歌手・ミュージシャンになるには?

Tweet Tweet歌手・ミュージシャンは10代20代の男女に人気の、音楽で人を魅了する職業です。 歌手・ミュージシャンは他に「シンガー、アーティスト、ボーカリスト、アイドル、シンガーソングライター、演歌歌手、童謡歌手 […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歌手・ミュージシャンは10代20代の男女に人気の、音楽で人を魅了する職業です。

歌手・ミュージシャンは他に「シンガー、アーティスト、ボーカリスト、アイドル、シンガーソングライター、演歌歌手、童謡歌手」という名称で呼ばれております。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場では歌手・ミュージシャンになるには?歌手・ミュージシャンなるためには?歌手・ミュージシャンになりたいを応援しております。

singer

歌手・ミュージシャンってどんな仕事なの?(仕事内容など)

歌手とミュージシャンの仕事内容は、主に創作活動と演奏活動の2つに分けることが出来ます。歌手で創作活動と演奏活動の両方を行っている人はシンガー・ソングライターとも呼ばれます。歌手で主に既存の曲を歌うことをメインに活動している人は、単にシンガーとも呼ばれます。その歌手が主に歌う音楽のジャンルで、活動場所は異なってきます。ロックやポップスを歌う歌手はライブハウスやCD等の音源を出すことが仕事で目標ですが、ジャズやクラシックをメインに歌う歌手はまた異なった場所で仕事をします。ミュージシャンで、自分一人で創作活動と演奏活動を行っている人は、シンガー・ソングライターと同じ扱い、名称で呼ばれることもあります。バンドやユニットとして、ミュージシャン活動を行う人もいます。演奏活動をメインに活動しているしている人は、スタジオミュージシャンやサポートミュージシャンとして仕事のオファーを待っています。歌手もミュージシャンも、一般的には、レコード会社や事務所と契約して、そこから仕事を貰う人もいますし、自分の好きなように活動したいという理由から事務所やレコード会社に所属しないで活動している人もいます。

歌手・ミュージシャンになるためには?

以前は歌手やミュージシャンになるには、オーディションを受けるなどの王道のパターンがありました。ですが今は、スクールに通ったり、路上ライブやライブハウスでのライブを重ねて、実力をつけながらメジャーデビューを虎視眈々と狙っている歌手やミュージシャンが多くいます。また、それだけではなく、YouTubeやニコニコ動画といった動画投稿サイトで自分で制作した音楽が多くの観衆に支持され、メジャーデビューやCD発売のチャンスを掴んだ人もいます。また、平日の昼には定職につき、夜や土日に活動を行う人もいます。本気で歌手やミュージシャンになりたいと思ったら、1つの方法にこだわらず、様々な方法を試してチャンスを探すのもいいでしょう。

sponsored link

歌手・ミュージシャンの他の職業例

歌手やミュージシャンとしてデビューした後に、音楽プロデューサーや音楽講師として活躍する人もいます。また、バンドで楽器を弾いていた人は、歌手やミュージシャンのバックバンドとしてライブツアーやレコーディングに参加することもあります。

歌手・ミュージシャンに向いている人

歌手・ミュージシャンに向いている人が持っているであろう適性についてお話したいと思います。努力をいとわない、ひたむきな性格と言うのはとても重要です。歌手もミュージシャンも、ライブツアーやレコーディング、作詞作曲など様々な活動をします。忙しい中でお客さんや事務所やレコード会社の期待以上の音楽を提供するには並大抵の努力では足りません。また、音楽・歌が好きというのは大前提です。歌手・ミュージシャンになると食べる、寝るのと同じくらい音楽・歌に接します。自分の好きなように接することができればいいのですが、お客さんが居る限り適当な音楽を世に送り出すことはあってはいけません。自分の意見と、事務所やレコード会社からの意見が対立して、活動が停滞してしまうこともあります。そのようなつらい状況でも歯を食いしばって頑張るために、音楽・歌が好きと言うのは大きな原動力になります。

歌手・ミュージシャンと同じ分野の他の職業

ピアニスト、作曲家、作詞家、音楽プロデューサー、レコーディング・エンジニア、コンサートスタッフ、音楽家、指揮者、PAエンジニア、サウンドクリエイター、ボイストレーナー、編曲家、音響スタッフ

歌手・ミュージシャンの給料相場

歌手やミュージシャンの給料、年収ですが、一般的な職業と違って変わっています。給与制の事もあれば、歩合制、仕事によってそれが変わることもあります。自分で作詞作曲と言った創作活動を行った場合は、CDを音源をリリースしたときの取り分が大きくなります。また、売れていない時代は給料そのものが無いことが多いので、アルバイトなどをして生計を立てている人は多くいます。これは、以前は売れていたけれど今は低迷しているという現役の歌手・ミュージシャンにも当てはまります。

歌手・ミュージシャンの現状

現在はCDの販売枚数が世界中で落ち込んでいます。音楽をダウンロードして聴くという時代になり、多くの歌手・ミュージシャンが苦戦しています。CDが売れない時代でも、歌手・ミュージシャンがCDの売れ行きで評価されるのは変わっていません。ライブを精力的に行ったり、ネット上での生配信などで活路を探す歌手・ミュージシャンが多いです。

歌手・ミュージシャンの将来性

以前と違い今では、インディーズでの活動を選択し、それで成功する歌手やミュージシャンも増えています。最初からインディーズの場合もあれば、メジャーデビューした後にインディーズで活動しているアーティストも多くいます。選択肢が増えたことによって活動方針に迷う人もいると思いますが、自分がどのような歌手・ミュージシャンになりたいのかを考えれば、自ずと道は開けてくるのではないでしょうか。

歌手・ミュージシャンの独立について

歌手やミュージシャンが、特定の音楽事務所やレコード会社と契約を結ばずに音楽活動をすること(事務所から独立して活動する)は珍しいことではありません。インターネットが普及し従来のようにCDの販売枚数が奮わなくなってしまったいま、様々な活動方法があります。インディーズ(メジャーデビューしない)で自分の好きなように音楽活動を行って成功している人もいます。もちろん、メジャーでCDを売りながら個人事務所を設立して、成功している人もいます。以前は歌手やミュージシャンになりたいならこの道を通ったほうがいいという王道がありました。ですが今はその王道がありません。全ての方法が正解で、不正解にもなります。自分が音楽シーンでどのような存在になりたいのかを明確にして、音楽活動を行う必要があるでしょう。

コメントを残す

*

*