アナウンサーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-05-31

アナウンサーはテレビやラジオ放送で,ニュースを報じたり,番組の司会や実況を伝えることを職とします。アナウンサーになるために必要な資格はありません。テレビ局やラジオ局に社員として勤務するか、人材派遣会社か芸能事務所に所属するか、一定期間局で活躍した人については独立してフリーで活動する人もいます。競技場・劇場・駅などの告知係のことをさす場合もあります。

       

アナウンサーは大学新卒(22歳)~退社(60歳程度)までが多いですが、それ以上の年齢で活躍するアナウンサーもいるそうです。の男女が目指せる、常に憧れの職業ランキング上位に位置する職業です。
アナウンサーの職業は他にもリポーター、アンカー、アンカーマンと呼ばれております。
アナウンサーに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、アナウンサーになるには?アナウンサーになるためには?アナウンサーになりたいを応援しております。

アナウンサー

アナウンサーの仕事内容

アナウンサーとは、世の中のさまざまな情報について「言葉」を使い、人々にわかりやすく伝える仕事ですが、「ただ原稿を読む」仕事ではありません。生放送や収録を行う場合もあれば、スポーツの試合会場で実況、イベントの司会、レポーターなどを務めることもあります。ベテランのアナウンサーになれば、視聴者に情報を伝えつつ、自ら番組を進行する「キャスター」として活躍することもあります。また、バラエティ番組などの司会を務める場合には、番組を滞りなく進めるための工夫が必要です。番組によっては、アナウンサーが番組の企画に関わったり、取材を行うこともあります。

アナウンサーになる為の勉強法

アナウンサーになるためには、専門学校に通うなどして発声技術などを身につける必要があります。キー局などでは基本的に四年制大学以上の学歴が必要ですが、局によっては短大卒でも試験を受けられることもあります。

アナウンサーになるための専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

アナウンサーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

アナウンサーの学歴

現在調査中

アナウンサーの勤務時間

現在調査中

アナウンサーに必要なスキルや機材

現在調査中

アナウンサーのやりがい

現在調査中

アナウンサー苦労、大変なこと

現在調査中

アナウンサー

アナウンサーの年収・将来性・独立について

アナウンサーに向いている人

不特定多数の人に見られる仕事であるため、人間としての魅力や個性も、重要な要素の一つだと言えます。タレント性も強い職業なので、要望の維持や体調管理、親しみやすさや愛されるキャラクターはとても大切であり、その重要性は実力を上回ることもあります。ただ原稿を読んでいるだけでは内容は頭に入ってきません。自分をしっかりと表現して、言葉に感情などを乗せることが大切です。

アナウンサーと同じ分野の他の職業

該当なし

アナウンサーの年収・給料相場

新卒入社時で、年収は500~700万円程度です。入社2年目以降に、レギュラー番組に年2~5本出演している場合は年収700~2000万円程度と言われます。40歳前後に放送局を退社しフリーアナウンサーになって年収2000万~1億円。視聴率が取れるベテランのフリーアナウンサーになると年収1億円以上の人もいます。

アナウンサーの現状

放送局の正社員・契約社員として所属するほか、芸能事務所・制作会社からの派遣社員もいます。多くの放送局では、アナウンサーは専門職とされるため、業務内容が大幅に異なる部署への異動になることはあまりありません。ただし、業務内容が近い報道記者への異動、国内外の拠点への異動、本人の強い希望がある場合は異動する場合もあります。キャリアを重ねて管理職もしくはベテランアナウンサーとなると、後輩の指導を行うほか、部内のアナウンサーのスケジュール管理などを行うため、番組出演がやや少なくなる傾向にあります。中にはフリーとして独立して活躍する人もいます。

アナウンサーの将来性

入社時は1000倍以上とも言われ、依然と人気の高い職業です。担当する番組によっては早朝や深夜、臨機応変な対応が求められるため、体力や体調の維持が求められます。また、限られた時間の中で正確な言葉をはっきりと伝える当意即妙さ、技術力を求めれます。公人として、普段から人に見られることも多い上に、バラエティー番組などではその人の人間性が表現される場合もあるため、番組の求心力を高める上でも、その人の魅力を磨く必要があります。非常に求められるスキルは多いですが、フリーとして活躍を続けて、生涯を通した仕事とすることも可能です。

アナウンサーの独立について

放送局から独立して、人材派遣会社や芸能事務所に所属して活動します。フリーアナウンサーは会社員ではないため社命がない代わりに、報酬は実力次第です。有能なフリーアナウンサーは局アナよりも高額の収入を得られるケースもあります、各種手当や福利厚生もなく、業務必需品は自分で揃える必要があります。一定期間は辞めた古巣の放送局以外は出ない向きが慣例となっていましたが、昨今は辞めた直後から他社の放送局に出る人もいます。

アナウンサーの主な著名人

安住紳一郎、堀尾正明

コメントを残す

*

*