ダンサーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-03-13

ダンサーになるための特別な資格はありませんが、実力がものをいう厳しい競争の世界で、誰でもが憧れのステージで活躍できるわけではありません。だからこそ、私たちの目にするダンサーはすべての瞬間とても輝いていて魅力的です。


ダンサーは20代,30代の男女が目指せる、ダンスが好きな方におすすめの職業です。
ダンサーの職業は他にもパフォーマー、舞踏家と呼ばれております。
ダンサーに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、ダンサーになるには?ダンサーになるためには?ダンサーになりたいを応援しております。

ダンサー

ダンサーってどんな仕事?(仕事内容など)

ダンスを踊る、ダンスパフォーマンスを見せることを仕事としている人です。ダンスには様々なジャンルがあり、バレエ、社交ダンス、フラダンス、ジャズダンス、ヒップホップダンス、フラメンコなど、それぞれにダンサーがいます。歌手の後ろで踊るバックダンサーや、ミュージカル・テーマパークのショーに出演するダンサーなど活躍の場が幅広い職業でもあります。芸能事務所、劇団、バレエ団に所属したり、個人でダンサーとして活躍しながら、ダンススクールの講師として人材育成に力を入れたり、振付師としてさらに活動の場を広げてゆく人もいます。基本的にダンサーの仕事はショーやイベントに合わせて勤務時間が変わるため不規則です。ショーやイベントの多くは休日・祝日にあるので、仕事のない日が休みとなります。

ダンサーになる為の勉強法

独学で自分独自のスタイルを作っていくこともできますが、プロとしてダンスパフォーマンスをしていくためにはきちんとしたレッスンを受け、基本的なステップや体の正しい使い方などを身につけている必要があります。ダンススタジオやバレエ教室に小さい頃から通ってレッスンを受けたり、より幅の広い表現や技術を学ぶためにブロードウェイがあるニューヨークや、ストリート系のダンススクールがあるロサンゼルスに留学し、一流ダンサーから指導を受ける人もいます。日本国内でもダンスが学べる専門学校があり、学校によってモダンダンス、タップダンス、クラシックバレエ、ミュージカル・ショーなど学べるジャンルが異なります。どんな形でレッスンを受けるとしても、大切なのはレッスンで習ったことを自分で繰り返し練習し続けること、つまり反復と継続です。

ダンサーになるための専門学校や通信講座について

準備中です。


ダンサーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

ダンサーの学歴

現在調査中

ダンサーの勤務時間

現在調査中

ダンサーに必要なスキルや機材

現在調査中

ダンサーのやりがい

現在調査中

ダンサー苦労、大変なこと

現在調査中

国家資格バナー

PR


ダンサー

ダンサーの年収・将来性・独立について

ダンサーに向いている人

ダンスはセンスが求められるものですが、それと同時に地道な練習と努力が欠かせません。とにかくダンスが大好きな人、大変なことや苦しいことがあったときでも笑顔でいられる人、自分なりに表現しつつ他のダンサーとの協調性も保てる人、しっかりと体調や体形、メンタルバランスを自己管理できる人はダンサーとして活躍していく素質がある人と言えるでしょう。また、ダンスは人に見てもらうためのものですから、一歩身を引いて自分が観客からどのように見えているのか、どのように見せたいと思っているのかといった視点を持っていることも表現力のアップにつながるでしょう。

ダンサーと同じ分野の他の職業

ストリートダンス検定、キッズダンサー認定、認定ダンス指導員、ダンス教育指導士、ダンス療育指導士

ダンサーの年収・給料相場

一流アーティストのバックダンサーや、世界で活躍するダンサーは年収が数千万円~数億円という人もいるようです。一般的なダンス講師やインストラクターは1レッスン3000円~5000円が相場で、担当したレッスンの数が収入になります。イベントやクラブのステージでは1ステージごとにギャラが発生し、1ステージ3万円ほどが相場のようです。

ダンサーの現状

中学でダンスが必修科目となったことも影響して、小さい頃からダンススクールに通う子どもたちが増えているようです。ダンサーの仕事はオーディションに合格し勝ち取る、もしくは知人を通して紹介してもらうこともあるようですが、ダンサーとしてトレーニングやレッスンをしながら、オーディションの情報に気を配り仕事を獲得していくのは体力的にも精神的にも簡単にできることではありません。

ダンサーの将来性

競争が厳しく、経験や実績があってもケガや故障で踊れなくなってしまったり、年齢を重ねることによってダンスやパフォーマンスのレベルが維持できなくなってきたとき、失業してしまうという大きなリスクがあります。ダンサーとして活躍しつつ振付師やダンス指導者としてのスキルも身につけてゆくことで体調が悪くなったとしても、この世界にとどまり続けられる可能性があります。ジャンルによっては高齢になっても現役のダンサーとして活躍し続けている人もいるので、これからもそのような人たちが増えてゆくことが期待されます。

ダンサーの独立について

フリーランスで活動するには、人脈を生かして仕事を紹介してもらったり、毎回オーディションを受けたりして自分で仕事を見つけ、獲得します。事務所や劇団に所属していない分、収入は不安定になりやすいものの、自分が挑戦してみたいと思う様々なジャンルの仕事ができるという利点もあるようです。

ダンサーの主な著名人

蛯名健一、上野隆博、ケント・モリ

コメントを残す

*

*