エアロビインストラクターになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-01

公開日:2018-05-30

エアロビインストラクターは、エアロビックダンスの実演能力や指導能力などを持ち、フィットネスクラブなどで指導を行います。養成コースや専門学校などで、専門知識を身につける必要があります。エアロビインストラクターの資格として有名なものに、日本フィットネス協会のADI、ADBIがあります。


エアロビインストラクターは幅広い世代。資格を取るなら満18歳以上の男女。圧倒的に女性が多いが目指せる、趣味と実益を兼ねられる職業です。
エアロビインストラクターの職業は他にもグループエクササイズフィットネスインストラクター(GFI)と呼ばれております。
エアロビインストラクターに「なるには」についてご紹介してまいります。


資格広場は、エアロビインストラクターになるには?エアロビインストラクターになるためには?エアロビインストラクターになりたいを応援しております。

エアロビインストラクター

エアロビインストラクターってどんな仕事?(仕事内容など)

主にフィットネスクラブや運動施設などで音楽を使ったダンスエクササイズであるエアロビックダンスの指導を行うのがエアロビインストラクターです。フィットネスクラブなどで社員として勤務する場合と、フリーで複数の施設の講座を掛け持ちで受け持つ場合があります。資格の取得は必須ではありませんが、指導力などの専門知識を身に着けるため、フィットネスクラブ等に併設されている養成コースや専門学校に通うなどして学ぶ必要があります。エアロビインストラクターの資格として有名なものに、日本フィットネス協会(JAFA)のグループエクササイズフィットネスインストラクター(GFI)に含まれるエアロビックダンスエクササイズのインストラクター資格(ADI、ADBI)があります。

エアロビインストラクターになる為の勉強法

専門学校やフィットネスクラブの養成コース等に通って、動きや指導方法など、インストラクターとして必要な知識を身に着けます。GFIを受験する場合には、事前に資格取得講習会を受講する必要があります。また、教材も用意されていますので、これらにそって勉強を進めるとよいでしょう。なお、GFIは認定登録後も、定期的に更新手続きが必要で、更新のためにはワークショップやセミナーを受講するなど、勉強を続ける必要があります。

エアロビインストラクターになるための専門学校や通信講座について

準備中です。

エアロビインストラクターの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

エアロビインストラクターの学歴

現在調査中

エアロビインストラクターの勤務時間

現在調査中

エアロビインストラクターに必要なスキルや機材

現在調査中

エアロビインストラクターのやりがい

現在調査中

エアロビインストラクター苦労、大変なこと

現在調査中

エアロビインストラクター

エアロビインストラクターの年収・将来性・独立について

エアロビインストラクターに向いている人

運動が好きで、体を動かす仕事をしたいと思っている人に向いています。また、生徒の経験や能力に合わせ、安全でスムーズな動きができるようにコミュニケーション能力が高い人に向いています。

エアロビインストラクターと同じ分野の他の職業

ヨガインストラクター

エアロビインストラクターの年収・給料相場

所属する施設、雇用形態により差があります。フリー契約の場合、時給3000円~5000円ほどのようです。大手スポーツクラブなどに社員として勤務する場合は、安定収入が見込めますが、フリーの場合、受け持つレッスン数により、年収には大きな差が出ます。

エアロビインストラクターの現状

生活習慣などの予防のため、エアロビを含めたフィットネス全般に注目が集まっています。そのため、エアロビインストラクターにも一定の需要がある状況です。

エアロビインストラクターの将来性

健康志向は今後も続くことが見込まれますので、引き続きエアロビインストラクターの需要もある状況が続くと思われます。

エアロビインストラクターの独立について

フリーとして、いくつかの講座を掛け持ちするインストラクターが多いです。

エアロビインストラクターの主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*