ドローン操縦士になるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-24

ドローンを操縦する人たちです。ドローン宅配やドローン測量、ドローン調査など、ドローンを用いてビジネスをより安全に、円滑にする役割を担います。例えばドローンを操縦するだけではなく、点検の実業務・報告なども行うので、わざわざ外部からドローン操縦士単体で雇う必要はありません。多くの場合は、社内のみで完結します。今後必要とされるビジネス領域の会社では、すでに操縦可能な人材の育成が始まっています。


ドローン操縦士は仕事としてまだ新しいため、30~40代が中心の男女が目指せる、将来性のある職業です。
ドローン操縦士の職業は他にもドローンオペレーター、ドローンパイロットと呼ばれております。
ドローン操縦士に「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、ドローン操縦士になるには?ドローン操縦士になるためには?ドローン操縦士になりたいを応援しております。

ドローン操縦士

ドローン操縦士ってどんな仕事?(仕事内容など)

ドローンを用いて、公共インフラの調査・点検、農業(農薬散布など)、人命救助や防災・消火活動、空撮、測量などを行います。例えば橋げたの点検ならばこれまで点検を行っていた知識や経験のあるゼネコン社員が行いますし、消火活動なら消防士が行います。あくまでもドローンという道具を用いるという仕事なので、専業で行うというよりも、これまで人手で行っていた部分をドローンで補う、兼業の要素が強いと考えた方が良いでしょう。

ドローン操縦士になる為の勉強法

回転翼航空機の飛行に必要な基礎知識と操縦する基本技術を学びます。ドローン操縦士協会の認定校では、4日間の操縦訓練で協会が発行するドローン操縦士・回転翼三級を取得することができます。操縦して何をするかによって、その上さらに何を勉強するかは変わります。

ドローン操縦士になるための専門学校や通信講座について

準備中です。


ドローン操縦士の学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

ドローン操縦士の学歴

現在調査中

ドローン操縦士の勤務時間

現在調査中

ドローン操縦士に必要なスキルや機材

現在調査中

ドローン操縦士のやりがい

現在調査中

ドローン操縦士苦労、大変なこと

現在調査中

ドローン操縦士

ドローン操縦士の年収・将来性・独立について

ドローン操縦士に向いている人

ドローン操縦専業で成功している人はほとんどいません。これまでなかった「空からの撮影」、「空からの消火活動」など、既存の人でに操縦を学ばせるケースが多いからです。それでもドローンを用いてビジネスを成立させるのであれば、ドローンに限ったことではなく、ビジネスの嗅覚力や行動力、思考力、イノベーション力といった、ビジネスセンスをより問われるでしょう。

ドローン操縦士と同じ分野の他の職業

国土交通省が発行する飛行許可承認書、第三級陸上特殊無線技士、「(仮)農薬を散布する小型無人飛行機(ドローン)操作の認定制度」(今後開始予定の資格制度)

ドローン操縦士の年収・給料相場

現在調査中

ドローン操縦士の現状

ドローン操縦は、これまでなかった手段の一つとして、物流業界や建築業界、農業などでの活用が始まっています。既存人員が操縦技能を身に着けて運用が開始されているので、専業として成功している人はいません。例えば空撮にしても、これまで有人ヘリコプターで撮影していたカメラマンが一つの代替手段としているということです。ドローンを使って、何を実現するかといったことを念頭に置いて、ビジネスを考える必要があるといえるでしょう。

ドローン操縦士の将来性

2015年前後にたびたび起きた、城郭をはじめとした文化財等へのドローン落下事故を受けて、国土交通省や農林水産省がドローン操縦について、公的資格を設置しようとしています。これまで人手では実現しなかったことを無人プロペラ機で実現できるとすれば、商材としても、人命救助の可能性としてのツールとしても、今後活躍する機会は大いにあるでしょう。まだ歴史の浅いドローン操縦の分野は、ドローンを用いて、撮れる映像、行える活動を想像していくことが必要です。

ドローン操縦士の独立について

今後国家資格として認可されたとしても、専業での独立は難しいでしょう。現状ある人手に対抗するために、圧倒的な操縦技術や、既存のビジネスでドローンが活躍できる分野に関する豊富な知識を用いて、顧客を開拓していくのであれば、起業も成功するかもしれません。

ドローン操縦士の主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*