声優になるには?

Tweet Tweet声優は10代20代の男女に人気の、1つの声帯で何役もこなす職業です。 声優は他に「ナレーター、ボイスアクター、キャラクターボイス、CV」という名称で呼ばれております。 sponsored link […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

声優は10代20代の男女に人気の、1つの声帯で何役もこなす職業です。

声優は他に「ナレーター、ボイスアクター、キャラクターボイス、CV」という名称で呼ばれております。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場では声優になるには?声優なるためには?声優になりたいを応援しております。

seiyuu

声優ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

声優はよく知られているとおり、アニメーションや洋画の吹き替えが主な仕事でした。ですが今は、ゲームやラジオドラマ、ナレーション、様々なアナウンスを行うなど、たくさんの仕事があります。また、近年はライブやイベントなどで活躍するアイドルのような声優、「アイドル声優」が男女問わず現れて、圧倒的な人気を得ています。アイドル声優のグループが、HNKの紅白歌合戦に出場したこともあります。また、声優の仕事の他に、漫画家やアニメソング歌手として二足のわらじを履いている声優も多くいます。このように、以前のような小さな枠組みを超えて活動しているのが、現在の声優です。また、声優とナレーターは混同されがちですが、ナレーターは声優の仕事の一部として捕らえたほうが良いでしょう。アニメや洋画に声を吹き込む仕事は、特徴的な声を持つ人に回ってきやすいです。決して特徴的と言えなくても、声優としてのスキルが立派で、声が万人受けするようであれば、ニュースやドキュメンタリー番組の内容を伝えるナレーター向きといえるでしょう。

声優になるためには?

声優になるには様々なルートがありますが、一番オーソドックスなのは、声優養成所(専門学校やスクール)に所属してレッスンを受けます。養成所によっては年齢の上限を設けているところもあるので、年齢で弾かれることのないように注意しましょう。早いうちから声優を目指している人は高校卒業と同時に養成所などで声優に必要な知識を身に着けます。養成所を卒業したら必ず声優プロダクションに所属できるわけではありません。事務所に所属するためにオーディションを受けなければいけません。その所属オーディションに合格するには、最低限の知識とスキル(養成所で学ぶ程度のレベル)が必要とされますし、養成所を卒業したということは、一定の技術水準を満たしているという証拠にもなります。その後、事務所に所属した後も長い下積み時代が待っています。事務所に正所属となるまで何年もかかります。

sponsored link

声優の他の職業例

声優の仕事や活躍の場は、とても幅広いものになっています。代表的なアニメや映画の吹き替えだけでなく、ナレーションやゲームのキャラクターボイスを行うこともあります。また。ラジオのパーソナリティを行ったり、俳優や女優との二足のわらじで活動する声優もいます。また、声優として第一線で活躍していた人が、何かの折に声優を辞めて声優育成所の講師になることもあるようです。

声優に向いている人

声優に向いているのは、声優になって成功するという意思と感受性が強く、コミュニケーション能力が高い人といえるでしょう。声優は俳優や女優と違い、体を使って表現することはあまりありません。最近は舞台に立ったりアイドルのように歌とダンスを披露する声優も増えましたが、やはりそれは一部の人たちに過ぎません。まだまだ台本を片手にマイクに向かってアニメーションに声を吹き込む仕事が主です。声だけで視聴率を満足させるには、感受性や、声優として成功するんだという強い意志から来る向上心が必要です。また、アニメや番組はひとりで作成することはありません。チームで制作します。高いコミュニケーション能力が、素晴らしい作品を作り、次の仕事を呼び寄せます。

声優と同じ分野の他の職業

ナレーター、アナウンサー、ラジオパーソナリティ、アイドル

声優の給料相場

声優は事務所からの基本給はありません。歩合制というよりも個人事業主と同じような給与形態です。現在声優には「ランク制度」と言うものがあります。声優としてデビューして3年間は見習いとして扱われます。30分の番組1本で一万五千円で計算されます。3年立つと少しづつ上がっていきます。その後ベテランになるとフリーランクになり、ギャラの制限はなく仕事ごとに値段の交渉が行われます。ランク制度は薄給でも給料が保証されているように思えますが、実はランクが上がっていくほど声優の仕事の量が減っていきます。アニメやゲームの制作費が足りないので、できるだけ報酬の安い新人を起用しようとするのです。新人として駆け出しの頃だけでなく、ベテランになっても人気がなければ続けるのは難しい職業です。

声優の現状

声優の数が多すぎて、飽和状態と聞いたことはないでしょうか。大物俳優の大塚明夫さんが、「少ない数の椅子を常に多くの人間が奪い合っている状態だから、声優を目指すのは止めたほうがいい」と警告するように、声優の数に対して仕事の量が圧倒的に少ない状態です。その上給与の項目で述べたように、ランク制度などに縛られなくてはいけない運命でもあります。

声優の将来性

上記の声優業界の現状や給与制度を見ると、晴れて声優になれても薄給で苦労し、ベテランになっても仕事が回ってこない割に合わない業界という悪いイメージしかないかもしれません。ですが声優は、活躍の場が多くあります。ナレーターはもちろん、声優養成所の講師と言った本業に近い仕事もあれば、歌手活動やイベント出演でタレント声優として知名度や人気を作ることも出来ます。人気がある声優はDVDやグッズが売れるのでギャラが少し高くても起用されやすくなります。どんな状況でも、生き残っていくためには努力が必要です。

声優の独立について

声優として独立することは、よくあることです。特定の事務所などに所属しないで、自分で仕事を探して、仕事をもらう声優を、「フリーランスの声優」と呼ぶこともあります。フリーランスとして安定して仕事を行えるのは、知名度や人気と実力のある声優に限ります。エンターテイメント界は、実力や人気はもちろん、人との繋がり、いわゆるコネクションがとても重要です。コネクションは、事務所に所属しているのと同じように、実力や人気の一定水準を証明するものにもなります。声優を目指している人は、まずは事務所に所属して、フリーランスとして活動できるようなスキルを磨いていきましょう。

コメントを残す

*

*