ブルペンキャッチャーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-22

公開日:2018-05-24

ブルペンキャッチャーは、試合中の中継ぎピッチャーや抑えピッチャーの球を受ける仕事です。ボールを取る以外にも、1球取るごとに良い音を出して、「ナイスボール」と声をかけること、そして、ピッチャーの癖やフォームのバランスなどの意見をピッチャーに伝えることが仕事です。1日で200~300球の投球を1人で受けるといい、全力投球のボールを受け続けるので、1日で手のひらが真っ赤に腫れあがるといいます。


ブルペンキャッチャーは幅広い年齢層の男性が目指せる、ピッチャーのボールをひたすら取る職業です。
ブルペンキャッチャーの職業は他にもブルペン捕手と呼ばれております。
ブルペンキャッチャーに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、ブルペンキャッチャーになるには?ブルペンキャッチャーになるためには?ブルペンキャッチャーになりたいを応援しております。


ブルペンキャッチャーってどんな仕事?(仕事内容など)

ブルペンキャッチャー

ブルペンキャッチャーの仕事は、ピッチャーのボールをひたすら取るのみです。気持ちよくピッチャーに投げてもらうことが仕事です。ですが、ただ取っているわけではありません。ボールを投げてキャッチャーが撮る時にキャッチャーミットに「パン」と良い音がなります。その良い音を出すのも求められます。一球ごとに良い音を出して、毎回「ナイスボール」と声をかけるのもブルペンキャッチャーの仕事です。そして、ブルペンキャッチャーはピッチャーの癖やフォームのバランスなどの意見もピッチャーに伝えます。変化球の曲がり方なども伝えます。中には、ピッチングコーチよりもブルペンキャッチャーの方の意見を聞く選手も多いようです。大抵各チームには5~6人のブルペンキャッチャーがいます。1軍・2軍と2~3人ずつ配置されているのが基本的です。

ブルペンキャッチャーになる為の勉強法

該当なし

ブルペンキャッチャーになるための専門学校や通信講座について

準備中です。

ブルペンキャッチャーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

ブルペンキャッチャーの学歴

現在調査中

ブルペンキャッチャーの勤務時間

現在調査中

ブルペンキャッチャーに必要なスキルや機材

現在調査中

ブルペンキャッチャーのやりがい

現在調査中

ブルペンキャッチャー苦労、大変なこと

現在調査中

ブルペンキャッチャーの年収・将来性・独立について

ブルペンキャッチャー

ブルペンキャッチャーに向いている人

基本的には誰でもなれるわけではなく、現役を引退された方がブルペンキャッチャーになることができます。現役時代にキャッチャーをしていた方はブルペンキャッチャーになれる確率が高いそうです。

ブルペンキャッチャーと同じ分野の他の職業

投手コーチ、打撃コーチ、守備コーチ、走塁コーチ、バッテリーコーチ、コンディショニング系コーチ

ブルペンキャッチャーの年収・給料相場

年収は高くて約800万円です。低い人だと、500万円くらいです。

ブルペンキャッチャーの現状

今は職業難なので、プロ野球選手が一般企業に就活をしても厳しい現状があります。今の不況の会社は新卒以外の途中採用は、「即戦力を求めています」ので、会社勤めの経験がない人を雇う余裕がありません。

ブルペンキャッチャーの将来性

もちろん、プロ野球選手に引退後の第二の人生だけでなく、今は一般的にもどこも厳しいです。また、スポーツ選手なので、どうしてもケガの心配もついてくるのはしかたがないかもしれません。けがをしない選手になるためには、そういった身体づくりを行っていくのも一流選手の証となります。中には、ブルペンキャッチャーから現役復帰した方もいたり、2軍監督になる方もいます。、

ブルペンキャッチャーの独立について

チームの一員となるので、独立は難しいと思われます。チームにブルペンキャッチャーがいなければ、投手は試合のマウンドに上がることは叶わないので、チームになくてはならない存在です。

ブルペンキャッチャーの主な著名人

中谷翼(元広島)、高橋信夫(元オリックス)、小田島正邦(元巨人)、杉山俊介(元ソフトバンク)など

コメントを残す

*

*