テニス選手になるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-05-24

プロテニス選手とは、テニスの大会に出て賞金を稼ぐ人のことです。日本テニス協会にプロフェッショナル登録することでプロとして活動できるようになります。世界のトップレベルで活躍できれば高い収入が得られますが、ランキングが低ければ収入も少なく、活動を続けるのも難しくなります。


テニス選手は主に20~30代の男女が目指せる、世界で活躍できる可能性のある職業です。
テニス選手の職業は他にもプロテニスプレーヤーと呼ばれております。
テニス選手になるにはどうすればよいのかについてご紹介してまいります。

【スポーツ関係の資格をとるなら】

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

資格広場は、テニス選手になりたいを応援しております。

テニス選手

テニス選手ってどんな仕事?(仕事内容など)


プロテニス選手とは、テニスの大会に出て賞金を稼ぐ人のことです。まずは日本テニス協会にアマチュア登録をして大会に出場し、ポイントを稼いで上位にランキングされるようになったら、プロフェッショナル登録することになります。競技により賞金などの金銭的報酬を受け取る場合には、プロ登録している必要があります。プロテニス選手は4大大会以下の様々なグレードの大会に出場することでポイントを稼ぎます。出場する大会のグレードや勝敗により、獲得ポイントも賞金も大きく異なります。過去1年間の獲得ポイントに応じて世界ランキングが決まります。世界ランキングに基づいて、大会に参加できるかや、シード権を獲得できるかがかわってきます。

テニス選手になる為の勉強法

テニス選手になるためには、幼少のころからテニスを始めるとよいようです。現在の日本のトッププレーヤーの多くは、早い人ではものごごろがついた頃から、遅くとも小学生のころにはテニスを始めて、ジュニアの大会で成績を残している場合がほとんどです。その後、プロのコーチがいるジュニア養成所や、テニスの強豪高校に入学して腕を磨くケースが多いようです。ジュニアで実績を残した後、大会に出て好成績を収められる実力をつけ、練習環境を整え、さらにプロ申請が通ればプロとして活動できるようになります。プロとして活動する場合、遠征費や人件費等を自分で賄う必要があるため、競技を続けていくためには、バックアップしてくれるスポンサーを見つけることも必要です。

テニス選手になるための専門学校や通信講座について

準備中です。

テニス選手の学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

テニス選手の学歴

現在調査中

テニス選手の勤務時間

現在調査中

テニス選手に必要なスキルや機材

現在調査中

テニス選手のやりがい

現在調査中

テニス選手苦労、大変なこと

現在調査中

テニス選手

テニス選手の年収・将来性・独立について

テニス選手に向いている人

コート内を動き回って効果的なショットを打つことができるような、運動能力が高い人に向いています。

テニス選手と同じ分野の他の職業

テニスコーチ、テニス審判員

テニス選手の年収・給料相場

実力社会ですので、個人の成績により大きく異なります。世界のトップ20に入るレベルになれば賞金だけで数億円になりますが、ランキングが低ければ、出られる大会も限られ、獲得賞金も多くはありません。世界ランキング100位以内に入っていると無条件で4大大会への出場ができ、賞金だけで4,000万円ほどが手にでるようになりますが、コーチの手当てや遠征費用などもねん出しなければいけませんので、これでも十分とは言えません。賞金以外に、企業とスポンサー契約などを結んで収入を得ることもあります。

テニス選手の現状

日本には世界のトップクラスで戦える選手が少ないため、テニス人気は低迷していましたが、最近では錦織圭選手などの活躍により、テレビ放送される機会も増えてきました。注目度を挙げるためには日本人選手が常に世界で活躍できるようにすることが必要です。そのために、選手層の底上げが必要な状況です。

テニス選手の将来性

テニスは身体能力が大きく影響するスポーツであるため、小柄な日本人は活躍できないといわれてきましたが、技術・戦術などでその差を縮めることができるようになってきました。選手層を厚くすることができれば、いずれは日本人が世界のトッププレーヤーになれる日がくるかもしれません。

テニス選手の独立について

プロテニス選手は、企業とスポンサー契約などを結び、プロとして独立して活動することになります。

テニス選手の主な著名人

錦織圭

【スポーツ関係の資格をとるなら】

資料請求はこちら

コメントを残す

*

*