PGAティーチングプロ資格資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-11-26

公開日:2018-05-24

PGAティーチングプロ資格は、日本プロゴルフ協会が認定している資格です。試験は年に一回行われます。実技試験の難易度は高めです。様々な試験の次には講座を受けます。取得後はゴルフスクールでレッスンをする人が多いです。


PGAティーチングプロ資格は20歳以上の男が目指せる、日本で唯一のゴルフ指導のプロ資格です。
PGAティーチングプロ資格資格取得者は他にもTCPと呼ばれております。
PGAティーチングプロ資格の資格は「民間資格」です。

資格広場は、PGAティーチングプロ資格になるには?PGAティーチングプロ資格なるためには?PGAティーチングプロ資格になりたいを応援しております。

PGAティーチングプロ資格になるために必要な知識・受験資格

ゴルフの技量がないと試験に通過するのは難しいです。
推薦での試験は、プレ実技審査が免除されます。

ですので、大会では上位入賞を目指し良い結果を出しておくことが大切になってきます。
書類審査のレポートも気を抜かず、きちんと添削しましょう。

PGAティーチングプロ資格の資格は「日本プロゴルフ協会」が運営管理を行っております。

日本プロゴルフ協会とは:
日本プロゴルフ協会は、男子プロゴルファーの団体です。「ゴルフの正しい普及ならびにゴルフ分野のスポーツ振興及びゴルフを通じた社会貢献」を推進しています。

PGAティーチングプロ資格

PGAティーチングプロ資格ってどんな仕事?(仕事内容など)

PGAティーチングプロ資格は、ゴルフ指導技能に優れ、広範囲にわたるゴルフ知識及びPGA指導要領を取得した者に付与され、ゴルフの普及と発展を目的に活動します。

主にPGA認定のゴルフスクールなどに所属して活動することになります。
一人ひとりのレベルに合った指導が求められます。

PGAティーチングプロ資格資格取得の為の勉強法

試験は実技、筆記、面接があります。筆記試験に、基本ゴルフ教本テストというものがあります。
これはプロゴルフ協会が発行する、基本ゴルフ教本の重要な語句を正しく理解するための筆記試験です。

ですので、この教本をしっかりと読み込んでおけば大丈夫ではないか思います。試験会場となるコースに足を伸ばしてみるのもいいかもしれません。

PGAティーチングプロ資格の専門学校や通信講座について

準備中です。


PGAティーチングプロ資格の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

PGAティーチングプロ資格の資格試験料

書類審査料が5,400円、受験料が54,000円の合計59,400円です。

審査に通った後行われる講習会の受講料は、前期が365,000円、後期が215,000円(消費税別)の合計580,000円となっています。

PGAティーチングプロ資格試験・検定の年間試験回数

試験は年に1回です。2018年の受付期間は3/1~4/13でした。4

月下旬に書類審査、6/5、6にプレ実技審査、8月上旬に実技審査、9月下旬に最終審査が行われる予定です。講習は11月開始予定です。

プレ実技審査の会場はサンコー72カントリークラブ(高崎・岩平コース)、実技審査は関東近郊での実施が予定されています。

推薦の人はプレ実技審査が免除されます。

PGAティーチングプロ資格試験科目等の内容

ここではティーチングプロB級の試験について取扱います。

まず書類審査が行われます。平成30年のレポートテーマは「将来どのようなゴルフ指導者を目指すのか」でした。

次にプレ実技審査が行われますが、推薦の場合は免除されます。
プレ実技審査に通過したら実技審査、それに通過したらようやく最終審査です。

最終審査は面接審査と筆記試験が行われます。
面接は10分程度です。
筆記試験は「ルールテスト」と「基本ゴルフ教本テスト」の2科目で、各50分です。
その後B級講習会が行われます。

講習会の中で数々の厳しい検定が行われ、その全てに合格した受講生だけが入会セミナーを経て、PGAティーチングプロ会員として登録されPGAに入会することになります。

PGAティーチングプロ資格資格の難易度

他の資格に比べ、実技試験の難易度は高いです。
2ラウンドで158ストロークが基準となっています。

筆記試験のルールテストは6割以上、基本ゴルフ教本テストは8割以上が合格ラインとなっています。

筆記試験で合格点に満たない者に対し、再試験が実施されます。

再試験でも不合格の場合で次年度受講を希望する人は、次年度に限り実技審査が免除されます。

PGAティーチングプロ資格資格の合格率

平成29年の試験では147名中84名が実技審査を通過しました。

平成30年1月1日付のティーチングプロ新規B級資格取得者は71名でした。

PGAティーチングプロ資格試験の合格発表

実技試験はテスト終了時に判定されるようです。
申し込みの期間から最終審査まで、約5か月を要します。


PGAティーチングプロ資格

PGAティーチングプロ資格資格取得後の就職先・年収・報酬相場

PGAティーチングプロ資格所持者の職業例

ティーチングプロ

PGAティーチングプロ資格に向いている人

ゴルフの技術、知識があることがもちろん大切になってきます。

自分のスイングやテクニックを教えるだけの人は向いていません。
自分のスイングを押し付けるのではなく、レッスンの生徒に合った教え方が出来ることが必要です。

誰にでもわかりやすく説明できる人は向いていると思います。
対人相手の仕事ですから、ある程度のコミュニケーション能力も欠かせません。

PGAティーチングプロ資格と同じ分野の他の資格

LPGAティーチングプロフェッショナル、ゴルフスクールプロ指導者、NGFプロインストラクター、JIPGA正会員、JGRAプロフェッショナル

PGAティーチングプロ資格の年収・給料相場

ティーチングプロの収入は多い人であれば年間2千万円ほどと言われています。

しかし、個人事業主で200万円もない人も多くいます。

平均はサラリーマンの年収とさほど変わらないと言われています。

PGAティーチングプロ資格の現状

ティーチングプロは毎年100名前後誕生しています。
ですが、主な職場となるゴルフ練習場がどんどん減少していっています。

また、ゴルフ人口もピーク時の半分以下になっています。
資格があれば安泰というわけにはいかなそうです。

PGAティーチングプロ資格の将来性

ゴルフレッスンの仕事は必ずしも資格が必要ではなく、無資格で活躍しているインストラクターも数多く存在します。
また、練習場が減少しているせいもありライバルが多くなっています。

ティーチングプロは日本で最もメジャーなレッスンプロの資格です
ゴルフ人気が低迷していると言われていますが、レッスンの際にはそのことが強みになるでしょう。

PGAティーチングプロ資格の独立について

資格を取得した後は、主にPGA認定のゴルフスクールなどに所属して活動することになります。
ですが、自分でスクールを開く人もいます。

しかし、ゴルフの市場規模は20年前と比べ半減。
ゴルフ人口も減少しているため、どれだけ生徒を集められるかが重要です。

PGAティーチングプロ資格資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*