陸上選手になるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-22

公開日:2018-05-24

陸上競技には、大きく分けてトラック競技、フィールド競技、ロードレース競技の3つがありますが、どのような競技を行う場合でも、陸上大会に出場して、好成績を収めることが陸上選手の仕事です。大学卒業後も陸上選手として活動する場合、多くは実業団に所属し、陸上部で活動します。


陸上選手は主に20~30代の男女が目指せる、世界で活躍できる可能性のある職業です。
陸上選手の職業は他にも陸上選手と呼ばれております。
陸上選手に「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、陸上選手になりたいを応援しております。


陸上選手ってどんな仕事?(仕事内容など)

陸上選手

陸上競技には大きくわけて、トラック競技、フィールド競技、ロードレース競技の3つがあります。トラック競技には、短・中・長距離競走やハードル競走、障害物競走、リレー競走、競歩競技があります。フィールド競技には跳躍競技と投てき競技が、ロードレース競技にはマラソンが含まれます。どの競技を行う場合でも、陸上大会に出場して、好成績を収めることが陸上選手の仕事です。高校、大学卒業後も陸上選手として競技生活を続けるためには、日本陸上連盟に会員登録することと、活動資金を用意できることが必要です。プロとして活動資金や生活費などを大会の賞金で稼ぐ人もいますが、多くの場合、実業団と呼ばれる企業の陸上部に所属しており、国内外の大きな大会で活躍することで、企業のPRも担います。

陸上選手になる為の勉強法

記録がよければ陸上選手になれますので、いかに記録を伸ばすかが重要です。自分の体型や体格にあったスタイルを追求して、技術を向上させていくことが必要になります。陸上競技には多くの種目があり、勉強方法も一概には言えませんが、陸上競技で有名な高校、大学に入り、よい指導者から指導を受けるのも一つの方法です。このような学校には一般入試でも入ることができますが、全国大会レベル、または都道府県レベルの記録を出すことで推薦で入学できる場合があります。学生時代に実績を残せば実業団に入団することも可能になり、さらに実業団で実績を残すことで、オリンピックなどの世界的な大会に出場する機会を手にすることができます。

陸上選手になるための専門学校や通信講座について

【スポーツ関係の資格をとるなら】

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

陸上選手の学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

陸上選手の学歴

現在調査中

陸上選手の勤務時間

現在調査中

陸上選手に必要なスキルや機材

現在調査中

陸上選手のやりがい

現在調査中

陸上選手苦労、大変なこと

現在調査中

陸上選手の年収・将来性・独立について

陸上選手

陸上選手に向いている人

多くの種目があるため、一概には言えませんが、どの種目でも共通して陸上選手に向いているのは、努力を続けられる人です。体格的なものでは、投てき競技では大柄な人に、長距離走では体の軽い人に向いているでしょう。

陸上選手と同じ分野の他の職業

陸上部顧問

陸上選手の年収・給料相場

企業の社員として陸上部に所属する場合、他の社員と同程度の収入が得られます。また、別に本業を持ちながら競技生活を行う場合も同様です。プロ宣言をした場合は、国際陸上競技連盟の主催する大会で獲得した賞金や、スポンサーとの契約料が収入となりますので、個人の実力により、大きく変動します。

陸上選手の現状

大学卒業後に競技生活を続けるためには、実業団に所属しながら競技に専念する場合がほとんどですが、近年では企業の経営悪化などのため、陸上部の予算がカットされたり、廃部になったりする様子が見受けられます。また実業団に属さない場合は、トレーニング費用や遠征費などが自己負担になるため、生活が厳しくなるのが現状です。マラソンや駅伝などの長距離種目には人気があある一方、知名度の低い種目もあり、同じ陸上選手であっても注目度には大きな差があります。たとえばマラソンに挑戦したい場合でも、人気のある駅伝を優先しなければいけない、など、人気により活動に制約が出てくる場合もあるようです。

陸上選手の将来性

日本では、マラソンや駅伝を中心にある程度陸上の人気はありますし、オリンピックの400mリレーでメダルを獲得したりと注目される要素もありますので、陸上部をもつ企業による選手のサポートはなくなることはないでしょう。ただし、企業の状況により廃部や活動範囲の縮小は今後もあり得ますので、どの企業に所属するかによって、選手の将来は大きく左右されるでしょう。

陸上選手の独立について

日本の陸上選手の多くは企業の陸上部に所属していますが、プロ宣言して独立することも可能です。

陸上選手の主な著名人

【スポーツ関係の資格をとるなら】

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

桐生祥秀

コメントを残す

*

*