スポーツカメラマンになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-01

公開日:2018-05-21

スポーツカメラマンは、スポーツに関する写真や映像を新聞、雑誌、テレビなどの報道メディアに載せるために撮影する。各競技の一瞬をとらえ、臨場感豊かな写真を撮影する技術が求められます。新聞社、通信社、出版社などに所属するカメラマンとフリーのカメラマンがいます。


スポーツカメラマンは幅広い年齢層の男女が目指せる、スポーツ史の歴史的な瞬間に立ち会える職業です。
スポーツカメラマンの職業は他にもスポーツカメラマンと呼ばれております。
スポーツカメラマンに「なるには」についてご紹介してまいります。


資格広場は、スポーツカメラマンになるには?スポーツカメラマンになるためには?スポーツカメラマンになりたいを応援しております。

スポーツカメラマン

スポーツカメラマンってどんな仕事?(仕事内容など)

スポーツカメラマンは、おもに新聞や雑誌、インターネットなどの各媒体に掲載するために、スポーツの大会や試合、練習、イベントなどで撮影をする仕事です。なるための決まったルートはありませんが、専門学校や大学で写真やカメラについて学び、新聞社や出版社に就職するか、フリーランスになるかの2通りが主な働き方です。駆け出しのうちは大きな収入を望むことは難しいですが、オリンピックをはじめとするスポーツの大会は国内外で多々開催されており、その模様を撮影するカメラマンは常に需要があります。実力さえ身につければ、多方面で活躍に期待できるでしょう。

スポーツカメラマンになる為の勉強法

時間とお金に多少の余裕があり、きちんとした知識と技術を身につけたいのであれば、学校で学ぶのがベストと言われています。独学だけで全てを学ぶのは厳しいのと、アシスタントやスタジオ勤務をしても、どうしても自分が働いた環境だけの偏った知識になりやすいというデメリットがあるからです。もしアシスタントになれたとしても、師匠のカメラマンと相性が合わずにきちんと学べない、という恐れもあります。学校で学ぶことは、カメラマンとして最低限必要な基礎が確実に身に付くというのがメリットです。

スポーツカメラマンになるための専門学校や通信講座について

準備中です。

スポーツカメラマンの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

スポーツカメラマンの学歴

現在調査中

スポーツカメラマンの勤務時間

現在調査中

スポーツカメラマンに必要なスキルや機材

現在調査中

スポーツカメラマンのやりがい

現在調査中

スポーツカメラマン苦労、大変なこと

現在調査中

スポーツカメラマン

スポーツカメラマンの年収・将来性・独立について

スポーツカメラマンに向いている人

スポーツカメラマンとしての第一条件は、スポーツが好きで、カメラが好きであることです。試合の間はずっと緊張状態が続きますし、撮り逃せば編集サイドから大目玉を食らうこともあります。とくに駆け出しの頃に、へこむような体験をしても強い気持ちで乗り越えられる人でなければ長くは続けられないでしょう。カメラマンは多くの選手や指導者と顔なじみになります。話す機会が増えれば、選手や指導者の素顔や違った一面を撮ることもできます。誰とでも親しくなれる人の方が向いているといえます。一瞬で和やかな雰囲気に変えたり、相手の明るい表情を引き出せるような力があれば尚いいでしょう。

スポーツカメラマンと同じ分野の他の職業

現在調査中

スポーツカメラマンの年収・給料相場

新聞社や出版社の社員カメラマンの年収は、その会社の規定に応じて決まっています。最大手クラスの新聞社や出版社は給料の額は大企業並みに高給ですが、スポーツ新聞を始め多くの新聞社や出版社は、日本全体でも平均的な水準です。また、写真エージェントやプロダクションはやや低めです。フリーの場合、オリンピックやW杯など大きな国際イベントで大活躍するクラスは年収も1000万円を超えます。しかし、そんなトップクラスはごく少数で、大半は年収数百万円クラスです。駆け出しや若い人の場合はたいてい300万円以下です。

スポーツカメラマンの現状

現在、スポーツカメラマンが置かれた現状は非常に厳しいといえます。その現状を鑑み、他のカメラマンへの転身を図るスポーツカメラマンも少なくありません。厳しい状況ですが、少なくなったとはいえ、確かな技術を持ったスポーツカメラマンの需要は少なくなったとはいえ、今後もあり続けるのは事実です。わずかなシャッターチャンスを見逃すことなく的確に、魅力的に撮影出来る技術と、なによりそのスポーツに対する愛着があれば、スポーツカメラマンとして成功する可能性は確実にあります。確かな技術とスポーツに対す大きなリターンが見込める仕事だと思います。

スポーツカメラマンの将来性

現在スポーツカメラマンにとって苦しい状況となっています。そのため、将来性という観点から行くと厳しいといえます。実際に自身の仕事に将来性を感じることが出来ず、スポーツカメラマンから、他の媒体を専門とするカメラマンに転身する方も少なくないとのことです。安定性でいえば、会社に雇用されているスポーツカメラマンであれば安定しているといえます。フリーで働くスポーツカメラマンの場合は、今後さらに安定性という観点からも難しくなってくるでしょう。フリーのカメラマンにとっては、将来性もあまり感じられず安定性も乏しい、かなり厳しい現状が続くようです

スポーツカメラマンの独立について

教本や動画などで写真の技術を身につけ、さらに仕事の獲得にいたるまで全てを自力で完結しなければならないハードルの高い手段です。プロの写真家として必要になる技術を1人で万遍なく身につけるのは難しいうえ、仕事を獲得するための人脈が皆無の状態からのスタートになります独学でフォトグラファーを目指すなら、写真の技術だけでなくマーケティングの手法も同時に学ぶとよいのかもしれません。

スポーツカメラマンの主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*