健康運動指導士

資格 健康運動指導士

Tweet Tweet健康運動指導士は幅広い年齢層の男女がやりがいある資格です。 資格名:健康運動指導士 目次1 健康運動指導士の資格は「民間資格」です。2 資格広場では健康運動指導士 になるには?健康運動指導士なるため […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康運動指導士は幅広い年齢層の男女がやりがいある資格です。

資格名:健康運動指導士

健康運動指導士の資格は「民間資格」です。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場では健康運動指導士 になるには?健康運動指導士なるためには? 健康運動指導士になりたいを応援しております。

健康運動指導士になるために必要な知識

健康管理概念・健康づくり施策概論、運動プログラムの事、運動生理学、健康づくり運動の事、救急処置、栄養摂取と運動の事などが必要になります。このため日々勉強する事が大事になります。

健康運動指導士の資格は「健康・体力づくり事業財団」が運営管理を行っております。

健康・体力づくり事業財団とは:

健康・体力づくり事業財団は、財団法人健康づくり振興財団と社団法人国民健康つくり運動協会(その後、「社団法人国民健康・体力つくり運動協会」に名称変更)が合併してできた団体で、平成24年4月に今の名前になりました。活動内容は、「健康日本21」(国民健康づくり対策)などの施策に沿って、それらを具現化するための各種事業を推進したりしています。

資格 健康運動指導士 なるには

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

健康運動指導士ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

健康運動指導士とは、保険医療関係者と連携しつつ安全・効果的な運動を実施するための運動プログラム作成及び実践指導計画の調整などを行う役割を担う人達のことを言います。かつては生活習慣病を予防し、健康水準を保持・増進する観点から大きく貢献しました。最近では特定健診・特定保健指導において運動・身体活動支援を担ったりもしています。

健康運動指導士資格取得の為の勉強法

平成23年の試験から基礎的な内容を問われる問題が中心になって、前と比べると難易度は低くなっているようです。なので基本的にテキストにある問題しか出題されることはなく、テキストを繰り返し何度も読めば受かるとは思いますが、社会人にとってはそのような時間もないので、テキストをしっかり読んで学習するしかなさそうです。テキストには難しい専門用語や医学用語がたくさん出てきますがインターネットで検索すれば出てくるのでインターネットを活用しながら勉強するのが良いでしょう。

健康運動指導士の試験料・試験の内容・合格発表について

健康運動指導士資格試験料

受験料は養成講習会を修了した人と再受験の人は13371円のみで、養成校養成講座を修了した人はそれに審査料2057円が追加されるので合計で15428円になります。これらは郵便局の窓口から一括で払わないといけないので注意が必要です。

健康運動指導士試験・検定の年間試験回数

1年間に3回行われ、平成28年度は東京・大阪で3回、福岡で2回、愛知で1回となっています。

健康運動指導士の試験科目等の内容

出題形式は75問の4肢択一で、テキストに書いてある基礎的な事がまんべんなく出題されます。また、「正しいものはどれか」というのと、「間違っているのはどれか」という形式で出題されるので、最後まで問題文を読むことが重要になります。さらに表やグラフを使った問題も出題されるので注意が必要です。

健康運動指導士資格の難易度

合格率はここ最近は平均で60%前後を推移していますが、決して易しい試験ではないようです。その理由としては、出題範囲が幅広いということがあります。医学や運動生理学など専門知識が問われるので復習をしたり問題集を解くことが必要となります。

健康運動指導士資格の合格率について

第133回試験の結果によりますと、養成講習会を修了した人は67.7%〜92.9%の間で、養成校養成講座を修了した人は71.3%、再受験者は40.7%、平均で63.6%となっています。

健康運動指導士試験の合格発表

試験が終わってからだいたい1ヶ月後ぐらいに全受験者の住所宛に合否通知が郵送されます。主催者側に合否や採点結果などの問い合わせをしても主催者側は一切応じないので結果は1ヶ月後にならないとわからないということになります。

sponsored link

健康運動指導士資格取得後の傾向

健康運動指導士の職業例

そのまま健康運動指導士になり、フィットネスクラブや病院、保健所、学校などで働きます。また一部ですがフリーで活動する人もいます。

健康運動指導士に向いている人

健康運動指導士が仕事で接する人は様々な心身の問題を抱えている人が多いので、相手の心身の状態を把握したうえで思いやりの気持ちを持って丁寧に接する事が出来る人、つまり明るく元気で思いやりのある人はこの仕事に向いています。また接する人たちは動きが遅かったり耳が遠かったりする人がほとんどなので、そのような人と根気よく向き合える人も向いています。

健康運動指導士と同じ分野の他の資格

健康運動実践指導者や、心理・福祉・リハビリの分野で言えば臨床心理士や介護福祉士、ホームヘルパー、整体師などもあります。

健康運動指導士の給料相場

年収でだいたい200万〜400万の間と言われています。さらに勤務先によっては2万円前後の資格手当がつくこともあって、無資格者よりも優遇されることは多くはないですがあるそうです。

健康運動指導士の現状

現代の日本は生活習慣病の増加や少子化・高齢化の訪れなどで健康に関する様々な不安を抱えています。ですから保険医療関係者と連携しながら対象者の心身を把握し、その人にあった運動指導が出来る健康運動指導士の活躍の場が増えています。そしてまさに今の時代になくてはならない存在となっています。

健康運動指導士の将来性

医学的知識を持ち、その人に適した運動指導ができるスキルを持った健康運動指導士は、地域社会のあらゆる場所で活躍できると言っても過言ではありません。とはいえ国家資格ではなく認知度はまだまだ低いですが、政府は以前より資格取得者を増やすように力を注いでいるので、これからさらに注目されるようになると思います。なので将来性はすごくあります。

健康運動指導士の独立について

健康運動指導士が独立するには、自ら営業活動をしてお客様との繋がりを持たないといけません。そのため事業が上手くいくまでは時間がかかりますが、勤務先が決まっているわけではないので営業活動として行政や企業に行ったり、またはフィットネスクラブからの依頼を受けて運動指導を行ったりする事などができます。そして順調に活動できれば勤務先で働いている健康運動指導士の人より多くの給料をもらうことも出来ます。

こんな著名人の方も健康運動指導士資格を持ってます。

TVで見るような有名人ではいませんが、株式会社の代表やブログをしている人だったら阿部貴弘さんという方や、田中咲百合さんという方がいます。

コメントを残す

*

*