スポーツ雑誌記者になるには?仕事内容や給料・やりがいを調べてみた

masman

by iwai

更新日:2019-04-27

公開日:2018-10-01

スポーツ雑誌記者になるにはどうすべきか?

スポーツ雑誌記者になるにはどうしたらいいのか?という事をはじめ、働き方による仕事内容や給料も合わせてご紹介いたします。また、やりがい、大変なことなどの生の声も調べてみました。

       

華やかなスポーツの世界やカリスマ性あるスポーツ選手のテクニック、素顔などを伝えるスポーツ雑誌記者という仕事に憧れている方も多いのではないでしょうか?

または文章を書く事が好きで、スポーツが好きだからスポーツ雑誌記者という仕事を目指しているという方もいるかもしれません。

しかし、現在読んでいるスポーツ雑誌を書く側に回る方法を知っている方は少ないはずです。

実際にどうしたらスポーツ雑誌記者になるにはどうしたらいいのか、また仕事内容や給料に関してご紹介いたします。

スポーツ雑誌記者とはどんな仕事?

スポーツ雑誌記者になるには

スポーツ雑誌記者とはその名の通り、スポーツ選手や試合を取材して記事を書く職業です。

特定のスポーツに特化して、試合や選手を追いかけて取材するスタイル、
または幅広くスポーツの世界の記事を書いていくスタイルなど、所属する職場やフリーランスかどうかによって異なります。

どちらにせよ、スポーツ雑誌記者になるにはスポーツの世界や選手に詳しい必要があります。

スポーツ雑誌記者になるには、取材をする際に社交性や積極性と新鮮な知識が必要になります。

スポーツ雑誌記者になる為の学校はあるの?

スポーツ雑誌記者になるには、特定の学校に行っていなければならないのかという事はありません。

そのため、スポーツ雑誌記者になる為の学校というものは存在しません。

しかしスポーツ雑誌記者になるにはいくつか方法があり、その選択によって通っておいた方が便利な学校は存在します。

スポーツ雑誌記者になるにはどうしたらいいのか、その道をいくつかご紹介いたします。

スポーツ雑誌を出版する出版社に就職する

プロのスポーツ雑誌記者になるには、スポーツ雑誌を出版する出版社に就職するのが早いといえます。

その場合、出版社の入社試験を受ける必要があるという事になります。

大卒以上、ある程度の大学のネームバリューを求める出版社も存在しますので大学へ進学する事をお勧めします。

加えてマスコミに強いぜミに入る、マスコミ関係の学部に入っておくと入社試験の際に有利に働く場合があります。

編集プロダクションへ就職する

編集プロダクションに入るには、特に大学のネームバリューも必要ない場合が多いといえます。

その中で活躍し好きな仕事を任せてもらうために、大学や専門学校、またマスコミ関係の講座に通う事をお勧めします。

特にこの学部がいいなどという事はありませんが、マスコミ関係のゼミや学部がお勧めです。

スポーツに詳しいフリーランスライターになる

フリーランスのスポーツ雑誌記者になるには、学歴など特に必要ではありません。

そのため、スポーツ雑誌記者になるには学校に行く事自体特に必要もないといえます。

ただ、スポーツ全般に詳しくなりたいという場合、スポーツ学部のある大学や専門学校に通っておくと知識と人脈などを得ることが出来ます。

スポーツ雑誌記者の仕事内容と給料は?

スポーツ雑誌記者の仕事内容は?

では実際にスポーツ雑誌記者として仕事をするにあたり、どんな仕事内容があり給料はいくらくらいになるのでしょうか?

リアルな声をご紹介いたします。

スポーツ雑誌記者の仕事内容は?

スポーツ雑誌記者の仕事内容は、サッカー、野球など特定のジャンルに密着して取材・原稿執筆を行う場合が多いようです。

まず、担当するスポーツの現在の状況を把握する必要があります。

また、選手へのインタビューや試合レポート、そのスポーツが上達するためのアドバイスなど、取り上げる話題は雑誌の特色によって異なります。

また、デザイナーをはじめとするスタッフとの打ち合わせや、編集会議に加えて、校正作業、外部ライター・フォトグラファーの手配、取材アポイントなど、仕事は多岐にわたります。

出典:スポーツ雑誌記者・編集者になるには

フリーの記者の場合は、記事を書く仕事だけになるので、他の作業がなくなります。

ですがその分、特色のある記事を書けなければなりません。

幅広く仕事をしたいのか、取材対象に向き合って濃い内容の記事を書いていきたいかにより仕事内容を選択しましょう。

スポーツ雑誌記者の給料は?

スポーツ雑誌記者の給料はいくらくらいになるのでしょうか?

こちらも、出版社に所属するのか編集プロダクションに所属するのか、フリーランスとして記事を書くのか仕事により異なります。

出版社に勤務の場合は、出版社の社員扱いのため年間で300万から400万円程度になります。

ボーナス、保険などの保障もありますので、安定して仕事をする事が出来ます。

編集プロダクションに入社した場合は、もっと低い給料となります。

入社する編集プロダクションにもよりますが、残業代がなかったり労働時間が異常に長かったり楽な仕事ではない割に見合った給料がもらえないケースが多いようです。

もちろん全部がそう言うわけではないようなので、きちんと調べ給料に見合った働き方、仕事が出来るプロダクションを選びましょう。

フリーランスで働く場合は、1ページいくらであったり1記事いくらという扱いになります。

ネームバリューがない場合、ほとんどお金にならない場合が多いですが特殊な記事を書ける人物や特殊な人脈があると単価が跳ね上がります。

給料もO円からかなりの金額になりますので、幅は広いといえるでしょう。

スポーツ雑誌記者になる為の方法は?

スポーツ雑誌記者になるには、方法は様々です。

先ほどご紹介した通り、出版社や編集プロダクションに入社するという方法はプロになるにはとても早い道のりです。

しかし、実際の所編集部にも様々な種類があります。

そのため希望の仕事内容が出来るかとい部分では時間がかかってしまうかもしれません。

他、フリーランスとして自分の価値を高めるためにブログでスポーツに特化した生地を書いていくという手段もあります。

その記事でアクセス数が稼げれば、スカウトを受けたり仕事の依頼を受けたりすることもあるようです。

文章を書く練習にもなるので、試してみるのもいいかもしれません。

スポーツ雑誌記者のやりがいや辛い事は?

スポーツ雑誌記者になるにはどうしたらいいのかをご紹介しましたが、スポーツ雑誌記者になったとき、やりがいや辛い事はなんでしょうか?

いくつかご紹介させていただきます。

スポーツ雑誌記者のやりがいは?

スポーツ雑誌記者のやりがいは、何より好きな仕事に携われるということです。

また、仕事内容によっては著名なスポーツ選手に密着取材なども出来るので、生のプレイを見たりなども可能です。

ほか、たくさんの人から話を聞けたり刺激的な仕事ができるのは記者ならでは出ないでしょうか?

スポーツ雑誌記者の辛い事は?

スポーツ雑誌記者は、仕事の内容によって勤務時間がまちまちであったり休みが不定期なので体力的に厳しいといえます。

また、フリーランスの場合だと取材費は自分持ちになる事も多く、資金の面でも大変になります。

スポーツ雑誌記者になるには?まとめ

スポーツ雑誌記者になるには、どうしたらいいのかご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

スポーツ雑誌記者にも様々な仕事の仕方があるようです。

自分に合う仕事内容でスポーツ雑誌記者になる方法を選びたいですね。

コメントを残す

*

*