スポーツジャーナリストになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-09-26

スポーツジャーナリストはスポーツの記事を独自の知識や経験、取材を基に作成し、全世界に発信されるのでやりがいがあります。スポーツジャーナリストとして活動をしている有名人も多く、元スポーツ選手の人も引退後に活躍されたりしている仕事です。

       

スポーツジャーナリストは幅広い年齢層の男女が目指せる、スポーツの情報を独自の知識や経験などを駆使し執筆する職業です。
スポーツジャーナリストの職業は他にもスポーツジャーナリストと呼ばれております。
スポーツジャーナリストに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、スポーツジャーナリストになるには?スポーツジャーナリストになるためには?スポーツジャーナリストになりたいを応援しております。

スポーツジャーナリスト

スポーツジャーナリストの仕事内容

スポーツジャーナリストとは、スポーツの色々な情報を知識や独自の経験などを駆使して記事を作成します。作成した記事は新聞やインターネットで全世界へ掲載されます。スポーツジャーナリストとしてより質の高い記事を作成するには、テレビなどを通してではなく、実際に現地に向かい、現地の緊張感や躍動感を感じることで、より質の高い記事を作成できるようになります。また、団体競技であればチームへ、個人競技であれば、選手に競技前と後に取材することでよりよい記事にすることができます。

スポーツジャーナリストになる為の勉強法

スポーツジャーナリストになるには、3つの方法があり、1つ目は、高等学校卒業後に出版社や新聞社、出版関連プロダクションなどへ入社しスポーツジャーナリストとなる方法。2つ目は、高等学校卒業後に大学や短期大学、専門学校などで文学や報道専門コースで一定期間勉強し、出版社や新聞社、出版関連プロダクションなどへ入社しスポーツジャーナリストとなる方法。3つ目は、プロのスポーツ選手として活躍し、現役引退後に自身の経験などを基に出版社や新聞社、出版関連プロダクションなどと契約しスポーツジャーナリストになる方法です。3つの方法で共通して言えることは、幅広いスポーツの知識と記事を作成するための国語力が必要なので、スポーツに対して知識のない方は、まず、テレビを通してスポーツ観戦をするなど、ルールを知ること、国語力がないと思われる方は、読書などで国語力を身に着けることが必要です。

スポーツジャーナリストになるための専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

スポーツジャーナリストの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

スポーツジャーナリストの学歴

現在調査中

スポーツジャーナリストの勤務時間

現在調査中

スポーツジャーナリストに必要なスキルや機材

現在調査中

スポーツジャーナリストのやりがい

現在調査中

スポーツジャーナリスト苦労、大変なこと

現在調査中

スポーツジャーナリスト

スポーツジャーナリストの年収・将来性・独立について

スポーツジャーナリストに向いている人

スポーツジャーナリストはスポーツに関する記事を作成しますので、スポーツが好きな人に向いています。また、この仕事は記事を作成しますので、スポーツは特に好きではないが、執筆をすることが好きな人にも向いています。自身が作成した記事をインターネットや新聞などを通して世界中の人に見てもらえ、やりがいを非常に感じることができますので、仕事にやりがいを求めている人も向いています。自身が何らかのスポーツをしていてその経験を違う形で伝えていきたい人にも向いています。

スポーツジャーナリストと同じ分野の他の職業

該当なし

スポーツジャーナリストの年収・給料相場

スポーツジャーナリストの給料については、大学卒業した人の初任給の相場が20~27万円でありボーナスが年間2~4回のほかに住宅補助や残業手当などが支給されます。記者の平均年齢は約40歳、平均勤続年数は約14年で、その場合の平均月収約54万円になり、年2回のボーナスを加味すると年収は約1,000万円にもなります。また、有名で人気者のスポーツジャーナリストになると、記事の作成の他にテレビなどのメディアなどへの露出もありそれ以上の給料を手に入れることが可能です。

スポーツジャーナリストの現状

最近スポーツ業界は、オリンピックやテレビなどの普及により大変盛り上がっています。また、最近では若手のスポーツ選手が海外へ行き活躍するなど、若手の台頭が顕著になっています。このため、スポーツ業界が盛り上がるほどそれを伝えるスポーツジャーナリストの需要が高くなってきています。

スポーツジャーナリストの将来性

スポーツジャーナリストは現在スポーツ業界が盛り上がっているため良いですが、この業界はスポーツの盛り上がりにより大変左右されますし、スポーツ選手などの活躍がなければ仕事の依頼が来ることがあまりありませんので将来性については低いと言えます。

スポーツジャーナリストの独立について

スポーツジャーナリストはスポーツに関する記事作成の仕事ですので、必要なものは紙とペンがあれば仕事ができますのでいつでも独立は可能です。ですが、すぐに独立が可能だからといって独立してしますと、無名で何の実績もないスポーツジャーナリストに仕事の依頼をするわけもなく収入はない状態になります。なので、独立するには、ある程度の人脈や知名度を得てから独立することをオススメします。

スポーツジャーナリストの主な著名人

やくみつる(漫画家)、杉浦大介(俳優)、乙武洋匡(タレント)、青島健太(元プロ野球選手)、山崎浩子(元新体操選手)、増田明美(元マラソン選手)、中西哲生(元プロサッカー選手)、荻原健司(元スキーオリンピックメダリスト)など

コメントを残す

*

*