競輪選手になるには?仕事内容・試験情報・年収・賞金など調査

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-10-27

公開日:2018-05-31

競輪選手は競輪レースに出場して賞金を獲得するスポーツ選手です。日本競輪学校で学び、国家試験である競輪選手資格検定に合格することで競輪選手になることができます。そんな競輪選手になるには何が必要なのか、また試験情報や年収なども調査しました。


競輪選手は公営ギャンブルの1つである競輪レースに出場して、賞金を得ることによって大きく稼ぐことができます。平均年収は1200万円程度とも言われており、比較的高額です。さらに競輪選手に挑戦できるのは満17才以上の男女と定められていますが、競技寿命は非常に長く、中には50歳以上の選手もいるそうです。
今回はそんな競輪選手になるには何をすればよいのかという点についてご紹介してまいります。

資格広場は、競輪選手になりたいを応援しております。

競輪選手

競輪選手の具体的な仕事内容

競輪選手とは、競輪のレースに出場して賞金を獲得するプロスポーツ選手です。競輪選手になるためには、国家資格である競輪選手資格検定に合格し、全国にある選手会のいずれかに選手登録する必要があります。

競輪レースでは、バンクと呼ばれるすり鉢状の競走路を、トラックレーサーと呼ばれる競輪専用の自転車に乗り疾走します。競輪選手はJKAからの出場依頼をうけてレースに出場します。出場は平均して月に2つか3つで、1回の開催につき3日間か4日間の日程で2~3レースに参加します。開催期間中は外部との接触ができません。

レースがない日は休養したり、トレーニングやPR活動を行ったりします。オリンピックなどの競技大会で活躍する場合もあります。女性が参加するレースには、ガールズケイリンがあります。

競輪選手資格検定合格への道


ということで、競輪選手になるには何が必要なのかというポイントについて、具体的にご説明していきたいと思います。

競輪選手資格検定にかかる費用や、カリキュラムの細かい内容についても調べましたので、是非ご覧下さい。

競輪選手に必要な能力・適性

自分の肉体が唯一の原動力ですので、肉体、特に脚力背筋力に優れた人に向いています。また、短距離でスピードを競うため、瞬発力も必要です。勝負の世界ですので、強い精神力や、駆け引きに対応できる分析力もなければいけません。男性の競輪では「ライン」と呼ばれる数人の選手が連携して戦う戦法がとられることもありますので、他の選手と良好な関係が築けるコミュニケーション能力もあるとよいでしょう。

競輪選手資格検定とは

競輪選手になるためには、競輪選手資格検定に合格する必要があります。一般的に、日本競輪学校に入学して10ヶ月超程度学び、競輪選手資格検定への合格を目指します。よってまずは日本競輪学校に入学するというハードルをクリアしなければなりません。

日本競輪学校
・静岡県伊豆市に所在
・在学期間は、5月中旬から翌年3月下旬までの10ヶ月強
・一部の成績優秀者は10ヶ月未満(半年など)での卒業出来る事例も有り
・全寮制。夏季と年末年始に休暇あり
・起床時間は朝6時半、消灯時間は夜22時

日本競輪学校の入試では、一定距離の走行時間をみる技能試験か、筋力などをみる適性試験のいずれかが行われます。技能試験と適性試験のどちらを選ぶかは受験者が決めることができますが、技能試験は自転車競技の経験がないとクリアするのは難しいため、自転車競技の経験がない場合は、適性試験を選択するとよいでしょう。適性試験に向けて、筋力トレーニングなどで脚力を鍛えておく必要があります。

競輪選手を目指す人向けのJKAによる指導が、全国各地の練習所(競輪場又は自転車競技場)で行われているので、こちらに参加するのも有益でしょう。

また、基礎学力を問われる試験もあります。国語、数学の学力試験に対応できるように準備が必要です。競輪選手資格検定試験は、日本競輪学校の卒業の直前に受験します。試験では競輪学校で学んだことが問われますので、在学中にしっかりと学ぶことが大切です。

競輪選手の専門学校、通信講座とは

上述のとおり、競輪選手になるには一般の専門学校ではなく日本競輪学校入学しなければなりません。競輪学校にて競輪選手になるために必要な知識や技術をみっちりと学びますので、通信講座等も必要ないようです。

競輪選手になるのに必要な学歴

日本競輪学校の募集要項では学歴について以下の様に定められています

学校教育法に定める高等学校・中等教育学校・大学(短期大学を含む)・高等専門学校のいずれかを卒業した者、又は卒業する見込みの者、もしくはこれと同程度の学力を有する者であること

「同程度の学力を有する者であること」というのはつまり、高卒の資格を持っていなくても、高卒認定(以前の大検)を受けている方であれば受験可能ということです。

そのほかの学歴による制限はないようですが、試験内容には基礎学力を問われる科目もありますので、学生時代学習しているであろう知識は求められるようです。

競輪選手の生活とは?労働時間・スキル・学歴・苦労など

ではここからは競輪選手の生活についての詳細を追っていきましょう。

レースがある日の流れや労働時間、必要なスキル、また苦労や大変なことなどについてもみていきたいと思います。

競輪選手の生活について

競輪選手の生活は労働時間は、繁忙期・レースの有無によってまちまちです。

基本的には月に1~3回(それ以上も)、JKAよりレースの依頼が届きますので、選手が受諾し出場を決めた場合は、レースがはじまる前日に競技場へ入ります。レース当日はレース開始の数時間前から競輪場での練習を行います。またレース中は自分が出場しないレースであっても、選手同士でサポート等を行わなければなりません。レースは夕方頃には終わるようですが、その後も後片付けや身体のケア、トレーニングなどをする場合もあるようです。

またレースがない時期は基本的には自由に生活出来るようです。しかし練習やトレーニングなどなにかしら身体を動かして、次のレースに向けての準備を行わなければなりません。

競輪選手に必要なスキルや機材

なによりもまず、脚力、瞬発力、持久力など身体的な能力が備わっていなければなりません。月に数度レースを行いますので、精神的にも体力的にも波が起きないよう自分でバランスをとることも必要です。
また、ウエイトトレーニング用の機材や練習の設備を自費で調達する選手もいるようです。

競輪選手のやりがい

競輪選手のやりがいは色々とありますが、やはり自分の頑張りに応じて収入が決まるという点が大きいのではないでしょうか。

競輪選手の賞金は、大抵レースの着順によって支払われることがほとんどです。結果が収入にそのまま反映されるというのは非常にやりがいがありますよね。

ところで【KEIRINグランプリ】という言葉をご存知でしょうか?例年年末に開催される日本最高峰の競輪レースなのですが、今年も2018年12月30日に開催されますが、その賞金額を調べてみました。

1 着 96,600,000
2 着 20,540,000
3 着 12,420,000
4 着 8,370,000
5 着 6,950,000
6 着 6,030,000
7 着 5,730,000
8 着 5,520,000
9 着 5,320,000

1着はなんど1億近い賞金が与えられ、9着でも500万円を超える賞金が授与されます

KEIRINグランプリは国内最大のビッグレースで、その年トータルで好成績を収めたわずか9名の選手しか出場できません。この9名の出場者に名前が入っただけでも、【グランプリレーサー】と呼ばれるほど、名誉あるレースなんだそうです。

ちなみに昨年(2017年)は1年間の賞金総額が1億円を超えた選手が5人いたそうです。また1000万円以上を獲得したのは700名以上。やはり夢のある職業ですね。

競輪選手苦労、大変なこと

結果によって収入が決まるというのは、やりがいにもなる反面、苦労する理由ともなりえます。たとえばレースが失格となってしまった場合に関しては、賞金は支払われません。

トレーニングなどにかかる費用を自費で出している選手にとっては、結果が出ないということが続いた場合、精神的にも金銭的にも負担が大きくなるでしょう。

国家資格バナー

PR


競輪選手

競輪選手の年収・将来性・独立について

さて、ここからは実際に無事競輪選手をになることが出来た後の流れについいてご案内いたします。

活躍の場や適性、気になる年収相場などについてもまとめましたのでご覧下さい。

競輪選手と同じ分野の他の職業

ロードレーサー

競輪選手の年収・給料相場

先ほども少しふれましたが、年収は成績によって大きく変わってきます。また、賞金のほか、出場手当等の手当てが受け取れるようです。

男子選手はレースの成績によって、S級S班からA級3班の6つにランク分けされていますが、最上位のS級S班の選手の年収が1億円を超えるのに対し、S級1班では平均約3,000万円、A級1班の選手で平均約1,100万円、新人選手が所属するA級3班で600万~800万程度のようです。

競輪選手の現状

現在2000人以上の競輪選手がおり、これはプロスポーツ選手の中で最も多い数です。競輪レースは毎日全国のどこかのレース場で開催されていますが、公営競技としての競輪の人気は低迷していて、売り上げは減少しています。競輪場の廃止や、レース数の減少、賞金額の低下も見受けられます。

競輪選手の将来性

競輪がオリンピック競技で採用されたり、オリンピックにおいて競輪選手がメダルを獲得したりする等、注目度が高まる要素もあります。競輪界全体の認知度を上げる取り組みは続けられていますが、日本の経済状況にも左右されてしまうため、将来性には不安があるようです。

競輪選手の独立について

一般社団法人日本競輪選手会に所属することが必要です。

競輪選手の主な著名人

中野浩一

コメントを残す

*

*