしてみてください。

資格の勉強についてのまとめ

資格を勉強するにあたり、独学ではどうしても厳しい場合、学校やスクールに通って合格を目指すという方法を取る人もいることでしょう。
そこで大切なのが、失敗・後悔しない学校選びです。

オーソドックスな方法としては、「オープンキャンパスに通う」ことがおすすめです。
参加そのものにお金はかかりませんし、在校生や先生に気になる点をどんどん質問できるチャンスです。

また、その学校を卒業した先輩や在学中の先輩に話を聞くのも、オープンキャンパスでは知り得なかったマイナスな情報などを知るために大切です。

どうしてもオープンキャンパスに行けず、身近に話を聞ける先輩もいない場合は、インターネットなどで口コミを確認しましょう。
ただ、これは誰が書いているか分からないので、すべてを信用しない方が良いです。

「こういう意見もあるのか」くらいに留め、学校選びの参考にしてください。

皆さんが、自分に合った学校で楽しく勉強できますように!

コメントを残す

*

*