高校野球監督になるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-03-23

公開日:2018-05-21

公立高校の監督は基本的の教師は兼任して行いますが、私立高校の場合は実績や経験のある外部の専任監督が多いです。この理由としては、公立と私立の予算の関係性によります。私立高校の野球監督をする場合は、プロ野球、社会人野球、甲子園の出場経験等の実績が必要となります。公立高校に関しては、大学にて教職課程を終了後に高校教師として就職する必要があります。


高校野球監督は幅広い年齢層の男が目指せる、高校球児にとって甲子園は聖地であり、そこへ導いてくれる指導者は監督等の指導者の能力に左右されても過言ではないです。職業です。
高校野球監督の職業は他にも名将監督、責任教師、顧問、部長と呼ばれております。
高校野球監督になるにはどうすれば良いかについてご紹介してまいります。

資格広場は、高校野球監督になりたいを応援しております。

高校野球監督

高校野球監督ってどんな仕事?(仕事内容など)

高校野球監督は文字どうり、高校における野球部の監督です。監督は、部員の基礎体力の強化やそのための練習、野球技術の向上を目的とする指導、野球理論に基づく作戦にいたる幅広い業務をこなします。また、「高校生」の指導にもあたるので、野球技術だけではなく人間的な成長過程における育成も手掛けることになります。

高校野球監督になる為の勉強法

高校野球の監督になるには教員免許が必ず必要という事は現状ありません。なぜならタッチの柏葉英二郎監督は教員免許を絶対持っていない風貌でしたので、その事からも教員免許はいらないという事がわかります。ですが高校教員が高校野球の監督になるケースも珍しくありませんので、ここでは高校教師になるにはも説明して参ります。

高校教師になるためには、教員免許を取得することが必要です。教職課程のある学校で教職課程を修了することで高校教員免許を取得することができます。高校教諭普通免許状には大学で取得できる1種免許状と大学院で取得できる専修免許状の2種類があります。(資格は教科別になっていますので、事前に取得できる科目に関しては調べておく必要があります)教員免許取得後、公立の場合は各都道府県などで実施されている教員採用候補者試験、私立の場合は各高校の教員採用試験を受験し、教員採用試験に合格することができれば高校教諭として働くことができます。

高校野球監督になるための専門学校や通信講座について

高校野球監督になるための直接的な講座はありませんが、パーソナルトレーナー、スポーツトレーナーに関する講座を受講することで、スポーツの専門知識やトレーナーとしての実践力を身につけることが出来ます。興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

【スポーツ・パーソナルトレーナーの資格】

資料請求はこちら


高校野球監督の学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

高校野球監督の学歴

現在調査中

高校野球監督の勤務時間

現在調査中

高校野球監督に必要なスキルや機材

現在調査中

高校野球監督のやりがい

現在調査中

高校野球監督苦労、大変なこと

現在調査中

高校野球監督

高校野球監督の年収・将来性・独立について

高校野球監督に向いている人

高校野球の監督は責任ある立場となり、春休み、夏休み、冬休み等の長期休みに関しても指導があります。合宿や遠征等も含めると時間的拘束は一般の社会人の就労時間を超える可能性があるため、プライベートの時間の確保は難しく、その職務に熱意や責任感のある人でないと務まらないと思われます。また、高校教師は生徒のさまざまな悩みや相談に対応していかなければならないので、生徒に対して愛情があり人間性が豊かであることが求められます。高校生活になじむことができなかったり、不登校の生徒を導いてくような、熱意を持っていることも必要になります。

高校野球監督と同じ分野の他の職業

部長と呼ばれる責任教師(大会に出場するためには、高校教師が努めます)

高校野球監督の年収・給料相場

私立高校の監督の場合は実績のある監督が外部から専任として受け入れられるので、契約時の金額に関しては個人差があると思われます。全国的に有名で知名度のある監督ですと主に数百万円単位だと思われますが、一説によると年収一千万ぐらいの契約金ではないかという噂もあり、正確な数字は公開されていないです。公立高校の野球監督は教師が兼任している場合がほとんで(少数ですが、公立にも外部の専任監督はいる)、高校教師の年収としては500万~600万程度と考えられています。

高校野球監督の現状

日本高等学校野球連盟の大会参加者資格規定第4条によれば、「参加チームの責任教師はその学校に在籍している校長、教頭、または教諭(常勤講師を含む)で、校長が適任者として委嘱したものに限る。また、監督は校長が適任者として委嘱したものに限る。」となっていますので、公立高校の場合は教員免許の取得後に高校教師になる必要があります。私立高校の場合は予算があれば外部委託になります。基本的に監督をする場合の資格はありませんので、会社員でも可能ですが、大学野球や社会人野球、甲子園の出場経験等があり何らかの指導実績がないと高校野球の監督として迎え入れてくれる可能性は低いと思われます。

高校野球監督の将来性

将来、高校野球の監督を目指すのであれば、甲子園の出場を目指し(学生であれば)大学の教職課程で高校教師の免許を取得し、高校教師として就職することが選択肢としては有効な手段だと思われます。また、実際に公立高校で監督を務めている人の多くは、高校の教師の中で野球に詳しい教師が担っている場合も多くありますので、結論としては大学で体育会系の野球部に所属して野球の経験を積みつつ、教員免許を取得して、高校教師になるのが、高校の野球部の監督になる一番の近道なのではないかと思います。

高校野球監督の独立について

私立高校の場合は予算の関係で学校との契約になりますので、高校野球監督として専門の職種となります。ただし、元プロ野球での経験や大学・社会人野球での実績、全国的に認知されているような経験がないと個人的な契約にいたる可能性は低くなります。また、個人の実績だけでなく、監督としての指導力や高校生とのかかわり方等の野球スキルだけでなく、その他の能力も必要とされます。近年、高校生や保護者への配慮が気遣われるなかでの対応力も必要です。

高校野球監督の主な著名人

中村 順司(PL学園)

高嶋 仁(智弁和歌山)

渡辺 元智(横浜高校)

西谷 浩一(大阪桐蔭)

馬淵 史郎(明徳義塾)※松井秀喜の5打席連続敬遠で有名

中井 哲之(広陵)

佐々木順一朗 (仙台育英)

【スポーツ・パーソナルトレーナーの資格】

資料請求はこちら

コメントを残す

*

*