ウエルネスデザイナー資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

ウエルネスデザイナーは、一般財団法人日本ウエルネス協会が認定する資格です。栄養・運動・休養をベースにした、バランスのとれた生活を支援・指導を行います。所定の科目を履修することで資格を取得することが出来ます。

       

ウエルネスデザイナーは幅広い年齢層の男女が目指せる、履修のみで資格取得出来る資格です。
ウエルネスデザイナー資格取得者は他にもウエルネスデザイナーと呼ばれております。
ウエルネスデザイナーの資格は「民間資格」です。

資格広場は、ウエルネスデザイナーになるには?ウエルネスデザイナーなるためには?ウエルネスデザイナーになりたいを応援しております。

ウエルネスデザイナーに必要な知識・受験資格

ウエルネスデザイナーの資格を取得するためには、まず大学や専門学校に入学しなければなりません。ですので、入試を突破できる学力がないと難しいです。入学後、講義を欠席しないためには体調の自己管理能力が必要です。講義でしっかりと知識を吸収できる集中力も必要です。

ウエルネスデザイナーの資格は「一般財団法人日本ウエルネス協会」が運営管理を行っております。

一般財団法人日本ウエルネス協会とは:
一般財団法人日本ウエルネス協会は、栄養、運動、休養等を総合した健康生活を実践するための理論と方法について研究しています。

ウエルネスデザイナー

ウエルネスデザイナーの仕事内容

健康づくりの3本柱である栄養・運動・休養をベースにした、バランスのとれた生活を支援・指導します。日常生活全般にわたる健康行動を支援し、総合的な運動指導管理を行います。スポーツクラブや健康・福祉関連の施設などでの運動指導や、個々の健康状態や生活習慣に関する問診、トレーニングのプログラミングなどの仕事があります。

ウエルネスデザイナー資格の勉強法

ウエルネスデザイナーになるには、協会法人会員・ウエルネスデザイナー養成認定校である大学・短大・専門学校に在籍する学生が、所定の科目160時間を履修すると認定されます。まずは養成認定校に入るための勉強が必要です。大学なら受験科目をしっかり勉強することが大事です。専門学校の場合、オープンキャンパスや学校説明会に行くことが重要です。入試に有利になる情報等がもらえる確率が高いです。

ウエルネスデザイナーの専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

ウエルネスデザイナーの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ウエルネスデザイナーの資格試験料

資格のための試験はないので、試験料はありません。その代わり学費が必要となってきます。とある専門学校の学費を例に出すと、昼間部は2年間で220万円、夜間部は2年間で120万円となっています。

ウエルネスデザイナー試験・検定の年間試験回数

試験はありません。大学なら4年間、短大・専門学校なら2年間勉強します。

ウエルネスデザイナー試験科目等の内容

資格のための試験はないので、ここでは学校で学ぶ科目について述べていきます。指定カリキュラムは、基礎ウエルネス概論、運動生理学、行動変容論、健康政策論、環境教育論、ウエルネスマネジメント、救急法、エアロビックトレーニング、筋力トレーニング、健康行動支援論、ボランティア論、人間関係論、リラクセーション法、ヘルシーイーティング、アウトドアアクティビティ等様々な科目があります。これら所定の科目を160時間を履修することで認定されます。

ウエルネスデザイナー資格の難易度

資格を取得するための試験はないので、難易度は低いでしょう。資格を取得できる大学や専門学校は入りやすい学校が多いので、入試も難易度は高くないと思います。入学後、きちんと講義を受けていれば問題ないはずです。

ウエルネスデザイナー資格の合格率

所定のカリキュラムを履修すれば資格取得できるため、試験はありません。

ウエルネスデザイナー試験の合格発表

試験はありません。

ウエルネスデザイナー

ウエルネスデザイナー資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ウエルネスデザイナー所持者の職業例

スポーツクラブ、フィットネスクラブ、健康・福祉関連の施設、保健所、病院、各企業の健康管理室、カルチャーセンター、地域社会企業の健康管理部門、保養所・リゾート施設などの健康増進関連施設で働くことができます

ウエルネスデザイナーに向いている人

ここでは、ウエルネスデザイナーを取得した人が多く就く職種の、スポーツインストラクターについて取り扱います。担当する種目については一定以上のレベルが必要となります。利用者のモチベーションを上げて、楽しんでスポーツをしてもらうことが、スポーツインストラクターには求められます。ですので、人を明るく、元気にさせることが出来る人がスポーツインストラクターに向いていると言えるでしょう。

ウエルネスデザイナーと同じ分野の他の資格

健康運動指導士、健康運動実践指導者、健康管理士一般指導員、ヘルスケアアドバイザー

ウエルネスデザイナーの年収・給料相場

スポーツインストラクターは、同年代の収入に比べるとやや低いといわれています。初任給は17万~20万円くらいで、年収は200万~300万円くらいが相場となっています。インストラクターとして人気が出たり、役職についたり、専門的な資格を取得したりして高い知識などが認められれば、次第に昇給していきます。

ウエルネスデザイナーの現状

ウエルネスデザイナーは知名度の低い資格です。この資格さえあれば就職出来るというものでもありません。多くの人が就くスポーツインストラクターは、給料が低いと言われています。資格を評価してくれる会社でないと、持っていても行かせないでしょう。

ウエルネスデザイナーの将来性

高齢化が進み、栄養・運動・休養に関わるウエルネスデザイナーは需要が増えていくかもしれません。福祉関連の施設は年々増加しています。福祉施設への就職を希望する場合は、ウエルネスデザイナーの資格は強みになるでしょう。

ウエルネスデザイナーの独立について

ウエルネスデザイナーの資格だけで独立をすることは難しいでしょう。

ウエルネスデザイナー資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*