スポーツインストラクターになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-03-13

スポーツインストラクターは、たくさんの若い人が活躍している職種です。あらゆる年齢層の人が安全に楽しくスポーツや運動ができるよう、指導・サポートすることと、各人に合わせた運動プログラムを作成することで人気のインストラクターとなれるでしょう。


スポーツインストラクターは幅広い年齢層の男女が目指せる、明るい人柄の人に向いている職業です。
スポーツインストラクターの職業は他にもスポーツ指導員と呼ばれております。
スポーツインストラクターに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、スポーツインストラクターになるには?スポーツインストラクターになるためには?スポーツインストラクターになりたいを応援しております。

スポーツインストラクター

スポーツインストラクターってどんな仕事?(仕事内容など)

スポーツジムやスポーツクラブなどで実際に指導している人をスポーツインストラクターと言います。指導の対象は赤ちゃんから年配の方まで幅広く、安全にスポーツを楽しめるよう指導・サポートします。それぞれの体力や年齢、目標などに応じて、その人に合わせた練習メニューを考えたり、トレーニングマシーンの安全な使い方を指導することも仕事に含まれています。スポーツインストラクターになるために必ず取得しなければいけない資格はありませんが、専門的で安全な指導を行うためには、人体の仕組み、ダイエットや栄養管理、ケガの応急処置方法などについて知識が必要になってきます。最近では心臓病などの生活習慣病の予防運動プログラムを考え指導するスポーツインストラクターもいます。

スポーツインストラクターになる為の勉強法

大学や専門学校でスポーツ系を専攻し、学ぶ方法が近道です。学校によってはスポーツインストラクター科が設置されているところもあります。そのような学校では体の仕組みや機能、栄養管理、トレーニング論、ケガの応急処置方法などの専門的な知識を学び、各種トレーニングやピラティス、ヨガ、水泳等の実技も学べます。学校で勉強していなくても、自分のスポーツ経験を活かしたり、自分で勉強して日本体育協会や日本フィットネス協会などで取得した資格を利用してスポーツインストラクターとなることも可能です。

スポーツインストラクターになるための専門学校や通信講座について

準備中です。


スポーツインストラクターの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

スポーツインストラクターの学歴

現在調査中

スポーツインストラクターの勤務時間

現在調査中

スポーツインストラクターに必要なスキルや機材

現在調査中

スポーツインストラクターのやりがい

現在調査中

スポーツインストラクター苦労、大変なこと

現在調査中

スポーツインストラクター

スポーツインストラクターの年収・将来性・独立について

スポーツインストラクターに向いている人

指導対象者と一緒にスポーツをしながら指導していくので、体を動かすのが好きな人、運動の楽しさを伝えたい!という明るい人に合っている職業です。また、教えるのが好きで、褒めたり励ましたりするのが上手な人、継続的に指導・サポートができる人も対象者のやる気を引き出すことができ、目標に到達しやすくなるのでスポーツインストラクターに向いています。指導の際にはお手本となる動きを見せることもあるので、自分自身のトレーニングも欠かさず、健康状態や体形を維持管理していることも重要なポイントです。

スポーツインストラクターと同じ分野の他の職業

パーソナルインストラクター、トレーニング指導者、健康運動実践指導者

スポーツインストラクターの年収・給料相場

フィットネスクラブやジムに勤めている場合、雇用形態や会社の規模により違いはあるものの、20代の年収の相場は200万円~300万円ほどです。体が資本のお仕事なので、30代、40代になってもインストラクターとして働き続ける人は多くないようです。

スポーツインストラクターの現状

子どもや若い人だけでなく、中高年層もメタボ改善や体力づくりなど、健康のためにフィットネスクラブやスポーツジムを利用する人が増えてきているようです。そのため、スポーツインストラクターが必要とされる場も増えてきているようです。

スポーツインストラクターの将来性

体を動かすことが好きなのは、子どもや若者だけではありません。運動をしようと思うモチベーションや目的も人によって様々です。これからは指導の対象者となる人の範囲を少し変えて、運動が好きとは言えないが自分の健康のために体を動かしたいという人や、年齢を重ね体力が落ちてきているが、介護が必要な状態にならないように予防するため運動したいという人、気分の落ち込みや情緒不安定を軽減・改善するために運動を始めたい人など、様々なタイプの対象者に対してぴったり合った練習プログラムが提案・提供できるインストラクターが大いに必要とされるでしょう。心理学や医学関係の専門知識を積極的に学び、対象者にやる気を起こさせるようなアプローチの仕方で、健康の維持・改善が達成できるようなプログラムを組めるインストラクターに期待と注目が寄せられそうです。

スポーツインストラクターの独立について

指導の対象となる生徒さんが集まらないと収入もなくなってしまうので、ジムやフィットネスクラブで経験を積んでから、独自の指導方法や楽しい指導方法を考え、人気や知名度が上がってきたらフリーのインストラクターに転身する方もいるようです。アルバイトのインストラクターの時給は800円~2000円ほどですが、フリーのインストラクターの相場は1時間当たり3000円~5000円となっています。スキーやサーフィンなどシーズンオフがあるスポーツのインストラクターを掛け持ちしたり、副業として他の仕事や主婦業と両立しているという方もいます。

スポーツインストラクターの主な著名人

チャック・ウィルソン

コメントを残す

*

*