スポーツトレーナーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-03-13

スポーツトレーナーは、自身のスポーツ体験や医学・トレーニングに関係する専門知識、経験をフル活用して選手やアスリートが常に良い状態で試合やパフォーマンスに臨めるよう指導・サポートしています。あまり目立たないかもしれませんが、献身的ななくてはならない存在です。


スポーツトレーナーは幅広い年齢層の男女が目指せる、冷静にサポートできる人に向いている職業です。
スポーツトレーナーの職業は他にもコンディショニングコーチ、アスレティックトレーナーと呼ばれております。
スポーツトレーナーに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、スポーツトレーナーになるには?スポーツトレーナーになるためには?スポーツトレーナーになりたいを応援しております。

スポーツトレーナー

スポーツトレーナーってどんな仕事?(仕事内容など)

スポーツトレーナーはスポーツ選手のコンディションを管理し、適切なトレーニングによって常に質に高いプレーやパフォーマンスができるよう指導・サポートする仕事です。トレーニングを指導するだけではなく、ケガの予防や応急処置、テーピング等も行うので医療に関する知識と資格も必要な職種です。プロのスポーツチームや実業団チームのスポーツトレーナーとなった場合、トレーナの仕事は「アスレティックトレーナー」と「コンディショニングコーチ」という二つの分野に分かれます。アスレティックトレーナーはテーピングやマッサージなど医療関係を担当し、ケガや故障の際のリハビリプログラムの作成や、栄養管理に関わるアドバイスも行います。コンディショニングコーチはウェイトトレーニングのプログラム作成やウォーミングアップ・クールダウンの指導を担当し、各選手に合わせた肉体づくり・身体能力のアップを目指して指導します。大学や高校などのスポーツチームではアスレティックトレーナーとコンディショニングコーチを兼務することがあります。

スポーツトレーナーになる為の勉強法

現在日本にはスポーツトレーナーになるための国家資格はありません。しかし、選手のマッサージやテーピングなどの医療行為に準する対応をするには、柔道整復師・あん摩マッサージ師・理学療法士等の医療系国家資格が必要になります。また、民間の資格として「公認アスレティックトレーナー」がありますが、この資格は日本体育協会が指定する大学や専門学校で必要単位を取得し、認定試験に合格することによって取得できます。海外で活躍したいと考えている人は、アメリカやカナダなどへ留学して資格を取り、経験を積むという方法を選ぶ人も増えてきているようです。

スポーツトレーナーになるための専門学校や通信講座について

準備中です。


スポーツトレーナーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

スポーツトレーナーの学歴

現在調査中

スポーツトレーナーの勤務時間

現在調査中

スポーツトレーナーに必要なスキルや機材

現在調査中

スポーツトレーナーのやりがい

現在調査中

スポーツトレーナー苦労、大変なこと

現在調査中

スポーツトレーナー

スポーツトレーナーの年収・将来性・独立について

スポーツトレーナーに向いている人

観察力があり、コミュニケーション能力の高い人はこの職業に向いています。選手の状態を常に良い状態に整えておくため、トレーナーはトレーニングプログラムを作成するだけでなく、その効果や改善すべき点があるかを判断する必要もあります。トレーナー自身がプログラムに沿ってトレーニングしているわけではありませんし、選手ひとりひとり現れる効果や課題となることは異なります。そのため、日々のコミュニケーションと観察から選手の状態を正確に判断する必要があります。別の点として、常に医学やトレーニングに関する最新情報にアンテナを張り、情報をキャッチできることの大切です。選手のケガや不調に対応するため、正確で最新の情報に目ざとい人は選手からの信頼を得やすくなるでしょう。

スポーツトレーナーと同じ分野の他の職業

公認アスレティックトレーナー、認定アスレチック・トレーナー

スポーツトレーナーの年収・給料相場

プロのスポーツチームと契約した場合、年収は300万円~1000万円と言われています。基本的に1年単位での契約となるため、選手からの評判がよくなかったり、チームの成績が悪かったりすると契約が更新されないことがあります。プロアスリートの専属トレーナーとして契約した場合は年収500万円~800万円ほどが相場となっているようです。大学や高校のチームと契約する場合は、チームの予算が限られていることが多いため、部員数にもよりますが、まとまった収入にはならないケースが多いようです。

スポーツトレーナーの現状

近年、スポーツトレーナーを目指している人は増加しています。しかしながら、専属のトレーナーとして契約ができる人は経験と実績を持つ一握りの人たちです。また、トレーナーの欠員が出た際、公の場に求人が出されることは少なく、働き口が見つけにくいのが現状です。まずはスポーツジムや整体院、整骨院でトレーナーや施術者としての経験を積むのが一般的な流れとなっています。

スポーツトレーナーの将来性

スポーツチームや団体の数は限られているため、今後もスポーツトレーナーの働き口が急激に増えるということはまずないでしょう。活躍の場を日本だけではなく、世界へと広げてみると新たな活躍の場を発見・開拓できるかもしれません。

スポーツトレーナーの独立について

自宅を改造して独立開業する、レンタルスタジオ等を利用して運動教室を開催する、地域の施設や個人宅などに出張して指導を行うなど、いろいろな形式での独立の仕方があるようです。これにはトレーナーとしての経験・実力と、営業・経営のセンスも求められます。

スポーツトレーナーの主な著名人

中村豊、森本義貴、??田輝幸、高橋普美雄

コメントを残す

*

*