競艇選手になるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-05-31

競輪選手は、公営ギャンブルの一つである競艇レースに出場して賞金を獲得します。ボートレーサー養成所を経て、国家資格である競艇選手資格を取得することで競艇選手になることができます。男女とも同一のレースに同一の条件で出場します。平均年収は1600万円程度高額です。定年はなく、50代まで活動することが可能です。

       

競艇選手は挑戦できるのは15歳以上30歳未満。選手寿命は40代後半~50代までの男女。女性は1割程度が目指せる、一定の需要が見込まれる職業です。
競艇選手の職業は他にもボートレーサーと呼ばれております。
競艇選手に「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、競艇選手になるには?競艇選手になるためには?競艇選手になりたいを応援しております。

競艇選手

目次

競艇選手の仕事内容

競艇選手は、公営ギャンブルであるボートレースに出場して着順を競い、着順に応じた賞金を得るプロスポーツ選手で、国家資格である競艇選手資格の所持者です。日本モーターボート競走会によりあっせんされてレースに参加します。競艇のレースは4~6日間開催され、出場選手の出走回数は1開催につき5~7レースです。開催期間中はレースに出走するほか、モーターの整備や体調管理をして過ごします。この期間は外部との接触が禁じられています。選手によって異なりますが、月に1~3開催に出場します。開催期間以外は整備法の勉強したり、競艇場で練習するほか、宣伝活動を行う場合もあります。男女とも同じ条件で同一のレースに出場します。

競艇選手になる為の勉強法

競艇選手になるためには、資格検定試験に合格する必要があります。一般的に、ボートレーサー養成所で1年間授業や訓練を受け、検定試験への合格を目指します。ボートレーサー養成所に入所するためには、学科試験や身体検査、体力試験、適性検査などをクリアする必要があります。入所試験は第1次試験から第3次試験までありますが、いずれの試験でも試験当日における体重に制限がありますので、体重管理が必要です。学科試験では高等学校入学試験程度の国語、数学、理科、社会の試験がありますので、中学レベルの学科の勉強が必要です。資格検定試験の合格に必要な勉強はボートレーサー養成所で行いますが、在学中も進級試験等の試験で一定の得点率を下回ると退学となってしまうため、学科、実技等の内容を着実に理解、身に着けていかなければいけません。また、定期的に身体検査が行われます。資格取得後も含め、継続して体重管理が必要になります。

競艇選手になるための専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

競艇選手の学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

競艇選手の学歴

現在調査中

競艇選手の勤務時間

現在調査中

競艇選手に必要なスキルや機材

現在調査中

競艇選手のやりがい

現在調査中

競艇選手苦労、大変なこと

現在調査中

競艇選手

競艇選手の年収・将来性・独立について

競艇選手に向いている人

ボートレーサー養成所の入所試験に体重制限があるように、小柄でなければいけません。ボート操縦では体重移動などの身のこなしが必要ですので、運動能力が高く、強靭な肉体を持っていることが必要です。また、操縦技術など多くの知識を身に着けていかなければいけませんので、地道な努力を続けることができる人に向いています。

競艇選手と同じ分野の他の職業

カヌー選手、セーリング選手、ボートレース審判員、ボートレース検査員

競艇選手の年収・給料相場

競艇選手の収入には、獲得賞金のほか、完走手当など、さまざまな手当てがあります。実力世界ですので、実力によって年収には大きな差があり、最高ランクの選手の中には年間で億単位の収入を得るものもいます。全体の平均年収は1,600万円で、最低ランクB2クラスの選手でも、平均500万円程度の年収が得られます。

競艇選手の現状

競艇は公営ギャンブルのひとつで、現在約1600人の競艇選手がいます。平均年収は1600万円と一般的なサラリーマンより高収入が得られる職業になっていますが、若い世代の競艇離れが進んでおり、売り上げは減少傾向が続いていてます。競艇全体の売り上げは全盛期の半分以下となっており、個々のボートレースの賞金も減少しているため、ボートレーサーの収入も減ってきています。

競艇選手の将来性

ボートレースによる収益は主催する地方自治体にとって大きいため、競艇場の閉鎖は考えにくいですが、競艇人気の底上げが必要です。社会貢献活動などのPR活動など、競艇人気を底上げする努力を続けていますが、日本の経済状況にも左右されてしまうため、将来性に不安がないとは言えない状況です。

競艇選手の独立について

日本モーターボート選手会に登録することにはなりますが、決まった勤務先があるわけではなくフリーで活動します。

競艇選手の主な著名人

今村豊

コメントを残す

*

*