プロスケーターになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-21

プロスケート選手の仕事は、競技をすることです。そして結果を残すことです。現役引退後はアイスショーに出演し、一つ一つの演技や構成にさまざまな工夫を凝らして観客を楽しませます。プロになるためには、子供の頃から練習をし、功績を残し、スポンサーをつけることが必要になります。


プロスケーターは幅広い年齢層の男女が目指せる、氷上の華(フィギュアスケート)職業です。
プロスケーターの職業は他にもプロスケーターと呼ばれております。
プロスケーターに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、プロスケーターになるには?プロスケーターになるためには?プロスケーターになりたいを応援しております。

プロスケーター

プロスケーターってどんな仕事?(仕事内容など)

プロスケート選手と一口で言っても、フィギュアとスピードスケートという種類に分かれています。日本ではどちらかと言えばフィギュアスケートのほうがメジャーな競技でしょうか。オリンピックのときにはフィギュアスケートを中心に見るという人も多く、音楽に合わせて踊る氷上のダンスです。現役のプロスケート選手の仕事は、競技をすることです。そして結果を残すことです。これはフィギュアもスピードスケートも変わりがありません。グランプリを勝ち抜いてオリンピックに出場することを目標としているのがほとんどの人です。そしてメダルを勝ち取ります。競技を通じて人々に感動を与えるのが仕事と言えます。現役を引退したフィギュアのプロスケート選手の仕事は、まずアイスショーに出演することです。日本国内や北米、欧米などで開催されるアイスショーに出演し、演技を披露します。競技会ではないので4回転ジャンプなど難度の高い演技を行う必要はありませんが、一つ一つの演技や構成にさまざまな工夫を凝らして観客を楽しませます。アイスショーに出演するための練習やトレーニングも、大切な仕事になります。演技に対して出演料を払ってもらうのですから、演技で観客を満足させることが最も大切です。観客のウケが悪ければ、出演依頼が来なくなります。フギュアのプロスケート選手には、アイスショーへの出演以外にも、イベントやCMに出演したり、タレント活動、フィギュア教室などで指導をしている人もいます。

プロスケーターになる為の勉強法

プロプロフィギュアスケート選手になるためには、幼少期から氷上の世界に慣れ親しんでいなければなりません。そしてその頃から選手としての意識を持つことです。ほとんどの選手は、10歳の頃にはもう氷の上に立っています。そして選手として高い意識を持って演技に取り組んでいるわけです。選手として自立、つまりプロスケート選手になるためには、トレーナーが必要不可欠です。トレーナーをつけてトレーニングをして、大会などに参加します。オリンピックに出ようと思えば、グランプリシリーズ二戦・グランプリのファイナリストなどの経験が必要です。そしてプロの多くはバックにスポンサーを持っています。これは探すものではなく、功績をあげれば向こうからスポンサーになりたいを申し出されることが多いです。プロになるためには、まず功績を残すこと、次にスポンサーをつけることが必要になるというわけです。

プロスケーターになるための専門学校や通信講座について

準備中です。


プロスケーターの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

プロスケーターの学歴

現在調査中

プロスケーターの勤務時間

現在調査中

プロスケーターに必要なスキルや機材

現在調査中

プロスケーターのやりがい

現在調査中

プロスケーター苦労、大変なこと

現在調査中

国家資格バナー

PR



プロスケーター

プロスケーターの年収・将来性・独立について

プロスケーターに向いている人

プロスケーターに向いているのは、フギュアが大好きで、厳しいトレーニングにも耐えられる人です。現役引退後、プロスケーターになれるのは、国際大会に出場した経験のある選たちです。同学年に1人いるかどうかの狭き門となっています。日本のトップ選手になろうと思えば、子どものころから毎日スケートリンクに通い、氷上と陸上のトレーニングを3時間以上続けます。週2,3日はバレエやダンスのレッスンも受け、シーズン中の週末には大会があります。本格的に取り組むとかなりの費用もかかりますが、それでもフィギュア中心の生活を10年以上は続けないと日本のトップ選手になれません。オリンピックや世界選手権出場を目指して厳しいトレーニングや環境も乗り越えられる強い気持ちをもち、なおかつ、それを10年以上もち続けられる人でなければ、プロのフィギュアスケーターにはなれません。

プロスケーターと同じ分野の他の職業

スピードスケート選手

プロスケーターの年収・給料相場

プロスケーターとしての収入は、選手時代の実績によります。オリンピックでメダルを獲得した直後なら、アイスショーへの出演料も1回の公演で数百万円になります。これに加えて、CMやイベントなどへの出演料、スポンサーとの契約料を加えると年収が1億円を超える選手もいます。オリンピックへの出場経験がある選手の場合、アイスショーへの出演料は50万~200万円といわれています。出演料の差は人気や知名度によって決まります。このクラスの選手たちで、アイスショーへの出演料が年間約1000万円、それにタレント活動やイベント、CMへの出演料を合わせて年収は数千万円といわれています。アイスショーに長く出演していると、出演料は人気によって増えたり、減ったりします。スピンや表現力などの持ち味を磨いたり、コミカルな動きを採り入れるなど構成を工夫して、人気を維持している人もいます。オリンピックでメダルを獲得できなかった選手でも、演技力や演出の工夫で、メダリストより出演料が高くなった人がいます。

プロスケーターの現状

プロスケート選手の選手生命というのは、とても短いです。プロ選手として稼ぐことができるのは10年と言われています。引退後はキャラクター人気が出て、テレビに引っ張りだこになる人もいます。テレビのギャラやCM収入などで稼いでいるようです。ただ、ほとんどの人はそううまくはいかず、普通に就職をするという人も少なくはありません。プロスケート選手からサラリーマンへ転向するというのがほとんどのようです。オリンピックメダルや、世界選手権金メダルを持ってる場合は国際的に活躍することができるので、世界的な『プロ』の世界へ転向することもできます。それも終わって本当に引退した後はコーチになるという人が多いです。メダル取得実績などがあれば、コーチとして十分に稼いでいくことができます。

プロスケーターの将来性

アイスショーの人気は、スター選手がいるかどうかと、世界の経済状況で変わってきます。とくにオリンピックで世界の注目を集めたメダリストがプロスケーター転向すれば、アイスショーへの注目度も高まり、観客も、お金も集まります。また、アイスショーはアメリカで最も盛んなので、オリンピックでアメリカ代表が活躍したかどうかも人気を左右します。さらに、アメリカを中心とした経済状況が良いほど、アイスショー人気が高まり、スポンサーも集まってきます。2005年前後は北米を中心にアイスショーが大人気で、出演料も大幅にアップしましたが、2010年頃からは人気が低迷しています。そのため、出演料も2005年前後に比べて減っています。その一方で、オリンピックや世界選手権で上位に入った実績がなければ、出演料もなかなか上がりません。4年ごとに巡ってくる冬季オリンピックで、北米を中心としたスター選手が誕生すれば、また人気が復活してくるでしょう。

プロスケーターの独立について

現在調査中

プロスケーターの主な著名人

浅田真央

コメントを残す

*

*