編物技能検定(毛糸・レース)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-05-24

編物技能検定は、毛糸・レース編みの技能・知識と指導能力を認定する検定試験で、この資格を取得することによってスクール講師や編物教室を独立開業などのプロフェッショナルな活動に有利となります。合格率が高いので、幅広い年代で受験可能で、実務未経験の人でも合格を目指すことが出来ます。アパレル業界や手芸業界で独立を目指したい人は取得して損はないです。


編物技能検定(毛糸・レース)は幅広い年齢層の女性が多いが目指せる、趣味、生活の充実・福祉への貢献ができる資格です。
編物技能検定(毛糸・レース)資格取得者は他にも編検と呼ばれております。
編物技能検定(毛糸・レース)の資格は「民間資格」です。


資格広場は、編物技能検定(毛糸・レース)になるには?編物技能検定(毛糸・レース)なるためには?編物技能検定(毛糸・レース)になりたいを応援しております。

目次

編物技能検定(毛糸・レース)になるために必要な知識・受験資格

どの階級に関してもJIS記号・用具の名前・被服の名称・色彩の基礎知識は必須です。上を目指すにつれて製図すするための知識として採寸・製図記号・略記号の理解や素材の理解、デザインに関する知識と難易度が高い知識が求められてきます。

編物技能検定(毛糸・レース)の資格は「公益財団法人日本編物検定協会」が運営管理を行っております。

公益財団法人日本編物検定協会とは:
毛糸編物技能検定試験、レース編物技能検定試験の運営をしています。

編物技能検定(毛糸・レース)

編物技能検定(毛糸・レース)ってどんな仕事?(仕事内容など)

編物技能検定は、毛糸・レース編みの技能・知識と指導能力を認定する検定試験で、この資格を取得することによってスクール講師や編物教室を独立開業などのプロフェッショナルな活動に有利となります。5級~1級まであり、5級4球は基礎知識がみにつけられている、3級は基礎知識の応用ができる、2級で指導者補佐ができる実力、1級で指導する実力があることが認められることになります。また、公的な資格として履歴書に書くことも可能です。しかし一級以外は社会的にあまり価値はないようです。

編物技能検定(毛糸・レース)資格取得の為の勉強法

検定としての難易度は低く、1級でなければ実務未経験でもすんなり合格可能です。日本編物検定協会の公式HPで受験用テキストが購入でき、各級ごとに販売されてるので、テキストを利用しての勉強が一番主流です。テキストには一般的な編物本には載っていない知識も記述されています。筆記試験のほかにも実技試験があるため、実技の練習はしっかりおこなわなければならないのです。一級に関してはデザインなども求められるので日ごろから実践しておくことが必要です。

編物技能検定(毛糸・レース)の専門学校や通信講座について

準備中です。

編物技能検定(毛糸・レース)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

編物技能検定(毛糸・レース)の資格試験料

毛糸検定かレース検定かによって変わってきます。毛糸検定5級2,100円(小・中・高校生・学生は1,100円)毛糸検定4級3,200円(小・中・高校生・学生は1,600円) 毛糸検定、レース検定3級4,200円(小・中・高校生・学生は3,200円) 毛糸検定、レース検定6,300円(小・中・高校生・学生は5,300円) 毛糸検定、レース検定1級9,500円

編物技能検定(毛糸・レース)試験・検定の年間試験回数

例年毎年1回、だいたいが9月中旬の第3日曜日に全国の会場で同時に実施されています。

編物技能検定(毛糸・レース)試験科目等の内容

学科については編物の歴史、被服生活の計画、着装の知識、デザイン・スタイル画、編機を使った編み方、編物・デザインに必要な用語知識などが出題されます。実技は変化のあるデザインの製図、体型に応じた製図補正を行います。実技試験に関しては、5級・4級は基礎知識、3級では知識の応用力、2級で指導者の補佐の能力、1級は、専門知識・技術及び指導力を問う問題が出題されます。

編物技能検定(毛糸・レース)資格の難易度

前途でも記述したが検定としての難易度は低く、実務未経験でも根気さえあれば容易に合格をめざすことができます。実技の試験に関しても、かなりゆるく判定が行われている傾向があります。

編物技能検定(毛糸・レース)資格の合格率

5級~4級においては合格率90%台と非常に高いです。3級になると80%、2級になると74%、1級においては61%と上になるにつれて低くはなるが、全体的に合格率は高めです。

編物技能検定(毛糸・レース)試験の合格発表

毎年10月末ごろに受験者あてに合格証が交付されます。

編物技能検定(毛糸・レース)

編物技能検定(毛糸・レース)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

編物技能検定(毛糸・レース)所持者の職業例

編物教室の独立開業、編物スクールの講師といったプロフェッショナルな職業を目指すことが出来ます。

編物技能検定(毛糸・レース)に向いている人

編物が好きな人、趣味を仕事にしたい人にはうってつけの資格です。また、アパレル関係や手芸関係で独立したいという人は持っていて損はないです。また飽きっぽくなく根気強く資格取得に努められる人が向いています。あとは、中年後や定年後の再就職・独立を目指したい人にも、編物さえできれば、体力もさほど使わず行うことが出来るので、向いている資格です。

編物技能検定(毛糸・レース)と同じ分野の他の資格

色彩検定や繊維製品品質管理士、テキスタイルアドバイザー、クロッシェカフェ技能認定証、洋裁技術検定

編物技能検定(毛糸・レース)の年収・給料相場

編物講師だと、働くスクールにもよって変わってくるが、普通のサラリーマンと変わらぬ年収くらいが平均的です。独立して開業したとしても、それで食べていけるだけの収入を確保するのが難しい分野でもあります。しかし開業して成功すればそれ以上の年収が見込まれる場合もあります。

編物技能検定(毛糸・レース)の現状

検定試験を実施する参入障壁は比較的低く、誰でも受けやすいが、世間的な認知度は低く、関係ある職種や編物好きの間での認知のみ高い状況です。また、1級以外はあまり価値がないとみられているので職に結び付けるには努力が必要です。検定ブームも過ぎ去り、検定を持っているだけではいかない部分もある今、もし確実に講師等を目指したいのであればヴォーグ学園などといったスクールに通って資格を取得したほうが確実ではあります。

編物技能検定(毛糸・レース)の将来性

編物自体がブームが去ってしまいニッチな市場となってきてしまっているが、福祉的な面での貢献も見込まれているので今後の高齢化社会での活躍は期待できなくもないです。特に定年退職後の職業には向いているので、今後そういった職業をめざしていく中高年の方には人気がでてくる資格となる可能性もなくはないでしょう。

編物技能検定(毛糸・レース)の独立について

資格を取り、独立してスクールを開業することは容易です。また、編物ができれば中年以降でも独立をめざすことができるので、体力を使わない仕事として、定年後の再就職・独立といった部分で目指すことが出来ます。しかし前途でも記述したが、この職だけで食べていくことは難しい部分もあるので、独立したからといって成功する人が多いわけではないです。

編物技能検定(毛糸・レース)資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*