ティーチングプロになるには資格が必要?難易度や年収を徹底解説

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-08-31

ティーチングプロになるには

ティーチングプロ資格は、PGA(日本プロゴルフ協会)が認定しているゴルフのインストラクターの資格です。実技の難易度が高く、ティーチングプロになるには講習会の受講も必須です。試験の難易度や、年収、受けるべきレッスンなどをまとめてみました。

       

PGAティーチングプロ資格は20歳以上の男性が目指せる、日本で唯一のゴルフ指導のプロ資格です。
ゴルフのプロと言うと、大会で華々しく活躍する選手たちをイメージするかもしれませんが、選手たちやスクールに通っている生徒たちにゴルフを教えている先生も立派なゴルフのプロです。

ティーチングプロライザップゴルフは、団体が認定している資格であり、区分としては民間資格となります。

このページでは、ゴルフ指導のプロになるにはどのような方法があるのか、資格試験の有無や難易度等、ティーチングプロの仕事・年収・資格についてまとめています。

目次

PGAティーチングプロになるために必要なスキルを付けるには?

ティーチングプロになるためにまずライザップゴルフ

まずは初回カウンセリングへライザップゴルフ

以前は推薦などの受験資格が必要だったティーチングプロの資格試験。

今でこそ、受験の窓口が広がっていますが、試験に合格してティーチングプロになるには、それ相応のスキルが必要になります

プロのゴルフの先生になるなら、まずは自分がどの程度できるのか、そして出来る限りスコアをできる限りあげておくことも必要です。

ライザップゴルフライザップゴルフなら、完全個室で人目を気にせずに集中できる環境でゴルフを学ぶことが出来ます
時間に無駄なく、効率よくトレーニングを行いたいなら、是非ライザップゴルフを試してみてください。

もちろん、「趣味としてのゴルフの腕を上げたい!」という方にもおすすめですよ!

3,000円で自分の実力が分かる!

自分はできる!そう思っていても、客観的に分析しなければわからない課題というものは必ずしもあります。

伸び悩んでいるのならもちろん、もう少しスコアアップを目指したいという方にもおすすめなのが、ライザップの初回限定実力診断です。

自分の課題はどこなのか、どうすればスコアアップできるのか、みっちり60分!3,000円という価格で体験し、客観的に自分のゴルフ力を知ることができるサービスです。

もちろん、実力診断をして、結果をもとに自分でスキルアップを目指すのもいいですし、カウンセリングの内容に納得出来たらぜひライザップゴルフで確実にスコアを上げていく方法も!

まずはお試ししてみてはいかがでしょうか?

PGAティーチングプロになるために必要な資格試験とは?

PGAティーチングプロになるために必要な資格試験

日本のゴルフでは、トーナメントプロ(大会に出場する選手)も、ゴルフを教えるコーチであるティーチングプロもPGA(日本プロゴルフ協会)によって認定されています。

PGA(日本プロゴルフ協会)は、日本国内で唯一ゴルフのプロを認定している団体で、「TP(トーナメントプレイヤー)」と「TCP(ティーチングプロ)」の2種類の資格の認定を行っています。

ティーチングプロになるには、PGAプロテストと呼ばれるティーチングプロ向けのテストに合格することで資格を得ることが出来ます。

女性がティーチングプロになるには、LPGA(日本女子プロゴルフ協会)から、認定試験を受験する必要があります。

ティーチングプロの認定は男女で違う?

男性のプロゴルファーやティーチングプロを認定する団体と女性のプロゴルファー・ティーチングプロを認定する団体は別になっています。

日本女子プロゴルフ協会は、1967年に「日本プロゴルフ協会女子部」として設立された後、1974年に日本女子プロゴルフ協会として独立し、日本の女子プロゴルフを統括しています。

女子プロゴルファーになるには、LPGAにて認定試験を受けて資格を取得しなければなりません。

ティーチングプロになるには、男性の場合はPGA(日本プロゴルフ協会)のPGAティーチングプロテストを、女性の場合はLPGA(日本女子プロゴルフ協会)のティーチングプロテストを受験する必要があります。

PGAティーチングプロ資格の試験とは?

PGAティーチングプロ資格の試験

ティーチングプロ資格の試験は、書類審査・面接・実技審査・筆記試験などが行われます。

PGAとLPGAで、資格試験の順番が変わる部分がありますが、
・書類審査
・プレ実技審査
・実技審査
・最終審査(面接審査及び筆記試験)

といったスケジュールで試験が行われます。

合格点に満たない場合は再試験なども行われます。
再試験でも不合格だった場合は次年度受験となり、次年度に限り実技審査が免除になります。

ティーチングプロになるには、やはり実技審査は必須になってくるので、自分のスコアをしっかりと上げておくことは重要です。

ティーチングプロの講習会について

試験通過後に、ティーチングプロB級講習会の試験が行われます。

試験に合格し、ティーチングプロ講習会を受けてPGAに入会した時点で、アマチュアからプロになります

ティーチングプロになるには、試験に合格した後に講習会を受ける必要があり、講習会にかかる費用も別途で発生します。

PGAティーチングプロ資格取得の為の勉強法

ティーチングプロになるならライザップゴルフ

あと少し、をライザップゴルフで叶えるライザップゴルフ

ティーチングプロになるためには筆記試験が無いという特徴があります。
完全に実力主義・実技次第の試験なのです。

つまり、ティーチングプロになるために必要な実力・技術が伴わなければ試験合格は非常に難しいのです。

ティーチングプロ資格取得の勉強法はスコア上げる練習ということです。

しかしながら、ある程度の実力を付けている今、更に伸ばすのは難しいと感じ、何度も試験を受け直している人がいるのが事実です。

そんな方におすすめなのがライザップゴルフライザップゴルフでのスコアアップなのです!

ライザップゴルフならあと少しが叶う!

ライザップゴルフ効果

ティーチングプロを目指しているなら、ライザップゴルフに興味を持ってるのではないでしょうか。

ライザップゴルフは個々のスキル・得意な部分・苦手な部分をカウンセリングやシュミレーターで把握することで、改善すべき点に確実にアプローチし、スコアアップを目指せる完全個室のマンツーマン指導が受けられるゴルフスクールです。

個々のスキルによって練習内容が変わってくるので、初心者は勿論、中級以上、本格的にプロを目指している方にも注目されています。

ティーチングプロになるなら、スコアアップは勿論の事、まずは生徒になって教えてもらう方法を理解するのも必要なことです。

初回限定、自分の今のスコアや改善点が分かる実力診断カウンセリングライザップゴルフも行われているので、自身のスコアを上げながら、生徒として将来に生かすためにも一度ライザップゴルフを体験してみてはいかがでしょうか?

ショット分析で自分の弱点を見つける

ショット分析

スコアを上げるにはまず自分の弱点を見つけ、そこに対しての改善を行う必要があります。
逆に言えば、弱点を改善できればそれだけでスコアが上がるという事です。

ライザップゴルフでは、距離ごとのショットを3球ずつ打ち、精度をチェック。
独自のセンシング技術と動画解析で、クセやスイングの直すべきポイントを可視化します。

可視化することで、自分が何を意識して直す必要があるのかを理解することができるため、弱点を改善しやすくなります!

課題や改善ポイントを客観的に理解

上達のアドバイス

ショット分析や、練習中の診断結果をもとにライザップゴルフのトレーナーが個人の課題・改善ポイント・練習方法をアドバイスし、上達するために必要な練習ややるべき事を明確にします。

自分自身でも練習することはできますが、何が不足しているのか、何をすれば上達するのかを自分で見つけ出す事は至難の技です。

一度、客観的に見てもらうことで解決することが必ずあります。

忙しくてもコミットできる3つのポイント

中々忙しくて、個人練習しかできない…そんな方にこそライザップゴルフはおすすめなんです!

ライザップゴルフは、7時~23時まで営業しており、都心部の駅近10分以内に店舗があるため、仕事前や仕事帰り等、気軽に訪れやすく継続して通えるというのも嬉しいポイントです。

また、レッスン日でなくとも、契約期間中は、個室を借りて打席・ボール料金無料で個人練習も可能!
続けることもスコアアップに重要です!

完全個室でトレーナーさんと1対1でレッスンができる事、専用アプリを通して最適な練習メニューを考案してくれるのでいつでも効率的に自主練習ができます

しかも全額返金保証も…?

全額返金保証

ライザップゴルフで練習を続けることで、確実にスコアアップができるのですが…。
やはり、自分で満足できる結果にならなかったら意味がないですよね。

そんな方のために、30日以内なら全額返金保証があります!

思うような結果にならなかった、やはり通えない…。そんな風に思っても30日以内なら全額返金対応してくれるので、リスクなく始めることができるのもライザップゴルフの特徴です。

まずは公式サイトからチェックしてみてはいかがですか?
>>>ライザップゴルフの公式サイトはコチラライザップゴルフ

PGAティーチングプロ資格の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

PGAティーチングプロ資格の難易度

ティーチングプロの試験を受けるとなれば、気になるのは試験の難易度や合格率などではないでしょうか?

ティーチングプロの資格試験について、詳しくまとめてみました。

PGAティーチングプロ資格の資格試験料

書類審査料が5,400円、受験料が54,000円の合計59,400円です。

審査に通った後行われる講習会の受講料は、前期が365,000円、後期が215,000円(消費税別)の合計580,000円となっています。

PGAティーチングプロ資格試験・検定の年間試験回数

試験は年に1回です。2019年の受付期間は4/1~5/9でした。

5月上旬に書類審査、6/6、7にプレ実技審査、8月上旬に実技審査、9月下旬に最終審査が行われる予定です。講習は10月開始予定です。

プレ実技審査の会場はサンコー72カントリークラブ(赤城・榛名コース)、実技審査は関東近郊での実施が多いようです。

推薦の人はプレ実技審査が免除されます。

PGAティーチングプロ資格試験科目等の内容

ここではティーチングプロB級の試験について取扱います。

まず書類審査が行われます。2019年のレポートテーマは「将来どのようなゴルフ指導者を目指すのか」でした。

次にプレ実技審査が行われますが、推薦の場合は免除されます。
プレ実技審査に通過したら実技審査、それに通過したらようやく最終審査です。

最終審査は面接審査と筆記試験が行われます。
面接は10分程度です。
筆記試験は「ルールテスト」と「基本ゴルフ教本テスト」の2科目で、各50分です。
その後B級講習会が行われます。

講習会の中で数々の厳しい検定が行われ、その全てに合格した受講生だけが入会セミナーを経て、PGAティーチングプロ会員として登録されPGAに入会することになります。

PGAティーチングプロ資格の難易度

他の資格に比べ、実技試験の難易度は高く、2ラウンドで158ストロークが基準となっています。

筆記試験のルールテストは6割以上、基本ゴルフ教本テストは8割以上が合格ラインとなっています。

筆記試験で合格点に満たない者に対し、再試験が実施されます。

再試験でも不合格の場合で次年度受講を希望する人は、次年度に限り実技審査が免除されます。

PGAティーチングプロ資格の合格率

2018年の試験では97名中50名が実技審査を通過しました。PGAには再実技試験もあるので2019年1月1日付のティーチングプロ新規B級資格取得者は再実技試験を合わせて71名でした。

合格率としては約50%となっており、実技審査は実力が無ければ難易度の高い壁になっています。

しかし再実技検査で合格出来る可能性があることを考えれば70%程の合格率となるので、やはりティーチングプロになるにはスコアアップは欠かせないものといえるでしょう。

PGAティーチングプロ資格試験の合格発表

実技試験はテスト終了時に判定されるようです。
申し込みの期間から最終審査まで、約5か月を要します。

PGAティーチングプロ資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ティーチングプロになるならライザップゴルフ

ティーチングプロという夢を叶えるライザップゴルフ

ティーチングプロになるという夢はライザップゴルフライザップゴルフで叶えることができます。

スコアアップはもちろんの事、ライザップゴルフのトレーナーから人に技術を教える難しさやテクニックといった指導者の極意を聞いて真似る事で自分なりに理論を理解して、ティーチングプロの試験に合格できるのです。

では、ティーチングプロの試験に合格し、晴れてプロの講師になった時の年収などはどのようになるのでしょうか?

ティーチングプロの資格取得後の就職先や、年収についてまとめてみました。

PGAティーチングプロ資格所持者の職業例

ティーチングプロとして、プロゴルファーの指導をしたりスクールで講師を行ったりします。

PGAティーチングプロ資格に向いている人

ゴルフの技術、知識があることがもちろん大切になってきます。

自分のスイングやテクニックを教えるだけの人は向いていません。
自分のスイングを押し付けるのではなく、レッスンの生徒に合った教え方が出来ることが必要です。

誰にでもわかりやすく説明できる人は向いていると思います。
対人相手の仕事ですから、ある程度のコミュニケーション能力も欠かせません。

PGAティーチングプロ資格と同じ分野の他の資格

LPGAティーチングプロフェッショナル、ゴルフスクールプロ指導者、NGFプロインストラクター、JIPGA正会員、JGRAプロフェッショナル

PGAティーチングプロ資格の年収・給料相場

ティーチングプロの収入は多い人であれば年間2千万円ほどと言われています。

ティーチングプロの平均年収は約800万円となっており、月収換算で67万円程度ということになります。

しかし、ティーチングプロを個人事業主として開業しても200万円もない人も多くいます。

ティーチングプロの年収はトーナメントプロよりも年収が下回っている場合が多いです。
アマチュアの人に向けて、プロの講師としてレッスンをする人が多く、その場合の年収は600万円~900万円程度の年収になるようです。

PGAティーチングプロ資格の現状

無資格でもゴルフコーチとして活動している人が多くなっているのが実情です。

しかし、無資格のコーチよりも公的に資格を持っている人に教えてもらいたいという需要も高いので、プロ・アマチュア問わずティーチングプロを求めている環境は多いです。

どんな業界でも言えることではありますが、資格を保有しているだけでは収入に繋がらないので、独立や経営についても知識があるとより安泰になっていきます。

PGAティーチングプロ資格の将来性

ゴルフレッスンの仕事は必ずしも資格が必要ではなく、無資格で活躍しているインストラクターも数多く存在します。また、練習場が減少しているせいもありライバルが多くなっています。

ティーチングプロは日本で最もメジャーなレッスンプロの資格です。ゴルフ人気が低迷していると言われていますが、レッスンの際にはそのことが強みになるでしょう。

PGAティーチングプロ資格の独立について

資格を取得した後は、主にPGA認定のゴルフスクールなどに所属して活動することになります。
ですが、自分でスクールを開く人もいます。

しかし、ゴルフの市場規模は20年前と比べ半減。ゴルフ人口も減少しているため、どれだけ生徒を集められるかが重要です。

PGAティーチングプロになるには?資格の取得方法まとめ

ティーチングプロになるためにまずライザップゴルフ

自分の弱点を克服するライザップゴルフ

ティーチングプロになるための試験は、推薦してもらえるほどの実力・書類審査を経て実技審査で全てが決まる非常に難しい資格です。

しかしながら、実力をつけることができれば合格できる資格でもあります。
まずは自分の弱点を克服して、スコアを上げる事が大切です。

ティーチングプロになるためにゴルフ教室に通うことを考えているなら、ライザップゴルフライザップゴルフスコアを上げ、人に技術を教える事を学びませんか?

ゴルフのスコアは、ただ黙々と打っているだけでは伸びてきません。自分のフォームや、打ち方のクセなどをしっかり分析し、スキルを磨いていかなければプロになることは不可能です。

30日以内なら全額返金保証有り!まずは初回限定の60分3,000円でカウンセリングを受けてみてから入会を検討するのもおすすめです。

コメントを残す

*

*