審判になるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-09-26

様々なスポーツ競技において審判は必要不可欠な存在です。ルールを正しく理解する審判が存在することで、スポーツマンシップに則った競技が進行され、選手も守られ、観客もエキサイトするような試合になります。審判としてだけの収入で生計を立てられるのはごく一部ですが、それぞれの競技では、審判は大変重要な役割の職業となっています。


審判は年齢制限はありません。の男女が目指せる、ビデオ判定やハイテク機器での判定が増えてきていますが、審判自体の職業がなくなることは無いと思われます。職業です。
審判の職業は他にも競技によってはアンパイア・レフリー・レフェリーなどと呼ばれることがあります。と呼ばれております。
審判に「なるには」についてご紹介してまいります。


資格広場は、審判になるには?審判になるためには?審判になりたいを応援しております。

審判

審判ってどんな仕事?(仕事内容など)

ほとんどの競技においては審判員が存在し、開始と終了の合図を行い、競技中または競技前後にも審判員が判定を行っています。審判員がいないと、競技の規律がなく、既定の時間や期間でその競技の進行が出来なくなってしまいます。審判員はその競技の進行をスムーズに行う役目も担っています。審判は各競技において、そのルールに則って厳格に試合を進める役割でもあります。審判の判定がその競技の勝敗や選手に大きな影響をもたらす為、審判は全ての競技と選手に対して公平・公正でなくてはなりません。その為、競技において審判員はとても重要な役割を果たしており、審判無くしては開始出来ず進行もスムーズに出来ません。審判の役割は前述の事以外にもあります。各選手とコミュニケーションをとる事も大切な仕事です。選手に声をかけてフェアプレーを促したり、競技によってはイエローカードやレッドカードを出しますが、その前段階で注意を促し、次にカードを出しますよ、という状況を示唆します。このコミュニケーションによって選手はどこからが反則でどういうプレーでカードが出てしまうのかなどの判断基準を理解出来るようになります。このように選手とコミュニケーションを図り、選手にルールを守らせることも審判の役割でもあります。しかし試合を厳しくするだけでは、観客にとっては面白くないものとなってしまいます。選手にルールを守らせ、カードを多く出し過ぎないようにしつつクリーンな試合をコントロールし、白熱する試合、観客が見ていて興奮するようなゲームメイクをするのも審判員の重要な仕事です。

審判になる為の勉強法

審判員は競技によって、その道への進み方が異なる為、これといった勉強方法はありません。しかし、審判員になりたい競技種目があるのであれば、その種目の実技経験がある方が望ましいです。経験は必須ではありませんが、実際の選手としての経験があれば、ある程度競技のルールを知っていますし、どうすれば反則か、カードが出るのか、その競技におけるフェアプレーとは何か、審判がどのような動きをしていてどんな部分に目を向けているのかなどを体得出来るからです。また、柔道やボクシングなどスピードが速く、技の掛け合いになるような競技のの場合、そのスピードに目が慣れていて、適切な判定、判断が出来るようになっている必要があります。その為の経験や訓練は必要になります。審判員になるには、大きく分けて2種類方法があり、1つはその競技の協会主催の筆記試験や実技試験を受験して、その資格を得る方法があります。2つ目の方法は、その競技の団体から審判として採用される事です。資格を取得する1つ目の方法では、サッカーやバレーボールなどの競技のタイプのもので、サッカーでは4級審判員、3級審判員、2級審判員、1級審判員という形で資格のレベルを上げていきます。団体に採用される2つ目の方法では、プロ野球の審判などがあり、団体に採用され、研修や講習を受けた後に審判員として仕事をするようになります。最初はいわゆる2軍のような試合の審判員からスタートし、その後の経験や実績を評価されるようになると、1軍や大きな試合を任せられるようになって来ます。審判員になるに当たり、競技の種目によってはブックレットのようなものが販売している場合があり、そのブックレットに則って勉強する事も可能です。

審判になるための専門学校や通信講座について

準備中です。

審判の学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

審判の学歴

現在調査中

審判の勤務時間

現在調査中

審判に必要なスキルや機材

現在調査中

審判のやりがい

現在調査中

審判苦労、大変なこと

現在調査中

審判

審判の年収・将来性・独立について

審判に向いている人

その競技の経験者が向いている事は言うまでもありません。しかし経験者でなくても、その競技に目が肥えているのであれば、審判としての適性はあるかもしれません。また、公平な判断力を持っている人や、細部までチェックを出来る能力のある人は審判に向いていると言えるでしょう。

審判と同じ分野の他の職業

他競技の審判、実況、解説者などがいます。

審判の年収・給料相場

一般の審判員の給与は1日当たり数千円出る程度です。サッカーJ1の主審では年間30試合でも約360万円程度です。プロフェッショナルレフリーとなると契約金は1,000万円以上となるようですが、審判員の中でも狭き門となっています。プロ野球の審判においては、1軍の審判は750万円、2軍の審判は345万円程度が保証され、その上で実際に審判として出場すると手当てが別途支給される仕組みになっています。

審判の現状

審判として生計を立てられるのは、ごくわずかです。プロ野球の審判であれば、それだけで生計を立てて行く事は可能です。また、サッカーのプロフェッショナルレフェリーも同様に契約金額も高いですが、それ以外の競技の審判員はそれだけで生計を立てて行くのは難しいでしょう。一部以外は他に本業を持っており、その中で審判として活動している人がほとんどのようです。

審判の将来性

現在はビデオ判定の技術も進歩し、機器もハイテク機器を備える競技が増えてきていますが、正確に判定を行ったり試合をコントロールするという事は、なかなか機械では出来ないため、需要は増える事は期待できませんが、審判という職業は無くなることはないでしょう。

審判の独立について

審判員として独立して生計を立てられるのはプロ野球の審判とサッカーの一部の審判のみでしょう。

審判の主な著名人

角田 信朗、山本小鉄などが有名です。

コメントを残す

*

*