スポーツプログラマーになるには

Tweet Tweetスポーツプログラマーは幅広い年齢層の男女が目指せる、達成感を得られる資格です。 スポーツプログラマー資格取得者は他には公認スポーツ指導者という名称で呼ばれております。 資格名:スポーツプログラマー […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツプログラマーは幅広い年齢層の男女が目指せる、達成感を得られる資格です。

スポーツプログラマー資格取得者は他には公認スポーツ指導者という名称で呼ばれております。

資格名:スポーツプログラマー

スポーツプログラマーの資格は「民間資格」です。

sponsored link

資格広場ではスポーツプログラマーになりたい方を応援しております。

スポーツプログラマーになるために必要な知識

講習会で習う知識が必要になります。共通科目は1では文化としてのスポーツ、指導者としての役割、スポーツ指導者に必要な医学的知識など、2では社会の中のスポーツやスポーツの心理、スポーツ組織の運営と事業など、専門科目はフィットネス・エクササイズの理論と実際や体力測定の評価、フィットネスプログラムの実際などの知識が必要になります。

スポーツプログラマーの資格は「日本体育協会など」が運営管理を行っております。

日本体育協会などとは:

日本体育協会は、いろんな競技のイベントや人材育成などを中心に活動しています。

スポーツプログラマー

 仕事内容
 試験詳細
 資格取得者の傾向

スポーツプログラマーってどんな仕事なの?(仕事内容など)

スポーツプログラマーは、スポーツ医学及びスポーツ科学の見地から適切な運動指導を行うスポーツライセンスです。スポーツクラブなどでプロのトレーナーとして健康を保つための運動・フィットネスをする人たちにアドバイスや指導をしたりしています。具体的には、相手の年齢や体質、体調などに合わせて個別に運動メニューを提案し、マシンを使ったエクササイズなどの運動の仕方を教えます。またボランティアとなって子供やお年寄りを相手に地域の健康増進に貢献したりもしています。

スポーツプログラマー資格取得の為の勉強法

スポーツプログラマー養成講習会に参加して共通科目は3日間及び専門科目は4〜5日間勉強します。共通科目は自宅学習を1と2で合わせて54時間するようになっており、共通科目の1はワークブックを提出しないといけません。

スポーツプログラマーの試験料・試験の内容・合格発表について

スポーツプログラマー資格試験料

共通科目の受験料は21000円なのですが、共通科目1の免除者は16800円です。専門科目は52500円です。合計すると免除されていない人の場合は73500円で、免除されている人の場合は69300円になります。

スポーツプログラマー試験・検定の年間試験回数

共通科目は講習会の最終日に東京と大阪でそれぞれ1回ずつ、専門科目は後期の講習の最終日に東京で1回実施されます。

スポーツプログラマー資格の試験科目等の内容

共通科目からは、指導者としての役割やトレーニング論、スポーツと栄養などの分野が出題されます。専門科目からはフィットネスエクササイズの理論と実際についてや、フィットネスプログラムの実際、スポーツ相談の実際などが出題されます。ちなみに共通科目・専門科目共に筆記試験で6割以上正解していないと合格になりません。

PR

スポーツプログラマー資格の難易度

あるサイトによると難易度を偏差値で表すと36くらいだそうです。すごく簡単だそうです。かといって油断は禁物なので、しっかり勉強しておいた方が良いと思います。

スポーツプログラマー資格の合格率について

正式な合格率は日本体育協会の方針により発表されていませんが、あるサイトによると約98%の人が受かるそうです。

スポーツプログラマー試験の合格発表

平成28年度は平成29年2月下旬を予定しており、合格者へは修了通知及び登録申請案内が送られ、不合格者へは次年度開催の検定試験案内が送られます。

sponsored link

スポーツプログラマー資格取得後の傾向

スポーツプログラマーの職業例

主にスポーツクラブやフィットネスクラブ、公共施設などで指導者として働くことが多いです。また、一部は都道府県市町村の青少年課や地域センター、レクリエーション協会などで体育スポーツの振興をはかったりします。

スポーツプログラマーに向いている人

スポーツが好きで、自分のスポーツ経験や知識を他の人の健康のために役立てたいという人、コミュニケーション能力を求められる仕事なので、人に接するのが好きで相手の立場になって親身に話を聞くことが出来る人、また自分のアドバイスが相手の健康状態を左右するので、責任感の強い人は向いています。

スポーツプログラマー資格と同じ分野の他の資格

運動プログラムの作成及び指導を行う健康運動指導士やエアロビックダンスエクササイズインストラクター、バランスの取れたライフスタイルを支援・指導するウエルネスデザイナー、子どもたちに遊びを通した身体づくり、動きづくりの指導を行うジュニアスポーツ指導員など

スポーツプログラマーの給料相場

スポーツプログラマーの平均年収は正社員だと300〜550万円くらいです。正社員の場合、初任給で15〜20万くらいで所属先によって違ってきます。フリーランスだと時給で3000〜8000円くらいです。フリーランスの場合時給になることが多く、掛け持ちしてもよほど人気にならない限りあまり稼げないそうです。

スポーツプログラマーの現状

平成28年10月1日現在、スポーツプログラマーの登録者数は3647人にのぼります。これはスポーツリーダーを含めた公認スポーツ指導者全体の登録者数の約0.7%になります。雇用形態で言うと正社員、契約社員、アルバイトなどが一応ありますが、経費削減のため非正規雇用での採用が増えています。スポーツプログラマーの登録者数はここ数年で減少傾向にあり、地域について言われることが多くなった今、地域の健康に貢献できる職業であるスポーツプログラマーが必要であるのは確かです。

スポーツプログラマーの将来性

今、子供や若者、中高年、高齢者に至るまでスポーツに親しむ人が増えています。運動を長く安全に続けるには、指導ができる専門家の養成が重要視されています。そして今後は高齢化社会が今もなお進行していて、この資格の社会的価値も上がってきているため人手が必要とされています。

スポーツプログラマーの独立について

スポーツプログラマーとして独立するには、資格取得後スポーツクラブやフィットネスクラブである程度仕事の経験を積んでおく必要があります。スクールを開くとなるとそれなりのお金もいりますしスポーツプログラマーの資格を持っている人が4〜5人は欲しいところです。

こんな著名人の方もスポーツプログラマー資格を持ってます。

芸能人などでは持ってる人はいませんでしたが、Positive Linkという名前のサイトに横手貞一郎さんという有名なトレーナーさんがいます。

コメントを残す

*

*