プロ野球審判になるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-21

プロ野球の審判になるためには、NPBアンパイアスクールを受講し、その後契約する必要があります。契約にいたるまでには、資質や適性を踏まえキャンプ等に参加し認められなければなりません。また、契約後はすぐに審判として活躍できるのではなく、経験を重ねて2軍から1軍への昇格を目標とし、日々精進していく必要があります。


プロ野球審判は幅広い年齢層の男が目指せる、プロ野球の試合にとって欠かせない専門家職業です。
プロ野球審判の職業は他にも審判長と呼ばれております。
プロ野球審判に「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、プロ野球審判になるには?プロ野球審判になるためには?プロ野球審判になりたいを応援しております。

プロ野球審判

プロ野球審判ってどんな仕事?(仕事内容など)

プロ野球審判員とは、プロ野球の試合を審判する上で必要な資格を有する専門職です。アマチュア野球以上の正確性と、長時間試合に対応できる体力、精神力が必要とされます。プロ野球の審判の仕事は、選手達の試合が円滑に行われるように適切なジャッジを行うことです。体力面の必要性に関しては、審判員が身につけているプロテクターや安全対策が施されたシューズなどの重さは5キロ以上あり、それらを身につけたまま試合開始から終了まで立ちっぱなしでジャッジを行うためです。

プロ野球審判になる為の勉強法

プロ野球の審判になるには、まず、「NPBアンパイア・スクール」を受講することが必要です。募集要項は、氏名、住所、電話番号、年齢の他、身長、体重、視力、野球経験、審判経験、応募理由や自己PRとなっています。申し込みはメールで行い、応募者が多い場合は、書類審査があります。以前は引退したプロ野球選手から採用やアマチュアの審判員からスカウトで採用(大学野球や高校野球など)、一般公募による採用もありましたが、現在はNPBアンパイアスクールの受講する形式に統一されています。

プロ野球審判になるための専門学校や通信講座について

準備中です。


プロ野球審判の学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

プロ野球審判の学歴

現在調査中

プロ野球審判の勤務時間

現在調査中

プロ野球審判に必要なスキルや機材

現在調査中

プロ野球審判のやりがい

現在調査中

プロ野球審判苦労、大変なこと

現在調査中

プロ野球審判

プロ野球審判の年収・将来性・独立について

プロ野球審判に向いている人

プロ野球が大好きな人、そして経験者が望まれます。その理由としては、その競技に慣れているということが審判になるのに重要な条件と考えられているからです。重箱の隅をつつくように、細部にこだわるタイプも、審判には向いています。なぜなら審判は、登録メンバーの名前や背番号が、出場メンバーのそれと一致しているかどうかチェックしなければなりません。さらに、ユニフォーム一つとっても商標の位置や大きさや色、つけ方までルールで細かく決められていますので、ユニフォームから試合で使う道具まで細かくチェックすることも審判の仕事です。ルールを完全に把握すると同時に、的確に判定する能力も必要ですし、試合中は高い集中力を持続することが求められます。さらに、ゲームをコントロールし選手に気持ちよくプレーさせるという強い責任感も審判になるための大きな資質です。

プロ野球審判と同じ分野の他の職業

NPB審判員、審判長、審判技術委員

プロ野球審判の年収・給料相場

プロ野球の審判員は1年ごとに契約更新があり年俸制の単年契約が結ばれます。(プロ野球の選手と同様に1軍の審判とと2軍の審判では収入に大きな格差があります)1軍の試合を100試合以上こなす審判になると年収は1000万円を超えるそうです。(審判用の用具費用などで収入の3割程度は経費となるため、実際の手取りは7割程度になるそうです)年収1000万円以上ともなれば、一般的な収入よりは高収入となりますが、定年(55歳)が早いことや退職金の制度がない事を考えると、生涯年収は一般的な平均収入に比べると同等程度と考えられます。1軍審判の最低年俸は750万円で、2軍審判の最低年俸は350万円になります。この他に、年俸の他に1試合ごとに出場手当が支給されます。

プロ野球審判の現状

日本の野球界で、審判としての収入だけで生活できているのはプロ野球の審判だけです。NPBと契約できれば育成審判・研修審判となり、更に技術を高めるためにアメリカにある審判学校への短期留学も行われている場合もあります。留学先ではアメリカの大リーグで実際に審判員を経験した指導官のもとで徹底して審判に必要な知識と技能をたたき込まれます。

プロ野球審判の将来性

プロ野球審判は「個人事業主」ということで、毎年、個別に契約を行っています。毎年契約更改があり、年俸の交渉もあるようです。選手ほどは上がり下がりは激しくはないようですが、結果が伴わない場合は最悪契約解除ということもありますし、選手並みに厳しい世界です。あくまでも個人事業主ですから、退職金はありません。雇用保険や会社の健保にあたるものもないようです。このような状況ですが、日本ではプロ野球は人気のスポーツであり、必要不可欠な職種であると考えられます。

プロ野球審判の独立について

基本的に個人事業主となり、契約により報酬を受け取るシステムです。年俸制となっており、一般的なボーナスや退職金という制度はありません。

プロ野球審判の主な著名人

敷田直人(審判員)力強いストライクジェスチャーがマニアには人気だそうです。

コメントを残す

*

*