俳優・女優になるには?

Tweet Tweet俳優・女優は10代20代の男女に人気の、様々な場所で活躍する職業です。 俳優・女優資格取得者は他には役者、映画俳優、舞台俳優、ドラマ俳優、映画女優、舞台女優、ドラマ女優という名称で呼ばれております。 […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優・女優は10代20代の男女に人気の、様々な場所で活躍する職業です。

俳優・女優資格取得者は他には役者、映画俳優、舞台俳優、ドラマ俳優、映画女優、舞台女優、ドラマ女優という名称で呼ばれております。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場では俳優・女優になるには?俳優・女優なるためには?俳優・女優になりたいを応援しております。

女優

俳優・女優ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

一口に俳優、女優と言っても、彼らには多くの活躍の場があります。それをコントロールすることによって、舞台に特化したり、ドラマに特化したりすることができます。大まかに分類して3種類あるので、それぞれを紹介します。1つ目が映画俳優(女優)です。映画俳優(女優)は、主に映画で与えられた役を演じます。映画は撮影期間がたいてい決まっています。撮影期間は1ヶ月強位と言われていますが、作品中に四季の描写があれば、もちろん1年以上期間が必要になります。次は舞台俳優(女優)です。舞台俳優(女優)は、舞台で演技をするのが仕事です。舞台は撮り直しが効かないので、映画俳優やドラマ女優に比べると演技中の緊張やプレッシャーはとてつもないのですが、成功したときの達成感ややりがいは大きいものになります。最後にドラマ俳優(女優)です。ドラマ俳優(女優)は、テレビなどで放送されるドラマに出演します。撮影期間は三ヶ月前後で、撮影の他にも、PRのためにバラエティに出演しなくてはいけないことも多々あります。あまりにも役柄のインパクトが強かったり、はまり役だったりすると、その役のイメージが女優について、次に演じる役に影響をおよぼすこともあるようです。

俳優・女優になるには

俳優、女優になるには街中でスカウトされたりオーディションに合格したりして、芸能プロダクションや養成所などに所属するのが一番の早道です。最初は給料も出ずに苦しい生活を送る事が多いのですが、大手のちゃんとした芸能プロダクションなどは、生活にかかる最低限の費用を支援してくれるところもあります。小さなプロダクションや養成所の場合は、学生生活やフリーター生活の2足のわらじを履きながら、演技について学ぶことになります。芸能プロダクションや養成所に所属すると、舞台やテレビの脇役の仕事の話や、オーディションの話が優先的に回ってきます。日頃の努力を、オーディションや脇役で発揮し、少しづつ認めてもらい、少しづつ大きな役をもらって仕事の幅を増やしていくことになります。

sponsored link

俳優・女優の職業例

俳優や女優として、劇団などで活躍していた人が、後年監督や脚本、演出家などになることも多くあります。テレビや映画で活動していた女優や俳優は、身体の動く間ずっと芸能活動を行っている人ももちろんいます。

俳優・女優に向いている人

俳優、女優に向いているのは「目立つことが好き」な人です。その他にも、自分が共演者やスタッフ、視聴者、観客からどのように見えているか「自分を客観的に分析する」事ができる事も重要です。自分に足りないものや、自分が他の人よりも優れているという武器になり得る部分を正しく理解して、それを補ったり生かしていくことは、芸能界で生き残る上で大事なことです。また、監督や演出家から求められていることを理解し、体現すること、そのための日頃からの努力や研究は当たり前ではありますが、とても重要な要素と言われています。

俳優・女優と同じ分野の他の職業

タレント、モデル、アイドル、お笑い芸人、歌手、声優、歌舞伎俳優

俳優・女優の給料・年収相場

女優や俳優の給与(ギャラ)ですが、映画、ドラマ、舞台のどれかによって異なります。映画ですが、主演俳優で300万円程もらえるようです。ドラマの場合は150万円ほど、それが10回分なのでかんたんに1000万円を超えますね。舞台の場合は1ステージ30万円程度です。人気の公演になると、その分ステージ数も増えるので、ギャラも増えます。新人や脇役の場合は、主演の半分から10分の1ギャラを貰えればいいほうです。舞台や映画の場合は、チケットノルマがある時もあり、売れなかったら自腹で買い取る事も少なくはありません。舞台稽古の期間はギャラがないというのも当たり前のようです。

俳優・女優の現状

俳優、女優になるのは難しいことではありません。小さな劇団で役を演じれば、既に俳優です。ですが、人気俳優になって、仕事をもらい続けていくというのはとても難しいものです。視聴者は常に新しい刺激を求めているので、ファンになって応援してもらえなければ、飽きられて忘れられるのが常です。売れるためにも相当の苦労が必要で、売れてからは更に努力しなくてはいけません。また、日本の芸能界は芸能人を酷使する傾向にあります。芸能人だけでなくスタッフももちろんですが、朝から晩まで作品を作り、まともに食事や睡眠をとることができない中で仕事を行っています。俳優の労働組合はあるのですが、組合員は少なく、アメリカなどに比べると労働環境は悲惨です。

俳優・女優の将来性

最近は、従来の映画、舞台、ドラマなど以外にも小さい映画館やYouTubeなどで自主制作映画を放映、公開するような小さな劇団が活発に活動しています。このような新しいメディアで活動する俳優、女優は今後更に増えるでしょう。昔はテレビに出るような俳優と比べると知名度も人気もあまりないようなことが多かったのですが、最近はファンなども映画俳優などに負けず劣らずの人気がある俳優、女優が増えています。彼らは芸能プロダクションや芸能事務所には所属せず、自分たちで運営している劇団に所属しているので、制作費を抜いた売上は自分に帰ってきます。自分で全てを管理するのは大変ですが、芸能事務所などに所属していては味わえない達成感を味わうことができるそうです。

俳優・女優の独立について

女優や俳優が、所属していた芸能プロダクションや芸能事務所を辞めて、自分自身で事務所を立ち上げることは珍しいことではありません。ギャラや事務所などの問題から独立して個人事務所を立ち上げる女優や俳優もいれば、節税対策のために所属はもとの芸能事務所のままで、個人事務所を立ち上げることもあるようです。前者はトラブルの種になりやすく、今後の芸能生活に支障が出ることが多いようで、干される(仕事の話が回ってこなくなる)ことも珍しくないので、進んで独立する俳優、女優は少ないようです。

コメントを残す

*

*